「積み上げる」タグアーカイブ

信頼を確立

 

どうして自己中心的になってしまいますのか?この問いから始めてみます。

人間としてまだまだ未熟であります証拠と申せますが、何よりも自己の確立が出来ていないからではないでしょうか。

 

例えば、仮に一人ぼっちになったとしましても、生きて行くだけの強さが自分にありますのかどうか。

また、人からどんなに誤解されましても、なおもその人と友好的に接することが出来ますでしょうか。

 

要するに周りの状況がどのようにありましても、自分が正しいと思うところを一貫してやり通せるのかどうかなのです。

どんな災難が身に降りかかって来ましたところで、あたふたせず冷静に見極めて対処できる、そうした生き方というのは、どこから生まれて来るのでしょうか。

 

それは、自己に対する揺るぎない信頼から生まれるのではないでしょうか。

自己信頼を取り戻して行くには、一朝一夕で行えるものではなく、ほんの小さな自信をいくつも積み上げて出来上がります自己像を、

内面に繰り返し印象付けて行きますことで徐々に回復するように思われます。

 

肯定します心のみが力を増して行きまして全体を満たしたとき、すべてが自分として認識し、他者というものはあり得なくなります。

争いはどうして起こりますのかと言いますと、相手を否定し認めようとしないから起きますのではないでしょうか。

 

相手を理解しようと全力を傾けまして、あくまでも尊重して行く姿勢で応え続けますれば、争う理由がどこにもありません。

他者を否定しますのは、自己を否定しますのと同等でありますから、自分自身への信頼が未だ確立出来ていないと認めますのが先決でしょう。

 

 

自分を観察する

 

今すぐ取りかかれる問題として、黙想を生活の中でどのようにして定着させるかです。

時間的には夕方の30分を確保しています。

 

いま自分が行っている黙想をかんたんに紹介しますと、目をつむり座ったまま、身体を動かさずに心を静めていきます。

そして浮かんでくる考えや情景などをただ観察して行くだけです。

 

以前は30分以上、黙想しておりましたが、最近は15分がようやくという状況です。

時間が短くなったのは、始める前に終了時間を特に設定せず、ある程度できたら、そこで切り上げるようにしてからです。

黙想をうとましいと思っている自分の声に従い、それを許して来た結果でもありました。

 

30分間の黙想のときの効果は、それほど大きな変化はなかったように思います。

しかし、一時間以上の黙想を提唱されていますのに、30分ぐらいでは、成果が出ないというのは当然なのです。

ここまで考察して来まして、積み上げる重要性を思い起こすに至りました。

 

これまで黙想を行うことに関しては、途中でやめたくなってきてもやり通す、そんな意気込みを欠いておりました。

つぎからの黙想では、30分間は続けていきます。それを定着させてから、一時間に戻して行く予定です。

自分の思考や行動などを観察する重要性については、日をあらためて考えてみるつもりです。

 

 

未知の体験

 

自分には簡単に解決できそうにない問題に出合った、そのときこそ、自分の思ってもみない底力が引き出せるチャンスかもしれない、と考えてみてはどうでしょうか。

人の助けが必要なときもありますが、どうしても自力で困難な状況を切り抜けなければならないときもあるものです。

 

いつ、そんな危機に遭遇するのか、まったく予測がつかないので、普段から努力を要するようなことにチャレンジして、自分を鍛えておくことが重要かもしれません。

こうした習慣を身に着けていれば、いざというときに素早く思考回路が働いてくれて、苦境から脱出する手助けになってくれるものです。

 

人間が本来、持っている能力の大部分は、まだ使われていないと言われています。

その未使用の領域から少しでも力を引きだせれば、いままでできなかったことができるようになるかもしれないのです。

 

そうした潜在能力を引きだすためには、どうすればいいのでしょうか。ひとつは興味を持っていることで、何か新しいことを始めてみることだと思います。

そのときに注意することは、途中でやめたくなったとしても我慢して続けることです。

 

未知の体験を始めたのですから当初は、わからないことや慣れないことなどで、つまずくことが多いものです。

そこを耐えて行き、決してあきらめたりはしないことなのです。とにかく続けて行くこと、積み上げて行くことです。

 

そうすると徐々に、自分に力がついて来ることに気づけるはずです。これまでのことを思い返してみてください。

いま自信を持ってできると言えるものでさえ、かつての自分にとっては、まったく未知の分野のものであったのではないでしょうか。

いままでにも、何度も新しいことに挑戦してやって来たのです。ですから、今度もやれないはずがないのです。

 

 

信頼する人に

 

これまで、多くの人と関わってきた中で、この人は信頼できないと思ったことは、それこそ何度もありました。

しかし、この人はほんとに信頼できる人だ、と心から思ったという記憶がないのです。

 

いまだから言えることは、信頼できる人はまわりにたくさんいたはずです。

自分が心を閉ざしたまま信頼しなかったために、人を信頼できたという体験にまで至らなかっただけだということです。

ですから、もっとも必要なことは「信頼する」体験を積むことだといえます。

 

いままで何をするにも、どちらかといえば半信半疑で取り組んできた傾向があったことです。

その結果、人への不信感をつのらせ、人からの助言を疑い、自分の可能性や能力などを過小評価する自信のなさなど、悪循環にはまっていたということです。

 

自分で人間不信をまねくような原因を作っておいて、一方で人は信用できないと思い、自分も信じられず、信じられるものが何もないと落ち込んでいたのです。

まさに自業自得(じごうじとく)といえるのかもしれません。

 

こうした体験から学べることは、自分もふくめてどの人も、根本的には信頼に足る人だということです。

こうして生きているという事実が、その理由です。

もし信頼に足る人でなかったとしたら、その人は生きていられないからです。

 

生かされるものは、自分が信頼に足るものであることを、本能的に感じ取っているはずです。

大きくとらえれば、存在するものすべては、大自然から必要とされ信頼に足るものである、だからこそ現にこうして、ここにあるのだと思います。

 

信頼しないというのは、自然に反する選択だったのです。だから悩んだり苦しんだりするのです。

「信頼する」ことこそが、自然なことなのです。

いまという時

 

少しでも人生を振り返ってみたことのある人が、そこで大きな価値を見つけ出すのは、決まって、

自分を前進させてくれたものであったり、新しい経験だったり、思い込みから自分を解放してくれたもの、などであったことです。

しかし、それらはすべて、その当時の自分からすれば、決して心地よいものではなく、むしろ辛い思いをさせるものばかりであったはずです。

 

こうした自分の殻から抜け出すきっかけとなった出来事は、いきなりやって来るものですが、それ以前にそれを招くような布石を、自分が打っていたことに気づく必要があります。

身に覚えがなくても、自分が脱皮を繰り返して行くために、その結果を生むような原因の種を、自分がその都度まいていたのです。

 

もし、いま困難なことにぶつかり、それを乗り越えようとしている最中なら、それは将来の飛躍に不可欠な体験をしているのかもしれないのです。

そう思うとより一層身を入れて、この場を切り抜けようとするものです。いい加減にすませたり、手を抜くことは出来なくなるものです。

 

だからといって、いまというときを未来を案じることに、奪われないよう注意しなくてはなりません。

いまでしか、やれないこと、それだけをやって行く。確実に積み上げていくには、それが基本のような気がします。

 

未来というものは、着々といま造られつつありますが、古い過去が見直され、新しい過去が造られるのもいまなのです。

そうした未来や過去が集まる、いまという大切な時に、

「自分はいったい何をやろうとしているのか?」

「いま何をやっているのか?」

こう問うことで、自分自身に連れて行ってくれる道の、真っただ中にいる自分に気づくのです。

 

 

1日の積み重ね

 

たった1日の、積み重ねることの重みをいま、ひしひしと感じています。

早朝パンを焼くことから始まって、コップ一杯の飲尿。夕方のラジオ体操、チベット体操、真向法を行い、入浴時の尿塗布を欠かさずやっています。

 

そして今年3月から独学でギター練習が加わりました。

教本はDVDとCD付き、監修斉藤松男さんの「はじめてのクラシック・ギター」です。

いま和音の練習曲をやっているところです。

最初、この曲と向き合ったとき、こんな難しいのを弾くのは無理じゃないかと思ったものです。

しかし毎日、ゆっくりと少しずつ練習して行くにつれて、難しいと思っていた伴奏つきの曲が、ずっと身近に感じるようになりました。

積み重ねる意味を改めてここで教えてもらったのです。

 

健康面での積み重ねは、特に重要視しなければならないと思います。

どんなことを積み重ねるかで、結果に大きな違いが出て来るからです。

食べすぎや偏食などを繰り返したりすると、身体に致命的な結果を招くし、少食やバランスよく食することを心がけていれば、快食快便につながります。

また日ごろから軽い運動を積み重ねるようにしていると、身体の硬化を防いてくれるように思うのです。

続けるには少しずつ、というのがとても大事なことだと思っています。

 

 

何も考えないときをもつ

考えるべきときに、しっかり考えるようになるためには、考えないときを意識的にもつ
必要性を感じて以来、1日に1度はそのときをつくることにしました。

完全に無の状態でいつづけることはできませんが、思考を消し去り一定時間、何もない
状態にひたることはできるようになりました。

あらかじめセットしたタイマーの音で目を覚ますと、とても爽快な気分でいつもの状態
にもどっているので、このときが待ち遠しいと思うこともあります。

それからこの時間は、いまの自分を観察する視点にたつ練習にもなっていることです。

普段の自分というのは、当事者そのものになりきっており案外、自分が何をやっているか、
わかってないで、行なっている場合が多いということです。

あとになって、自分はなぜあんなことをしていたのだろうかと思うわけです。

だから本当は、やっている自分とその自分をたえず観察するもうひとりの自分の2役を
同時に行なえれば一番いいわけです。

しかし、やってみればわかりますが、2つの役をこなすのは容易なことではありません。
それでまず自分を観察する役に徹する練習から積んでおこうと思ったわけです。

経済的自立は通過点

経済的自立に向けて
私がめざしていることの1つは、
充実した内容と圧倒的な量の記事を容する
サイトづくりです。

人気サイトになるための条件、
有益な記事が多く
見やすくて
わかりやすいことを第一に
心がけているところです。

内容的には、
体験談や失敗談などのほかに
独自の視点、主張が盛りこまれた
記事で構成し
他サイトとの違いを打ちだす
必要があると思っています。

ところで、経済的に自立するという目標は
願望実現への手段でもあるということです。

つまり、経済的自立に
直結したことだけをやること、
それ以外のことはやらない、
やってはいけないということです。

往々にして目標から
それてしまっている自分に気づき
修正する場合がよくあるので
十分に注意しています。