「自分」タグアーカイブ

毎日、動画をアップロード

 

自分の決めたことを意識的にやっていると、いま生きているという手応えを感じる時があります。

例えば、夜のウォーキングをしている時は、一歩一歩進むたびに目の前の景色が変わるのを、暗いこともあり肌で感じるのです。

 

逆にやらされていることであったり無意識にやっている時は、無感覚でやっていたことにも気づくのです。

きっちり思う通りに進まないほうが多いですが、意識が働いているとそこを何とかしようという気持ちにもなります。

 

自分のことをいつも自覚出来ていることにもつながるので、自分が決めたことを直実に行うことはとても大事なことだと思うのです。

 

 

私にとっての最高の勝利

これまでで一番口惜しかったことは自分の細やかな願いをないがしろにして来たことでした。

例えば幼いころ工作の本が喉から手が出るほど欲しかったのですがそれが言い出せずにずっと後まで悔やむことになりました。

 

人に負けたって構わないが、ただ、ありのままの自分を認めす、自分を疎(うと)んじる人間にだけはならないと誓ったのでした。

いま自分に「ありのままでいいんだ」と言えるということは、自分の価値を認めており自分に揺るぎない信頼を寄せているのです。

 

それが自分に勝ち続けることであり、最高の勝利だと思っています。

また自分の感じることや望むことなどといつもしっかりと向き合い、その一つ一つが自分の大事な一部であることを自覚しています。

それら全部があって、はじめて私という「過不足のない人間」が出来ているということを知っていることです。

 

 

他がなければ私はない

 

なぜ、ここしばらく私はブログを書くときと書かないときという風になってしまったのかと、ふと自問してみました。

それで、なるべく客観的に考えてみたときに、自分の中に、読んでもらっているあなたという存在があるときには、伝えたいことを伝えるため、とにかくも書いていたということに気づきました。

 

あなたのことが頭にないときには伝える内容のことも浮かばず、
書こうという意識もなく一日が過ぎていくだけでした。

そして自分のために書いているというのはまったくの間違いだったということがわかりました。

ネット上では自分から発言しなければ、いないのと同じだとよく言われていますが、まったくその通りだったのです。

 

“他がなければ私もない”とは、そういう意味だと思いました。

画面の向こうにいる、あなたに向かってこれからも書きつづっていきたいです。私という存在をもっと深く知るためにも。

こうして自分とあなたとの関係があるからこそ、私は存在するのだから。