「練習」タグアーカイブ

想像してみる

 

「自分の伝えたいことを人前で話せるようになりたい」

という、あいまいな形で思っているだけでは望みは叶わないといいました。

 

今回は、そもそも、なぜ人前で自分の伝えたいことを話せるようになりたいと

思ったのか、ということを考えてみます。

 

なぜ、そういう望みを持つに至ったのか?

そう思ったという背景には、過去に人前で自分の伝えたいことがきちんと

話せなかった事実があったということです。

 

じゃ、なぜ話せなかったのか、その理由を考えてみました。

例えば自分の伝えたかったことを、明確に把握していなかったかもしれません。

 

あるいは、人前で話す場に慣れていなかったせいかもしれないし、その両方だったかもしれません。

でも、なぜ自分の伝えたいことを把握していなかったのか?

 

仮に人前で話す場に慣れていないのだったら、なおのこと伝えたいことをはっきりさせておくべきです。

それに話す練習も相当こなしていなければならなかったのです。

 

要するに、話すための準備不足も原因して、話せなかったということがわかってきました。

その辺がわかると、その望みを実現するために、どういうことを、どのようにやっていけばいいのか?

事前準備をしっかりやっておくという意識が生れたのです。

 

 

不純な動機ではじめよう

原田翔太さんの本
『不純な動機ではじめよう』
を紹介させていただきます。

もしあなたが自分のやりたいことや
好きなことがあって、
それを本気で仕事にして行きたい
と思うでしたら、
この本を読んでみてください。

やりたいことやって稼ぐとは
どういうことか
をじっくり教えてくれる本です。

原田さんはある出来事と
ウェブ世界に出合ったきっかけで、

来る日も来る日も
自分が思いつく限り、
自分が語れる限り
文章を打ち込み

ゲロを吐きそうになるぐらい
ウェブサイトを作り続け

寝る間も惜しんで、
飲まず食わずで
一心不乱に作業をしていたら、

気がついたとき
突出したサイト数に
なっていたそうです。

やりたいことを少なくとも
他人が到達していないレベル以上にまで、

ひたすら実践、練習、反復によって
短期間で突出させることの意味を
私はつかむことができました。

だから私は文章を
書きまくることに決めたのです。

また、たとえ相手に間違って
受け取られてもあきらめず、
誤解や失敗を恐れず
本意を貫くこと
などを語っておられ、

読んでいるだけで勇気が湧き、
たくさんの気づきと発見がある本です。