常に仕事はその人の自画像

今回、何事もやることに対して「注意する」ことの重要さを学びました。

ほかのことを考えていたり、見ているようで見ていなかったりしていたから間違ったのです。

 

とても大切で失敗が許されない場合には、慎重にそれこそ集中してやっていたのです。

ほんとはいつもそれぐらいに注意してやるべきなのです。注意力がそれだけ磨かれるからです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です