「行動」タグアーカイブ

自分の最高を引き出す力

普段、自分が考えたことや選んだこと、感じたことなどをどれだけ大切に思っているか、
それによって自分をどれだけ信頼しているかがわかります。

自分が大好きな人は、自分を大事に扱おうとするので気持ちも安定し、いつも安心感で
満たされた生活をおくっています。

時には選んだことが失敗だったり、ヘマをしたり、一時的に気がめいることがあっても
きちんと受けとめ、その経験を次に生かそうと考えます。

自分の未熟な状態を受け入れ、それを制覇していく喜びにこそ、大きな価値があること
に気づくのです。

挑戦すべきことは目の前に広がっており、ただ自分のやり遂げる力を信じて飛び込んで
いけばいいだけです。

人生を何のために生きるのか

ジョン・キム氏の『時間に支配されない人生』を読みはじめて得るものが多く、
この著者との出合いにとても感謝しています。

特に、人生で何を一番大切にするのか?人生は何のためにあるのか?が
自分の中ではっきりと見えてきたことで迷いが激減しました。

私は社会人となる20代の頃から、もっと自分を高めたいという思いにかられ、
自己啓発に関することを調べたり自分で研修に参加してみたりしていました。

いろいろなアイデアや考え方などを取り入れたりして試行錯誤してきましたが、
これまで満足のいく結果はなかなか得られずにいました。

例えば、発言する場で考えがまとまらずうまく言えなかったり、大事なところで
やるべきことをやれなかったり、場違いなことをしたりして、そのたびに自分の
未熟さというものを思い知るのでした。

いまの私であれば、仮に発言する場がめぐってきても無理に何か言う必要はないし、
やるべきと思ったことが誤りで、やらなかったことが正解だったかも知れないと
とらえます。

当時は見る視界や考えたりする世界がせまくて、見えなかったり考えられなかった
だけなのです。

もちろん、いまも限界のある視野や考え方をしている点では変わらないのですが、
それを自覚しつつ少しでも広げていくこと、成長する努力を続けたいと思うのです。

自己信頼を築いていく

もしも自分のことをきちんとコントロールできていれば
成功はとても簡単であること。これはよくよく考えてみれば
当たり前のことでした。

自分を自由にコントロールができるということは、
やるべきときに、やるべきことができるということ。

つまり成功につながることを確実に積み上げて行く作業が
できるということでもあるからです。

成功した人たちは、どの人も必ず何らかの努力の必要性を
説いています。

ですから、いかに自分をコントロールして必要な努力を
続けていくかが、とても重要なことに気づきます。

私は自己責任がともなう課題を設定しつつ、自分を上手に
動かす方法を先人たちからもっと学んでいこうと思います。

自分を制することが、自己信頼を深めていくことにもつながり、
自分を高めることでもあります。

大事なことをなし得るかどうかは、それが行える状態にまで
自分の内面をどうやって鍛え、引き上げていくかにかかって
いるように思います。

1日1食の体験記19~本来の力を取りもどす

朝食は野菜スープと生サラダとパンを、
お昼は野菜をはさんだサンドウィッチなど
となっています。

この2食をとった翌朝は、お腹が重く
食べ過ぎだと感じていても
1食だけの生活に踏み切れませんでした。

しかし食べたいという思いとお腹の状態は
一致していないということがよくわかりました。

そして今回ようやく1日1食に再度チャレンジ
するときが来ました。

なぜ、やる必要があるのか、その理由をしっかり
落とし込み、その決心を固めたところです。

これからまた、その再挑戦の体験記を書いて
行こうと思います。

規律は軽く、後悔は重い

規律は軽く、後悔は重い

やってもやらなくても別にいいことを、やり続けるには
よほどの理由があった場合にかぎるように思います。

例えば日記をつけることや身体を鍛えることなど、
何回か中断があったものの
今も続いているものは、自分に必要だと思うものでした。

しかし続かないものが無数にあったのも事実で、それらは
自分に必要性がなかったといえるのかもしれません。

これから何かやろうとする場合は、本当に必要なことだけを
手がけ、貴重な時間をムダにしたくないと思うのです。

今やるべきことは、やっていることの棚卸しをして
ぜい肉を落とし、どうしても
必要なことや大事なことだけに集中することです。

そのとき、力強い味方になってくれるのが規律です。
規律を守るという、この一点さえ押さえればいいのです。