自分らしさが輝くとき


人と関わりますことで、自分が磨かれます

 

こう考えてみましては、どうでしょうか。

「これまで悩んで来ましたことは、すべて私の強みでもあります」と。

どうしてかといいますと、そうした悩みをすべてくぐり抜けて来ましたからこそ、いまこうしているのです。

 

これまで悩んで来ました自分を、ありのまま認めまして、いま目の前にありますことに全力を上げればいいのです。

人との関わりにおきまては、相手に害を与えるような言動を慎んで行きますだけで十分です。

 

今度また悩みますことがありましたら、自分にこう言いましょう。悩む暇があるのでしたら、もっと人にして上げられることを考えてみましょう。

 

わたしたちは人間関係の中で苦しむこともありますし、喜びや幸せを味わいますのも事実です。

人との関わりの中でこそ、学べますことがあまりに多くありますので、自分という人間の器を大きくして行けます。

 

一度、当事者の目線から離れまして、第三者の目で自分自身を見ましてはどうでしょうか。

現在の人間関係を好転させます、何かキッカケとなりますものが見つかるかもしれません。

 

信頼できるものを持つ

 

自分自身を信じよ。

自分の心のうちに、絶対に信頼できるものを持つ。

 

これは、エマソンの言葉であります。

 

わたしたちは何ごとを行いますにも、確固とした自己信頼をもつ必要があります。

なぜなら外の世界は、内側の自分自身が投影されました”自分そのもの”でもあるからです。

 

もし外の世界を変えたいのでしたら、その原因であります自分自身を徹底して好きになりますことからはじめます。

この自分をもっとも望ましいもので満たしまして、光り輝くほどに自分らしく行動しさえすればいいのですから。

 

絶対にあきらめない

 

人生をどのように生きますのかは、人それぞれであります。これまで、私は人生をマスターする道を探求してまいりました。

そしてマスターの鍵となりますのが、一瞬一瞬の「いま」というときでありますことがわかってまいりました。

 

「いま」やっていますことを最高のものにしますには、どのようにあればいいのでしょうか。

他のことには目もくれずに、ある一点だけに絞りまして注意を傾け、身も心も捧げる決意を身をもって表明することなのです。

 

夕方のウォーキングを行っていますと、いつも感じ入ってしまいますことがあります。

前を一歩一歩、ゆっくりと地面を踏みしめまして、進んで行きます。

そうしますと、先ほどまで、はるか前方にありましたところへ、もう来ています自分に氣がつくのであります。

 

ただ一歩も休まずに歩み続けさえすれば、どんなに長い道のりでありましても、必ず制覇できますことに!

ウォーキングをしますたびに、それを確認いたすのです。

 

人生を描く

 

この世界には、人の数だけの夢があります。夢は達成困難でありますからこそ、そこに価値が生まれます。

 

夢がありますからこそ、そこにたどり着こうとしまして行動を起こします。

夢をもち続けますことで、どんな逆境にありましても耐え忍ぶことができます。

 

夢のある人生は、どこにあるのでしょうか。こころの中にあるのではないでしょうか。

そこに毎日、どれだけの夢を描ききっていますでしょうか?こころとは、人生を描くキャンパスのようなものです。

 

外の世界で自分が何をしているかは、あまり重要ではないのです。大事なのは、こころの中で自分が何をしているかです。

こころにどんな絵を描くかは、自分次第ですから、思いっきり夢を描いてみることです。

 

どんどん描いて行きますと、内にあります原石は磨き上げられて行きます。

夢を描ききっていますとき、前よりも一段、高いところにいます自分を見つけます。

よくここまで来ましたことに驚き、更に繰り広げて行きます夢の展開にワクワクしています自分に氣づくのです。

 

 

自己信頼が鍵です!