他人を見て自分の身を正す

 

自分は完璧ではないし、他人も完璧ではない。だから自分は間違いをおかすし、他人も同じように間違うこともある。

命に関することでなければ、どんな間違いも大したことがないと思えれば、随分と楽になれるのではないでしょうか。

人生で起こる大半は、自分や他人の間違った思い込みの上に成り立っているともいえます。

 

途中で電話を切られショックだったというのも、相手はそんなことをする人ではないという自分の思い込みがあったからで、もし最初からそういう人だとわかっていれば、またかで済んでしまいます。

また相手にも私に対しての思い込みがあったのかもしれません。

思い込みが更なる思い込みを生むこともあり、思い込みだとわかった時点でそれに深く関わらないことが賢明だとわかります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です