「自分を信じる」タグアーカイブ

決断のとき

 

人はときとして新たな体験をめざし、住み慣れた地から出ていくように促す、抗しがたい衝動にかられるものです。

そこに考える余地はまったくなくて、ただ「行かなくては」という思いに突き動かされるのです。

 

思えば、ある意味で快適で便利だった東京での生活を捨てて、何の当てもなく見知らぬ土地に家族ぐるみで足を踏み入れたのは、いまから26年前でした。

それは、生まれ育った故郷より単身で東京に出て来てから、10年目にしての更なる転身でした。

 

確かに以前の地にいては有りえなかった、人々との出会いや数々の体験があって、より成長できたこと、それによっていまの自分があること、そう思うと感謝せずにおれません。

二度の節目での決断は、それぞれ間違ってはいなかったのです。

あの当時の自分は、先でどんな結果が待っていようとも、とにかく前進するしかほかになかったというのが正直なところです。

 

山田洋次監督の「家族」を見終わってから、以上のような思いが一気にかけめぐったのです。

この映画では長崎県の伊王島から、はるばる北海道の根室にたどり着きます。

 

人はどんな困難や苦労もいとわず、新天地をもとめて第一歩を踏み出さずにはおれない宿命かもしれません。

これは「あらかじめ入念に計画を練って、あらゆる想定を考え抜き、万全な準備を整えてから」というような、石橋を叩いて渡るものではないのです。

 

その決断するときというのは、どちらかといえば、イチかバチかの勝負にのぞむような心境で、もうあとがない瀬戸際に自分は立つのです。

自分を信じるか否か、有無を言わさず自分を試すときです。

どうも人間には人生の節々で決断し、それを超えて行く必要があるように思います。

 

 

信じて行動

 

自分自身に連れて行ってくれる道とは、自分自身に忠実に生きていくプロセスでもあると思われます。

自分ひとりでその道をたどるのは容易でありませんが、サポートしてくれる誰かがいれば何とか歩んでいけるものです。

 

そのサポート役が自分の中にいることを普通、気づかないものです。

窮地に追い込まれるなどのきっかけがあれば、ちゃんと役割を果たしてくれる頼もしい存在です。

だから自分自身を信じて行動すれば、自ずと道は開かれるといわれるのです。

 

また、自分から行動を起こしていかなければ、いつまでたってもサポートは得られないともいえます。

なぜ自由意志というものが自分に与えられているのか、それを積極的に行使する機会を逃してはもったいないことになるわけです。

 

あくまでも自分が主体となって事を起こすことが大事になってきます。

楽な道や寄り道ばかりに時間をつぶしていると、心はいつまでもむなしさに満たされたままです。

 

もっとも人にはそれぞれ、自分自身に連れて行ってくれる道を歩み始める時期というものがあります。

あせってみたり急ぐ必要もなく、その人のベストなタイミングでその時期がやって来ます.

そしたら本腰を入れて取組めばいいだけです。

 

人間が生まれてきた理由は、放蕩息子として様々な経験を経て、ようやく我が家に戻るというシナリオを体験するためなのですから。

 

 

自分を信じるには?

 

自分を信じるには、どうすればいいのか?

西田文郎さんの本『No.1メンタルトレーニング』のあとがきには

次のように記されています。

 

答えはひとつしかありません。

私たちは、まわりの人を信じるとき、はじめて自分を信じられるのです。

自分のことは信じられないけれど、他人を信じた自分のことは信じられる。

 

だから、人を信じられなくなったとき、自分も信じられず何を信じていいか、わからなくなってしまうのだと思います。

 

一方では、むやみに人を信じてはならない、という戒めもあります。

これも真実だと思うのです。

先の「人を信じる」とは、その人の上辺でなく奥にある「本質を信じる」ということではないか、と私はとらえています。

このことは自分自身にも当てはまります。

 

あれこれと迷っている表層の、相手ないし自分に、意識を向けるのではなく、もっとも奥深くにある本質の部分に目を向けることです。

「まわりの人を信じる自分」こそが、本質の自分だと知っているから、自分は信じられるのだと思うのです。

 

そうすると、自他を分ける境界もなくなってきて、すべてを自分だと思えてくるから、自分を信じ切れるのだと思います。

 

他人を信じた自分のことは信じられる。

これはひとりでは生きられない、人間という動物の感情脳に埋め込まれた法則です。

 

と、西田文郎さんは書かれています。

 

つまり自分ひとりでは、本来の自分を信じることができないということです。

なぜなら自分の一部で、本来の自分を推し量ることはできないからだと思うのです。

 

 

 

 

大いなる希望が人間をつくる

 

自分を信頼することは、何かことを成し遂げていく上で必要不可欠な要素であることは間違いないと思います。

自分を信じていない人は、人にも信頼されません。しかし意外と自分のことを信じ切れない場合もあります。

 

自分のことがよくわかっていないので思い込みが生まれ自分を信じられなくなるのです。

例えば私は人前で話せるようになりたくて講師養成の講座に申し込んだことがあります。

しかし話したい内容が具体的に描けずノウハウを聞いても身にならなかったのです。

 

どういう理由でどういう目的で講師をめざすのか明確に把握せず、講師になれば稼げるという思い込みで大金を払い込んだ当時の自分が信じられませんでした。

このことを思い出す度に自分をよく知ること、自分を信じることの大事さを噛みしめるのです。

 

 

 

自分の思いを信じる

人とどう関わって行くかも重要ですが、それ以上に自分とどう
関わるかで人生の質が決まるような気がします。

まず自分の思いを信じていなければ、どんなことをやっていて
もそれは根幹となる土台の上に立っていないことになります。

 

だから研ぎ澄まされた感覚をもって自分のやっていることの正
当性を示すことが大事だと思っています。

どういう目的で何をめざすのか、どんな価値を提供するのかを
明確にして、その上で突出したものを持つということです。