予期しない形で伝わることもある

 

人に伝える時、たくさんの言葉を並べればいいかというと、それがかえって間違いの元になることが多いということです。

それにあれこれといっぱい言い過ぎると、後で自分は何を言ったのかをほとんど覚えていないものです。

 

人は自分に都合よく、あるいは悪くとらえる傾向があり、相手が言ったある言葉でカチンと来たりすることもよくあることです。

また一度思い込むと後でカン違いだとわかってもなかなか消えないものです。

ですのでお互い忙しい身でもあるわけですから、人との会話は言葉を選んで手短に話するように普段から心がけることです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です