「自分を信じる」タグアーカイブ

自分を信じるには?

 

自分を信じるには、どうすればいいのか?

西田文郎さんの本『No.1メンタルトレーニング』のあとがきには

次のように記されています。

 

答えはひとつしかありません。

私たちは、まわりの人を信じるとき、はじめて自分を信じられるのです。

自分のことは信じられないけれど、他人を信じた自分のことは信じられる。

 

だから、人を信じられなくなったとき、自分も信じられず何を信じていいか、わからなくなってしまうのだと思います。

 

一方では、むやみに人を信じてはならない、という戒めもあります。

これも真実だと思うのです。

先の「人を信じる」とは、その人の上辺でなく奥にある「本質を信じる」ということではないか、と私はとらえています。

このことは自分自身にも当てはまります。

 

あれこれと迷っている表層の、相手ないし自分に、意識を向けるのではなく、もっとも奥深くにある本質の部分に目を向けることです。

「まわりの人を信じる自分」こそが、本質の自分だと知っているから、自分は信じられるのだと思うのです。

 

そうすると、自他を分ける境界もなくなってきて、すべてを自分だと思えてくるから、自分を信じ切れるのだと思います。

 

他人を信じた自分のことは信じられる。

これはひとりでは生きられない、人間という動物の感情脳に埋め込まれた法則です。

 

と、西田文郎さんは書かれています。

 

つまり自分ひとりでは、本来の自分を信じることができないということです。

なぜなら自分の一部で、本来の自分を推し量ることはできないからだと思うのです。

 

 

 

 

大いなる希望が人間をつくる

大いなる希望が人間をつくる

自分を信頼することは、何かことを成し遂げていく上で必要不可欠な要素で
あることは間違いないと思います。

自分を信じていない人は、人にも信頼されません。

しかし意外と自分のことを信じ切れない場合もあります。自分のことがよく
わかっていないので思い込みが生まれ自分を信じられなくなるのです。

例えば私は人前で話せるようになりたくて講師養成の講座に申し込んだこと
があります。しかし話したい内容が具体的に描けずノウハウを聞いても身に
ならなかったのです。

どういう理由でどういう目的で講師をめざすのか明確に把握せず、講師にな
れば稼げるという思い込みで大金を払い込んだ当時の自分が信じられません
でした。

このことを思い出す度に自分をよく知ること、自分を信じることの大事さを
噛みしめるのです。

自分の思いを信じる

自分の思いを信じる

人とどう関わって行くかも重要ですが、それ以上に自分とどう
関わるかで人生の質が決まるような気がします。

まず自分の思いを信じていなければ、どんなことをやっていて
もそれは根幹となる土台の上に立っていないことになります。

だから研ぎ澄まされた感覚をもって自分のやっていることの正
当性を示すことが大事だと思っています。

どういう目的で何をめざすのか、どんな価値を提供するのかを
明確にして、その上で突出したものを持つということです。