否定する気持ちと付き合う

どんな人生を選んだとしても、どんなに成功をおさめたとしても、否定する気持ちというものはなくならないと思います。

飛行機は空気の抵抗があるからこそ高く飛ぶことが出来るように、より前に進むためにはそれに対抗する力が必要だということです。

 

ですから、自分のこの否定する気持ちを避けたり無視したりしないで、どう上手く付き合っていくかが大切だと思うのです。

私もかつて自分を否定する気持ちに苛(さいな)まれました。バカなことをした自分には心底嫌気がさして、しばらく何も手が付けられませんでした。

 

認めたくなかった事実を受け入れると、とことん落ち込んでしまったのです。しかし試されていた私は石にかじりついてでもあきらめませんでした。

自分を否定する気持ちが大きいほど、乗り越える大きな力も必要なので一層情熱を傾け取り組む意志も生まれて来るということがわかりかけて来ました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です