「集中する」タグアーカイブ

観察に専念する

 

主に黙想を通しまして、自分を観察するようにしています。

当初は思考します自分と観察しています自分とを、同時に共存させますのがきわめて困難でありました。

ある考えに、はまりきってしまうか、あるいは観察の視点をもつときかの、どちらかでありました。

 

ごくたまにでありますが、想念をいだいていますところを、離れて見ている状態になれる瞬間がありました。

このまま時間をかけて行っていきますと、観察者の目で自分の思考や感情を追って行けそうに思います。

 

ここで注意しなければいけないことがひとつありました。観察する側に立った自分は、ただそのことだけに専念し続けます。

このとき、決して思考をコントロールしようとしてはならないのです。

あるとき誤ってそれをやりまして一瞬、頭がおかしくなって混乱してしまいました。もう二度とやるまいと思いました。

 

自分の心をただ見つめるだけに集中しておりますと、時間の経つのがとても速いように感じます。

そこで次からは、思考や感情をどれだけ詳細にわたって眺められるのか、そこに気をつけながら進めて行きましたら、もっと時間を有効に使えそうな気がいたします。

 

 

最大の関心事

 

時間管理術についての動画を、続けて3回見ました。最初に見たときは、わからないところがいくつもありました。

ところが2回、3回と見ますたびに、それまで気づけなかったところに気がつきまして、先ほどまでわからなかった内容がようやくわかりかけて来たのです。

続けて3回見るという効果をまざまざと実感できました。つぎの質問がポイントでありました。

 

「なぜ時間を管理する必要がありますか?」

もちろん、それは時間を無駄にしないためです。だれもが無制限に時間を与えられていません。

限られた期間のなかで、最短最速で目標を達成したいと思いますのが、ごく当たり前です。

時間をうまく管理しまして何とか、無駄なときをなくそうと努力いたします。

 

しかし、それができるかできないかは、目標達成までの長期間にわたって、どれだけ情熱を持ち続けられるかどうかにかかっているのです。

大部分の人は、効率のよい時間管理が未だできていないのが実情です。

 

ですから注意点としまして、立てる目標は、自分が一番情熱の持てるものでなければならないのです。

あまり興味もなく、好きでもないことをやり続けて行きますのは、非常に苦しくて難しいです。ここで失敗してしまうケースが非常に多いのです。

 

もし、それが最大の関心事のことでありましたら、そこに無駄なときが生じる余地はありますでしょうか。

多少の困難に出合いましても、少しの努力で難なく切り抜けて行けます。

言われなくとも頭は四六時中、どのようにすればうまく行くのかを考えていますので、いろいろなアイデアも生まれて来るのです。

ここでは時間管理の出る幕がありません。

 

そうした状況の中では、参考となる動画や資料などを立て続けに3回読みますことも、さして苦にはならす、

理解の度合いが格段に深まって行きますのも、当然の成り行きと言えましょう。

 

 

ただ在るだけ

 

いったい自分とは何なのかと思いました。

もちろん自分は、自分でしかないのでありますが、今まで気がつかなかった体験をしましたので、それを紹介させてください。

仕事の合間で休憩していましたときに、ふと自分の内側を、愛で満たしてみようと思い、そうしましたところ、続けられそうな気がいたしましたので、しばらく、そのままでいました。

 

すると、そこでは思考がいっさい働かないのに気づきました。

短いあいだではありましたが、この「愛の状態」としか言いようのない在り方では、時間が過ぎていく気配もまったくありませんでした。

これは何なのだろうかと考え出しました途端に、何者でもない状態は消え去りまして、元に戻っておりました。

 

そして、意識をどちらに集中させるかによりまして、通常の思考の世界と愛だけの状態とを、交互に行き来しますのも可能であることを知りました。

愛と呼ばれますものに意識を向けますと、いまの自分という感覚もなく、ただ「在る」だけになるのです。

おそらくは、これが自分の本質にもっとも近いものであると思われます。

 

ですから、「愛で一日を満たしなさい」とよく言われているのでしょう。

その状態になりますと、何の考えも浮かばず、何かを感じることもありませんが、それでいて、すべてがそこにありますのがわかるのです。

 

 

観察者の視点

 

なぜ自分の思考や行動などを観察することが重要なのでしょうか。

大きな問題としまして、よほど注意していませんと、自分の思考や行動などを、自分そのものと取り違えてしまうことです。

 

そして、それらを生み出しています、主体の自分自身のことをすっかり忘れてしまうからです。

ちょうど自分の肉体が、自分自身であると思い込んでしまうのと、よく似ています。

 

それがどうしていけないのでしょうか。それは、自分の考えや行いなど、そのものに執着してしまうからです。

執着しますと、それを失ったり傷つけられたりすることへの恐れが生まれて来るのです。

それで必死にそれを守ろうとしまして、異常なまでに敵がい心を燃やしてしまうものです。

 

ときには怒りにかられたり、葛藤に巻き込まれたりするのです。

自分の意見やアイデア、手柄などを簡単には手放せなくなって、頑なになってしまうものです。

争いのほとんどは、こうしたことが大きな原因となっているように思います。

 

それに対して、観察する目を養っていきますと、執着する理由がありませんので、はるかに容易に考えを変えることができます。行動を改めていくこともたやすいのです。

いつでも当事者の目線から離れて、第三者の目で物事をとらえられますので、的確な判断を下せるからです。

それに、観察者の視点をもっていますと、自分自身への道を踏み外すことが少なくなって、迷わずに進んで行けます。

 

 

自分を観察する

 

今すぐ取りかかれる問題として、黙想を生活の中でどのようにして定着させるかです。

時間的には夕方の30分を確保しています。

 

いま自分が行っている黙想をかんたんに紹介しますと、目をつむり座ったまま、身体を動かさずに心を静めていきます。

そして浮かんでくる考えや情景などをただ観察して行くだけです。

 

以前は30分以上、黙想しておりましたが、最近は15分がようやくという状況です。

時間が短くなったのは、始める前に終了時間を特に設定せず、ある程度できたら、そこで切り上げるようにしてからです。

黙想をうとましいと思っている自分の声に従い、それを許して来た結果でもありました。

 

30分間の黙想のときの効果は、それほど大きな変化はなかったように思います。

しかし、一時間以上の黙想を提唱されていますのに、30分ぐらいでは、成果が出ないというのは当然なのです。

ここまで考察して来まして、積み上げる重要性を思い起こすに至りました。

 

これまで黙想を行うことに関しては、途中でやめたくなってきてもやり通す、そんな意気込みを欠いておりました。

つぎからの黙想では、30分間は続けていきます。それを定着させてから、一時間に戻して行く予定です。

自分の思考や行動などを観察する重要性については、日をあらためて考えてみるつもりです。

 

 

望むことに集中

 

これまでで、なぜ心の休まるときがないのだろうかと、疑問に思ったことはないでしょうか。

一日のあいだでも、落ち着いているときもあれば、何かにせき立てられていたり、ちょっとしたことが思い通りにならないので、イライラするときがあったりします。

 

何をするにせよ、また何があろうとも、出来れば心はつねに平静でいられるに越したことはありません。

充実した毎日を過ごすうえで、いつも気にかけておくべきことが、何かきっとあるはずです。

 

そのひとつとして、いわゆる放心状態のときをなくすことが上げられます。

何かに集中しているときや、目的をもって何かをしているときというのは、心が定まっているので特に問題はないといえます。

気を付けなければいけないのは、何となく過ごしているときや、感情的になっているときです。

何となくやっていると、気がゆるんで心にスキができます。そこに好ましくない想念が忍び込んで来たり、魔が差すこともあるので注意しなければなりません。

 

感情的になっているときは、何をやってもうまく行かないはずですので、そんなときはいったん手を休めることです。感情が通り過ぎるまで、待つ必要があります。

イライラしたりする原因となるような、しこりを心に残さないためです。気持ちが落ち着いて来たら、そこで再開すれば問題はないでしょう。

 

ここまででわかったことは、ものごとに取り組む際には、その目的なり何らかの意図を持ってやり始めることです。そうすれば、望む結果も生まれやすいということです。

また一日を始めるにあたっては、今日をどんな日にしたいかを考えてみることです。そして、声に出して言ってみることです。その後で、忘れてしまってもいいのです。

 

自分はどんな日にしたいのかを考え、それを声にして言うことが大事なのです。望むことに集中する時間をもつことなのです。少なくとも望まないことを描くことはないはずです。

 

 

より強くなれる人

 

悩みに圧倒されてしまい、ほかのことに手がつけられない状態になっている自分に気づいたら、どうすればいいのか、を考えました。

いったん、ほかのことにはいっさい目もくれずに、徹底して悩んでみることをおすすめします。

悩み抜く決意をしてみてください。

そうすることで、徐々に悩みというものの実態やその本質のようなものが、何となく見えて来るようになると思います。

 

一度、声に出して、自分はどういうことにどう悩んでいるのかを言ってみてください。

うまく言う必要はなく、出てくる言葉を声に出し、何度も言い換えて言ってみます。

こんどは、なぜそのことで自分は悩んでいるのか、理由を言ってみます。

 

次に最悪の事態になったとして、自分はどこまでなら受け入れられるか、勇気を出して言ってみてください。

そこまで出来るなら、全部引き受けてみるぞと、言葉にして言うだけでいいので言ってみましょう。

よくぞ言いきったと自分を褒めてあげてください。

 

ここまでやれたら、だいぶ気持ちが整理できたのではないでしょうか。さいごに次のことを考えてみてください。

最悪な状況にならないように、いま自分に出来ることがいくつかあるはずだと。

 

何でもいいので、それを10個以上リストアップしてください。

そのうち、すぐやれるものから、ひとつずつ実行してください。悩みに注いできた力を、生きる力に変えていきます。

 

それから、もうひとつ提案したいことがあります。

とことん自分のことで思い悩んだあとは、一旦これらの悩みごとをすべて頭から追い出してください。

そして今度は、どれだけ他者のことを思えるかを試してみます。

 

自分と関わっている人たち、一人ずつ思い浮かべて、その人にしてあげられること、喜んでもらえることは何か、考えていきます。

するかしないかは別にして、とにかく些細なこと、ちょっとしたことでいいので考えてみるのです。

 

人間としての器は、どこまで他者のことを自分ごとのように思えるか、それで決まるといわれています。

自分の器を大きくすることによって、これまでの悩みをぜんぶ自分の強みに、転換してしまう意気込みで明日を迎えましょう。

何に尽くすか

 

山田洋次監督の映画「たそがれ清兵衛」を見ました。

時は幕末の頃、地方の一介の武士の生き様を描いたものでした。

移り変わり行く時代の狭間で、家族をかかえ困窮の中にありながらも、精一杯に生きて行きます。

しかし武士の身として、いざとなれば命を張って藩に尽くすしか、ほかに道はなく、どうしようもなかったこと、それが痛いほど伝わってきました。

 

どういう時代に生まれたかによって、人はどう生きるかは大体決まって来るように思います。

もし戦時中に生まれていれば、嫌でも戦(いくさ)と関わることになり、限られた選択の中で生きて行くことになります。

また今という時代に生まれてきた場合は、もっと幅広い生き方が可能かもしれません。

でも、この時代が要求する範囲の中でしか、選択が出来ないという点では変わりはないと言えます。

 

結局のところ、人はある時ある場所に偶然に生まれてくるのではないようです。

時代や場所、そしておそらく両親をも、あらかじめ決めて生まれてくるのではないでしょうか。

そう考えないと、限定され違った時代時代に人間として生まれてくる意味が見つからないからです。

 

だから、幕末の混乱の時代にあえて武士の家系で生まれ、戦(いくさ)で命を落としたとしても、侍として忠誠を尽くすことに意味があったのではないかと思うのです。

いま、この時この場所で生まれて来たことを信頼し、この時この場所でしかできないこと、やることがあるはずなのです。

いま自分は何に集中し、尽くして行くべきなのかを問い、それに見合ったことだけに専念する、そういうことだと思いました。