「潜在意識」タグアーカイブ

「心の声」に気づく

 

C・ジェームス・ジェンセン著の

「潜在意識を とことん 使いこなす」

に次の一節があります。

 

――――――――――――

「心の声」とは、

あなたの頭の中で

のべつまくなしに

おしゃべりをつづける

小さな声のことだ

――――――――――――

 

これを読んだ瞬間、

なぜ自分は

いつも同じパターンに

おちいるのか、

それがやっとわかりました。

 

建設的なことを考えていても、

「変わりっこないなー」とか

「ついて行けないな―」などと、

 

心の片隅で

打ち消す言葉を

つぶやいていたことです。

 

注意すべきことは、

そういう「心の声」が

気づかないところで

一日中、絶え間なく

ささやいている事実です。

 

人は、日に何と

40,000コ以上の言葉を

心のなかで

自分に語りかけている

といいます。

 

しかも、その内容は

ほとんどが

否定的なことが多いという事実。

 

新しい考えやアイデアに

出合ったとしても、

翌日には完全に忘れ去っており、

元の状態に戻っているのです。

 

心の奥で

変わりたくないという

自己維持本能

が働いているからです。

 

その壁を突き崩すところまで

行かないと、

いつまでも自分は変われない

ことがわかったのです。

 

また、

この「心の声」に関しては

希望のもてる面もありました。

 

――――――――――――

このおしゃべりには、

潜在意識への働きかけや

指示の意味もあると

知っておくことが重要だ

‥‥

幸いにも

私たちは一度に

一つのことしか

考えられないので

思考をコントロールすることが

可能なのだ

――――――――――――

と言います。

 

自己暗示というアファメーションを

うまく使って行けば、

心の壁を突き崩すことができ

活気ある思考に

置き換えていけるのです。

 

例えば、

「私は最高の人生を求め、

自分にとって最高のものを

引き寄せます」

これをわたしは毎日、朝晩

唱え始めたのです。

 

 

信念の奇跡について

ブリストルの名著『信念の奇跡』が読みたくなって
先日読み終えました。
そのなかで、はっと気づき理解したことがありました。

これまで歴史上に登場した多くの英雄や偉人たち、そして
現代のあらゆる成功者がおこなっていた唯一のことを
かいま見たように思ったのです。

それはどの人物も例外なく、確固たる『信念』を持ち続けて
いたということです。

自分の成しえたいこと、大意の実現を信じきり、
人々にも自分とおなじ思いを抱かせるまで、
その信念をつらぬき言葉を尽くしてなんどもくり返し主張していたことです。

そこから私が理解できたことは以下の通りです。

成功するためには、まずやり遂げたい夢が自分の確固たる信念になるまで、
その夢を寝てもさめても四六時中、なんどもくり返し潜在意識にきざみ続けて
落としこむことが必要だということです。

そうすることで潜在意識にかなえたい夢がようやく届きはじめて、
潜在意識のもつ無限の力の助けがえられるようになるからです。

同時に、まわりの人々やあらゆるものの支援もえられる下地が整うということです。

また潜在意識に落としこむ際は、強力なのが鏡に映る自分に向かって
絶えず、何をしたいのか?どこへ向かいたいのか?
と自分の目をみて聞いてみることです。
夢を抱く自分自身を揺るぎないものにするためです。

さらに一人でいるときは、からだの力を抜きリラックスして
受け身の状態で心に届く声に耳をすますようにして、
その声を聞きのがさないこと。
そしてその声にしたがって即、行動をおこすということです。

私はようやく「信念を生きる」という意味がわかりかけてきました。
こんどこそ自分が変わるキッカケをつかまえたように思います。
それをはなさないように、いま気を引きしめているところです。

『学び』によって変えていく

不安や恐れを感じることや
それを避ける行動自体は悪いことではなく、
むしろ身の危険を防ぐ上で
なくてはならないものだと言えます。

ただ新しいことに挑戦したり
未知の世界に踏み入れる際に、
それが足かせになって困ってしまうのです。

人類がここまで進歩して来られたのも
一部の人たちがこの足かせをバネにして
未開拓な分野に挑み続けてきた結果でも
あったのです。

個人のレベルで考えても
未知の部分があるということは、
そこに新たな可能性が秘められている
ということでもあり、

不安になるのは単に知らないからで
新しい知識や情報を取り入れていけば
いいのです。

望むどおりの人生を生きるためには、
これまでの見過ごしてきた無知からくる
恐れや抵抗というものをこれから
どんどん手放していくことが大切です。

情報不足による人生での意味解釈を
『学び』によって変えていくのです。

その時その時で壁にぶつかったら、
なぜ自分はそれを恐れているのか?
どうして抵抗する気持ちがわき起こるのだろうか?
と自問し
自分にどのような知識を欠いているか、
まず知ることです。

必要な情報はいつでも
ネット上で得ることができます。

自分にとってどんな情報が
いま必要なのか?
意識して情報を選ぶ
という取捨選択がとても大事です。