この道は天からの授かりもの

 

会社員時代は毎年4月に人事異動があり、今度はどこへ回されるのだろうかと不安と期待で迎えたものでした。

若い頃は新しい部署に移ったり新しい任地へ行って、知り合ったばかりの人たちと新たな気持ちで仕事ができる楽しさがありました。

毎日与えられた仕事を精一杯やっていくわけですが、わからないところは同僚や上司に聞き、出来上がったら上司に報告書を提出するのでした。

上司の評価で自分の給料の昇給や次年度の昇格などが決まります。一定時間と労働を提供し評価に応じた給料をもらって生活していたのです。

 

サラリーマンをなぜやめたのかは、ホントにやりたいことでもない仕事で評価されたり、限られた仕事の中で評価されるのが我慢できなかったのです。

自営業をやるようになったのも時間と仕事内容を自由に決められるからです。ただ自営業は何の保証もなく病気したりすると収入は一切ありません。

 

個人でこれまで私塾を立ち上げたり新規就農した後、現在はパン製造業を営んでいますが、どれも労働報酬による収入です。

私が今めざしていることは、このサイトを確固たる自分のオリジナル媒体に育て上げ、そこから収益を得ることです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です