「認める」タグアーカイブ

「人生を転換する」には

 

長期にわたって「人生の転換」をはかることにしました。

 

それまでは、ズバッと方向転換をして新たなウェブサイトに一新しようと考えていました。

しかし方向が見えず、一歩も前に進むことができませんでした。

 

それで、いままでの流れを急に変えるのではなく、ゆるやかに変えて行くやり方に修正しました。

 

ゆくゆくは、「食べ物とアレルギー」、「食べ物と健康」についても記事を充実させて行きます。

健康や病は突然やって来るのではなく、時間をかけて起こるものです。

 

その方面の情報や知識を十分に蓄積していって、はじめてその分野の様子もつかめるものです。

これまで食生活の転換を感覚で決めていたので、記事の形にするには時間がかかりそうです。

 

いま言えることは、食生活を更に変えてから、すこぶる身体の調子がいいということです。

 

昨年の10月半ばから連日、深夜1時半に起床して、パンを焼き続けています。

たまには昼寝をして睡眠の不足分を補っていますが、それほどきついとは感じていないことです。

元旦の日も、午前2時から8時まで作業を行い、午後1時から3時まで仮眠をしました。

 

 

健康維持のコツのひとつには「食」にあることを、身をもってつかんでいるところです。

私の場合、毎日朝食をしっかり食べることと、お昼はパン少々とリンゴなどの果物を食べるだけで、夕食はとりません。

 

そして、添加物の入ったものを口にするのは、なるべく避けています。

マーガリンなどの植物油脂や保存料などは特に要注意です。

パンを焼くにあたっても食品添加物はいっさい使わず、最小限のものを最小限の量で、原材料を扱っています。

 

どんな場合にもいえますが、自分の趣旨に合わないからといってそれを否定したり、完璧に行おうとしてはならないことです。

たとえば食品添加物は、それなりの役割があって流通しています。

ただ、わたしはそれを使わないというだけのことです。

 

また夕食は基本的にとりませんが、会合などで会食があるときには食べることもあります。

昼食もとらなかったり、1日中ほとんど食べないときもあります。

 

要するに極端にガマンしてみたり、無理をする必要がないということです。

だから、人生を転換していく上でも、少しずつやっていくことが大切だと自分に言い聞かせているところです。

 

 

 

自分の最高を引き出す力

普段、自分が考えたことや選んだこと、感じたことなどをどれだけ大切に思っているか、
それによって自分をどれだけ信頼しているかがわかります。

自分が大好きな人は、自分を大事に扱おうとするので気持ちも安定し、いつも安心感で
満たされた生活をおくっています。

時には選んだことが失敗だったり、ヘマをしたり、一時的に気がめいることがあっても
きちんと受けとめ、その経験を次に生かそうと考えます。

自分の未熟な状態を受け入れ、それを制覇していく喜びにこそ、大きな価値があること
に気づくのです。

挑戦すべきことは目の前に広がっており、ただ自分のやり遂げる力を信じて飛び込んで
いけばいいだけです。

旅人を演じる私たち

「旅に終わりはない」と言われたりしますが、人生の旅では、その終わりがいつやって来るのか
、まったく予想がつきません。

ずっと続くかのように思っていても、かならず終わりのある人生を、どのようにして過ごすのかはすべて個人個人に任されています。

どんな風に過ごすのかは自由であるとしても、なぜその人生というものが与えられたのか?
その理由はまちがいなくあると思うのですが、すぐには答えられないものです。

中学生のとき私はこの問いにぶつかりその答えを探し求めましたが、そのうちに頭の片すみに
追いやったままにしてしまいました。

この問いと改めて向き合う必要性を感じ続け、ようやく心の準備がととのったことを知ります。
なぜ未熟な自分に人生というものが与えられたのか? 

未熟であるがゆえに困難な状況を自ら招き入れて、そこから自分自身を引き上げていき、成長していくそのプロセスをひとつひとつ体験すること。そして、それを旅仲間と共に分かち合おうと願ったからではないかと思うのです。

身近にある豊かさ

「豊かさは自ら産み出すものだ」という言葉の意味がようやくわかりかけてきたように
思います。もっとお金やものが豊富にありさえすれば、豊かになれると思うのは錯覚で
あり大きな誤りでした。

真の豊かさは外側にあるのではなく自分の内面の心で、見出すことで生じるものでした。

同じ状況を目の前にしても、そこにあるあらゆる豊かさをどれだけ感じ取れ、どれほど
深く考えられるかで、その状況は豊かに思えなかったり、豊かさに圧倒されたりします。

受け取る側の意思と能力によって、豊かさがそこにあることやどんな豊かさを認めるか
目にしたものの解釈はまったく異なってくるということです。

自分が見ようとせず認めなければ、豊かさというものは現れて来ないものであることを
豊かさを求める場合には理解しておく必要があるように思います。

自分が望むものはすべて持つことができ、想像するものはすべて実現できるというのは
認識を高めた意思の力で、それらは現出できると言っているのだと思います。

エマソンの『自己信頼』を読み終えて

自分を客観視できることは人間だけの特権だと言われていますが、私はこの事実こそ
自分というものが、ひとりでない証拠ではないかと思うのです。

陰陽という考え方でいくと、この世は支えるものと支えられるもので成り立っていると
言われています。普段こうしてものを書いたり、見たり考えたりする自分を、いつも影で
支えてくれるものがあるということです。

私を信頼してずっと支えてくれている、そのものにしばらく意識を向けてみると、感謝の
気持ちが湧いてくると同時に、力強い味方がいることに限りない自信が生まれてきます。

ときには私が支える役を買って出ることもあります。本当のところ、私が支える役に終始
しているときの方がうまく行っているのが現状です。

自己信頼の自己とは、影で支えている存在のことです。私のことを何もかもわかって
くれている自己に全てを明け渡して、私はただ信頼して仕える役に徹すればよいのです。