偉大であることは誤解されること

自分にとって偉大であるとはどういうことかと思いめぐらせると、やれそうもないことをやり遂げることだったり、途方も無いことをやり遂げたというイメージが浮かびました。

これまで自分には偉大ということには全く縁がない人間だと思っていました。

しかし凡人でもひょっとして偉大なことをなし得るのは可能かもしれないと思えるようになりました。

例えばどんな小さなことでもそれをやり続ける、これを確実に行なうだけで気がついたら大変なことをやっていたとわかる日が来るのかもしれません。

もちろんこれはまだ憶測ですが自分で試してみる価値はあると思ってやっているところです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です