なぜ、これをやっているのか

いつまで続けられるかわかりませんが、ひとつひとつ積み上げていくことの大変さ、楽しさが伝わればいいと思います。

最近、先の結果よりも日々の積み上げる行為そのものが尊いものだということに気づきました。

 

それはやり続ける行為の神聖さというものに触れ感じられたと言ってもいいかもしれません。

積み重ねた結果というのはその積み重ねへのご褒美のようなもので、そのプロセスにこそ価値があるということです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です