「神との対話」タグアーカイブ

自分は何者であるか

 

1999年に『神との対話』と出会い、スピリチュアルな世界を知りました。

はじめてこの本を読んで、自分というものについての理解が格段に深まりました。

 

再度、読みはじめてみると、また新たな氣づきが次々と生まれて来るのです。

例えば「非難せずに、すべてを祝福するように」とあります。

 

なぜなら、どんなことも必要があって、自分が創造したことでもあるからです。

このすべては自分に帰着するという考え方は、当初は受け入れがたいものでした。

 

しかし嫌なことを拒絶するより、一旦受け入れてから手放すほうがスムーズに行くことから

大きな自分の一部として、どんなものでも受け入れる余裕が生まれたのです。

 

この人生での目的の一つが、肉体を持っている間に自分らしさを十分に表現して

より自分にふさわしい存在になることだったのです。

 

だから何かをするということは、自分が何であるかを指し示すためなのです。

宇宙に向かって自分というものは、こうなんだと宣言しているようなものです。

 

また何かをしないということも、それは自分にとってふさわしくないのだと

言っていることでもあるのです。

 

では何かを変えるには、どうすればいいのでしょうか。

現状をそのまま受け入れ、すべては一体であることを認めることから始まります。

そして、より自分にふさわしいものを選び直すだけでいいのです。

 

このとき自分は失敗したとか間違ったとか、考えたりしないことです。

今までと違う選択をするだけの話で、別の道を選び直して進めばいいのです。

決して過去に心を奪われることなく、未来を案ずることもまったく不要です。

 

常にいま、こうありたいと願う自分を創造し続けるのみです。

こうして自己の枠をどんどん押し広げ、その枠を取っ払うことにつながります。