「自分との約束」タグアーカイブ

自分と上手に付き合う

 

「自分と上手に付き合って行く」、

その大切さについて書いてみます。

 

1年前に毎日10分くらい、

きついが身体に良い体操をやり始めました。

そのときに「続けるコツ」

のようなものをつかめたのです。

 

それは、自分で分量を20回やると決めたら、

その分量を守ることです。

やってはいけないのは、

その分量を増やしたりすることです。

 

それをやったために

自分の中で反動が生まれ、

やる意欲まで失くしてしまったことが

過去にありました。

 

自分に課す努力目標が困難であればあるほど、

それに取り組んでいる自分に対して、

いい加減な態度は禁物だということです。

 

だから、決めた分量をこなしたら、

それで切り上げるようにしています。

やった自分と喜びを分かち合うようにしてから、

ずっと続けることができています。

 

自分と約束をした場合に、

それを守るのは誰かといえば、

子どものような従順な、

もうひとりの自分なのです。

 

その「子ども」を信頼し向き合って行けば

いい結果が生まれます。

もし自分の中の子どもを粗末に扱えば、

決していい結果は生まれないのです。

そのことに気づいたとき、

やっと自分と和解できて

清々しい気持ちになれました。

 

結局、いまの自分にできることは、

「信じること」

「誠実に対話すること」

「全力で協力すること」

なのです。

 

自分が何かを成し遂げるということは

内面で、

いかに親密な関係を築き上げるか

にかかっていると言えます。

 

それがあってはじめて、

他者とも良好な関係が結べるものなのです。

 

 

 

自分との約束を守る

やろうと決めたことを確実にやる、ただそれだけで、
生活にゆとりと充実感がえられることを知りました。

これまで決めたことでも理由をつけてやらなかったことは、
もちろんたくさんありました。そして

やる必要性を感じ、やり続けたいと思っていたことでも、
たとえば1日1食の完全実施などのように、
それに踏み切れず、ジレンマを感じていました。

そんなときに、以前にも紹介しましたジム・ローンの
「規律は軽く、後悔は重い」
という言葉で、その一歩を踏み出すことができたのです。

自分との約束をしっかり守っていくことで、その行為が
強力な力となって自分をあと押ししてくれています。

そのときになって初めて、約束を守らず後悔することの
損失が大きかったことにも気づけたのです。

その損失とは、
先のばしする習慣や言い訳をするクセなどが身につくこと、
安易に楽な方向へ行きがちになることなど、
自分の価値を下げる行ないに終始することです。

自分の価値を上げるには、
自分との約束を確実に守っていくことが必要不可欠であり、
小さな約束からスタートすれば十分可能なことだったのです。

運命は志あるものを導く

志をもつといっても、大それたことをいだくことだけでないと思います。

今日一日、人の話をじっくり聞くことにしようとか、仕事の行き帰りはいつもと違う道を選んでみようということからでもありです。

 

もし自分にできることで何か決め事をして、それを確実に実行する習慣ができていなければそこからやっていけばいいのです。

自分との約束をきちんと果たすことでもあり、これを繰り返すだけでも自信が格段につきます。

 

志をもつ生き方というのは、自分の人生をいきることでもあります。

それは仕事場あるいは生活の場でうまく事が運ばなかった場合に他人や状況、環境のせいに一切せず、その原因は自分にあるという生き方です。

 

言い訳をしない生き方であり、自分の可能性を認める生き方なのです。

原因を自分に置くということは、自分の行ったことだけでなく考え方やとらえ方、在り方までを検証し、改めるべきところは大胆に変えていくという、自分を変えることをいとわない柔軟性をもつことでもあると思います。