ほんとうの自分が輝くとき


人間関係の悩みを強みにする

 

こう考えてみましては、どうでしょうか。

「これまで悩んで来ました中に、私に必要なすべての学びがありました」と。

それと言いますのも、そうした悩みをくぐり抜けて来ましたからこそ、いまの自分があるからです。

 

これまでの出来事は、どれもがなくてはならない大切なものであったのです。それを素直に受け入れる勇気を持つのです。

自分に必要なことしか起こらないと理解できたなら、悩む理由は消滅してしまうのです。

 

これからは外に目を向けて、人の役に立つように努めるだけでいいのです。

苦労があったとしましてもそれを楽しみ、人との関わりの中にこそ喜びと幸せを感じる人間になればいいのです。

 

あきらめず、一点集中を

 

人生の達人となりますには一瞬一瞬の「いま」と、どう向き合うかです。

「いま」を最高のときにしますには、他のことには目もくれずに、一点だけに注意を絞って身も心も捧げることだったのです。

 

夕方のウォーキングで、いつも感じ入ってしまうことがあります。一歩ずつ地面を踏みしめて、ひたすら進んで行きます。

すると先ほどまで、はるか前方にありましたところへ、もう来ています自分に氣づくのです。

 

一歩も休まずに歩み続けるだけで、どんなに長い道のりでも制覇できるということを、ウォーキングのたびに確認するのです。

 

 

 

 

 人の役に立つことが鍵です