「生き方」タグアーカイブ

すさまじく思うこと

 

「成し遂げる」とは、

どういうことなのでしょうか?

稲盛和夫さんの著書

「生き方」には、

次のような言葉があります。

 

――――――――――――――――

すさまじく思うことが大切

 

強烈な願望として

寝ても覚めて四六時中そのことを

思いつづけ考え抜く。

 

頭のてっぺんからつま先まで

全身をその思いでいっぱいにして、

切れば血の代わりに「思い」が流れる

 

それほどまでにひたむきに

強く一筋に思うこと、

そのことが物事を成就させる

原動力となる

――――――――――――――――

 

過去を振り返ると

これまで本当にバカなことばかり

わたしはやって来ました。

これからも、

それは続くことでしょう。

 

ただ同じバカをするにしても、

少しはマシな選択ができる

生き方ができたら‥と、

そう願っています。

 

これからも一生懸命に

バカなことをすることでしょう。

 

それを軽減するには、

心から湧き出てくる「思い」に、

どれだけ素直に従えるか!

それが重要だということです。

 

自分の主義や主張に

生きるのではなく、

心から湧き出て来る

「思いを生きる」こと。

 

これができているかが

最も大切なことです。

まわりの環境が

どのような状態であっても

構わないのです。

 

物事を成就する上で

問われるのは、

まわりの状況よりも

「わたし自身が、どうであるか」

ということです。

 

――――――――――――――――

こちらの思いの深さと

観察の鋭さに応じて、

無機質であるはずの

現場や製品にも

「生命」が宿り、

無言の声を発する‥

 

いわば

「心に物がこたえる」

瞬間を経て、

物事は成就していく

――――――――――――――――

 

自分がおかす愚かさに

目を光らせ、

よりマシな選択が行えるよう

謙虚になることです。

 

自分の思いに

忠実に従うとともに、

まわり状況を

ありのままとらえる

必要があります。

 

成就するとは、

自分の思いを

一途に確立して行く

ことです。

 

そのプロセスを通じて、

はじめて

まわりに貢献できる道

も見えて来ます。

 

 

あるがままをOKとする

 

1日3回、道の駅へ行きます。道中の道路で狭いところが何箇所かあります。

ヒヤッとすることも時々あっったりして、運転にはとても気を使います。

ある時、どんなで出来事に出合ったとしても、それら全てを受け入れるように心がけると、気が楽になることに気づきました。

それ以来、急いでいてもゆっくり進む車が前を走っていれば、それを受け入れたりして、起こる出来事にそれほど気にならなくなりました。

 

どんな人の行ったことも行っていることも、自分がそうであるように何らかの理由があってのことです。

それを他人がとやかく言うというのは、まったくバカげたことだということがわかるのです。

 

あるがままを受け入れればいいのです。そのほうがストレスもたまらず気持ちもにもゆとりが生まれるのです。

それは自分自身にも当てはまることだと気づきます。

 

毎週火曜日は身体を掃除するねらいで、食べない日と決めています。

と言っても、固形物は摂らないだけで粉末食や飲み物を摂ることもあり、かなりいい加減なものです。

今日のように朝食、昼食は食べず、果物のリンゴを2個だけ食べる日もあります。

 

どうしても摂りたいものがあれば、逆らわずに摂るようにしています。

でも基本的には、食べないことを意識してやっています。

 

状況に合わすというか、相手に寄り添う生き方のコツやその意味がわかりかけ、少しずつ実践しているところです。

全肯定する生き方のスゴさを何とか味わってみたいと思うのです。

 

 

人生の目的は何か

人生の目的は何か

私には2つのテーマがありました。
いかにして稼ぎ、食べて行くのか?と
いかにして生きて行くのか?

しかし、いかに稼ぐかは
人生の最終テーマでないということに
うすうすは気づいていました。

今回、これまでどっちつかずで来た反省と
時間は有限!であることを考え、
一点に集中することに決めたのです。

まず稼ぐことに集中して自由を獲得することを
最優先にして取り組んでいますが、
稼ぐという課題で一生を終えるのではなく

いかにして生きて行くのか?
それを人に伝えて行くことが
自分の使命だと感じています。

どのようにして生きて行けばいいのかは、
人がどのようにして生きて来たかを
知ることで、はじめて
自分の生きる意味がわかり
生き方を決められるものでした。

どのような人たちから学べばよいのか?
私は人間的な生き方は、延々と伝承して来た
ネイティブ・アメリカンの人たちから、

日本人としての特質は、
例えば安岡正篤氏の書物などを
参考にしています。

人としてどう生きるか?
先祖代々から受け継がれて来た
自然と共生する生き方から学び、

後世の人たちに伝えることが
人生ではないかと思うのです。