「真実」タグアーカイブ

求めれば答えは自分の中から

求めれば答えは自分の中から

過去にも、答えざるを得ない立場に立たされ、適確な回答が出来たことが
何度もあったことを思い出します。

例えば、高校生に数学を教えていた時、思いがけない質問をされて一瞬、
まっ白になり、その後すぐ相手に納得の行く答えができたのでした。

そんな窮地にならない限り、出て来ないような答えが浮かんだことに驚く
と共に不思議な思いをしたものです。

元々答えを知っていたとしか言いようがないような体験でした。

今こうして動画を撮り記事を書いていても思うのは、やってみるまで気
づかなかったことばかりだったということです。

つまり、実際に記事を書こうとしなければ出てこない内容がやってみる
ことで形にして引き出せるということです。

よく言われることですが、やってみなければわからない!これが真実で
あることを実感していない人は、ぜひ試してみてください。

自分にとっての真実

自分にとっての真実は誰にとっても真実ととらえる

実際に自分がやったことや感じたこと、体験したことは全て真実と受けとめて
いいと思っています。

それらが誰にとっても真実かというと必ずしもそうとはいえませんが、ただ誰
にでも起こり得ることは間違いないということです。

自分が体験したを多くの人に伝えることは、その可能性を伝えることでもあり
ます。

それを受け取ることによって一種の疑似体験をしてもらえるのではないでしょ
うか。本を読んだり映画を見るのと同じです。

だから自分にとっての真実は、誰にとっても真実ととらえて問題はないという
ことです。

悩んでいるあなたへ

あなたはひょっとして
自分はなんでこんな目にあわないといけないの?
って思っていないですか?

それって自分は被害者だと思っていることです。
しかし、
ほんとうは被害者も加害者もいないというのが真実で、

その悩みは周りとは一切関係なく自分が作り上げた
問題だとしたら‥
そのことに気づいて欲しいです。

たとえ相手の人が何を言ったとしても、
どんなことをしたとしても、
あなたにとってどうでもいいことです。

あなたのとらえ方にこそ問題があって
でも実際のところ、
あなたがそれを作らなければ、
問題なんてどこにも存在していないのです。

なぜ自分は悩んでいるのか、
その実態に気づいて欲しいです。

なぜ、それがいけないんですか。
何かにとらわれていませんか。

もしかして、まわりの人や状況のせいにしていませんか。
あなたは自分以外の人やものに責任を押しつけていませんか。

ほんとうは、どうあって欲しいのですか。
何が望みなのですか。
それはそんなに重要なことですか。
もっとほかに大事なことはないですか。

今日、明日の命しかないとして、それでも悩んでいますか。
それが解決したら全てがハッピーですか。

実はその悩んでいることって歓迎すべきことかもしれません。
もっと強くなれっていうメッセージなのかもしれません。

それは5年後、10年後も悩むことですか。
もし魔法が使えるとしたら、どうしたいですか。

ほかに心配事はないですか。
一番最悪なことって何ですか。

それは命にかかわることですか。
一生悩み続ける気はありますか。

10年先の自分が目の前にいたら、
あなたに何と言うと思いますか。

あなたは何と答えますか?
自分は何に悩んでいるのか。