「認識」タグアーカイブ

身近にある豊かさ

「豊かさは自ら産み出すものだ」という言葉の意味がようやくわかりかけてきたように
思います。もっとお金やものが豊富にありさえすれば、豊かになれると思うのは錯覚で
あり大きな誤りでした。

真の豊かさは外側にあるのではなく自分の内面の心で、見出すことで生じるものでした。

同じ状況を目の前にしても、そこにあるあらゆる豊かさをどれだけ感じ取れ、どれほど
深く考えられるかで、その状況は豊かに思えなかったり、豊かさに圧倒されたりします。

受け取る側の意思と能力によって、豊かさがそこにあることやどんな豊かさを認めるか
目にしたものの解釈はまったく異なってくるということです。

自分が見ようとせず認めなければ、豊かさというものは現れて来ないものであることを
豊かさを求める場合には理解しておく必要があるように思います。

自分が望むものはすべて持つことができ、想像するものはすべて実現できるというのは
認識を高めた意思の力で、それらは現出できると言っているのだと思います。

私とはすべてを受け入れる自分

真にすべてを受け入れることの難しさを知ることができました。

受け入れるとは、もちろん好き嫌いを越えたものですが、好きかどうかで本当に受け入れたかどうかのチェックが出来ました。

 

認めるということは自分のものとすることであり、向こうへ追いやらないことです。

出来る出来ないのレベルを越える時点に自分は到達したのだという認識でありのままの自分を喜んで受け入れるだけです。

 

今回、動画を通して自分でも出来ることを体験しており、出来る出来ないの問題もクリアー出来そうです。

はっきり言えることは、適切なステップを踏み、やり続ければほとんどのことは出来るようになるということです。

 

 

食べ物と安心

 

なぜ私にとって食べ物と安心が切っても切れない関係なのか、と考えてみました。

東京で生活していた時に娘が生まれましたが、やがてアトピー性皮膚炎の症状が現れて、その痛々しい姿に最初はどうしていいのかわからずにオロオロするばかりでした。

 

原因を調べてみると食べ物による影響が一番大きいことがわかりました。

それからというもの、口に入れるものには気を使ってきましたが、水や空気のきれいなところを求めて地方での子育てを決意したのでした。

今は地方の不便さにもすっかり慣れて、娘も来年ようやく望んだ職場に就ける資格を手にするまでに成長しました。