「気づく」タグアーカイブ

体験的に知る

 

なぜ、創造のプロセスが始まったのかを想像してみました。ありとあらゆるものは元々一つの存在でありました。

あるとき、その存在は自分が全てであって完璧であることを知っていましたが、それが一体どういうことなのかを体験的にも知りたいと思ったのです。

 

そして、それを体験したくてたまらなくなりました。体験するためにはどうすればいいのかを考え、乗り物である形態と、それを統御し観察する分身(魂)が必要であることに気づいたのです。

そこで、体験したいという思いを徐々に大きく膨らませ、ついには大爆発を起こして一つだったものから、たくさんの微少な部分が生まれたのです。

 

「神智学大要」によりますと、大筋として超微粒子を束ねて基本となります構造物を作り上げましてから、それらをいくつか集めて形態の構成単位となる原子の基を作りました。

また違った角度から「神との対話」では、自分が光であることを知っている小さな魂がそこから離れ、闇の世界に入って光を体験として知る話があります。

 

もう一つの体験としては、許すというテーマで述べられています。なぜこの世界に闇がはびこり、許せない状況があるのか、それを解きます意味深長な内容であります。

 

 

役割を自覚する

 

ある本を読んでいましたら、10ものグループそれぞれの役割について事細やかに、周到に書かれておりました。

大きなことを成す目的で各専門のグループが集まり、分担して取りかかる例を挙げられていました。

 

人間一人ひとりが持てる最大限の力を出し切れる、そうした人たちがグループとしてやり遂げるのです。

さらに、そんなグループが連携し合い、束になって成し得ることは計り知れないものがあります。

 

しかし、それさえも全体のごく一部分であると考えますと、その先はもう想像を絶する規模へと発展して行くであろうと憶測できるだけです。

この宇宙のミクロの世界からマクロの世界まで、数多く存在します全てのものには、それぞれに託された役割というものがあります。

また、それを唯一果たすために存在していると言えます。どれもが全体の一部を担って、支え合っているのです。

 

全体の中の各構成員は、本来そういう重要な役目を受け持っていますのを重々自覚していて当然なのです。

ですから、自分の担っていますことは何であるのかを認識して、生まれて来た理由でもありますその使命を、いまこそ果たして行かなくてはならないのです。

 

 

意識して行う

 

日常、どんなことを心がけて過ごせばいいのでしょうか。朝、目覚めましたとき、一番に何を思い浮かべるかです。

少なくとも嫌な気持ちにさせますことは決して思い描かないように、できれば明るい気持ちになれますような言葉を口ずさむだけでもいいと思います。「よしっ、元気で行こう」と。

 

起きてから、いつもの仕度をやっていますときに、今日一日やり遂げたいことはないか考えて、何か一つやってみようと決めるのもいいのです。

仕事を始める場合には、いきなり取りかかるのではなく全体の流れをざっと描いた後、今日気をつけるところはどこかを考えてから取り組みます。

 

何をするにしましても、漠然とやらないようにしなければなりません。

これまでの長い習慣であります無造作にやってしまうのを、改めて行かなくてはならないのです。組み込まれたプログラムを変えて行くのです。

また無心になって行う場合もありますが、そんなときにも意識して行う必要があるのです。

 

やっていますことに、いつも気づいていますのが肝心なのであります。

身は起きていましても、半ば眠っているようなボーッとした状態に自分を置いてはいけないのです。

 

いままで、ただ身体を動かしているだけで、機械的に行っていたのがどれほどあったことでしょうか。

慣れるというのは一見、好ましいと思ってしまいますが、注意を怠り意識をそらします元凶でもあるのです。

 

 

必要な情報を見分ける

 

日常をどのようなことに心がけて、過ごすようにすればよいのでしょうか。

特に何も気にかけずに過ごしますと、どういうことになるのかだけは理解できたように思います。

 

すなわち、いつの間にか過去の世界に舞い戻り、あれこれと心のおしゃべりを延々と繰り返すようにプログラムされていると言えます。

ですから、充分に気をつけて、何らかの対策を講じなければならないわけです。

 

テレビやラジオなどに身も心も預けますと、いったいどういうことになるのかは察しがつきます。

気づかずに他人に文字通り操られた人間に成り下がってしまい、もう自分では考えようとしなくなってしまいます。

 

それでなくても身の回りには、一種の洗脳と思われるような情報であふれています。

毎年モデルチェンジしないと、時代遅れを感じさせるトレンドな車が走っています。

保険会社のセールスマンが玄関に現れて、将来への心配の種を運んできます。

ショッピングでは便利さや安さ、お買い得品で注意を引いて購買欲を駆り立てます。

 

これらはどれ一つも、ほんとうに重要な部類に入るものではないのです。食べ物で例えれば、どれもがジャンクフードに当たります。

本来は必要でない、そういうものばかり食べていますと、肝心の栄養あるものが食べられなくなってしまうのです。

 

美味しくて身体のためになるのは、どういうものかを普段から考えていなければならないのです。

自分を高めて力を与えてくれるような生き方を奨励します情報を、自ら求めて行く時代にいるという認識を持たなくてはならないのです。

 

 

より高い自分

 

本質に気づかないよう思考回路は分断され、身体的に改造されているのですから、自分がつねに低い周波数に立ち戻ろうとしますのも仕方がありません。

そのことに気がついていますだけでも、それに見合う適切な対応は可能だと思います。

 

自分の持てます数少ない機能をフルに使いまして、自力で一歩ずつ本来の性能を回復して行くのです。

そこで必要になって来ますのが、まず明瞭なビジョンと愛に満ちたハート、そして信頼であります。いま考えられますビジョンほかは、次のようなものです。

 

私の内の暗闇にことごとく、光を行き渡らせるのを意図します。私に起きるすべての出来事を前向きにとらえ、それを愛で強化して放って行きます。

もしも恐怖心が襲ってきましたら忌み嫌うことなく、愛の周波数で受けとめますように意図します。

 

私は自分の考え、そのものが自分の世界を創り上げていますのを重々承知しており、そうした力を持ちます自分を限りなく信頼します。

私の内にあります、より高い自分を発見します喜びを、すべての意識と分かち合えますことを意図します。

親愛なる神よ、私の意図が成功裏に終わりますように勇気と行動力と忍耐とを私にお与えください。

※参照 バーバラ・マーシニアック著「プレアデス+かく語りき」

 

 

自分の本性

 

仕事の作業中のことです。過去の出来事の、ある場面を思い浮かべて「ああでもない、こうでもない…」と、心のおしゃべりに気づく機会がありました。

そんなことより、もっと大事なことがあるでしょう!と怒鳴りたい気持ちになりました。

 

いつもこのような無駄話をしている習癖に呆れると同時に驚きでもあります。性懲りもなく延々と、こうしたおしゃべりを繰り返すのは、なぜなのでしょうか。

やりたい放題にさせているのは自分であり、それを許しているのも自分でありました。

 

「愛で一日を満たし、愛と共にいなさい」と言われるほんとうの意味がようやくわかりかけたように思います。

気がつくまで雑念に取り込まれてしまう隙を与えまくり、油断していますのが普段の自分の有様なのです。

これは今に始まったことでは無論ありません。何度も気づいて来たのですが、いっこうに改まっていないのが現状です。

 

何回か、心を愛で満たすように意識しました。とても落ち着き安らぎます。これを日常化できないのは、どうしてなのでしょうか。

どうしてもっとも大事な自分の本性を忘れてしまうのでしょうか。何よりも、この自分をマスターしなくてはなりません。

 

 

心に刻みつける

 

自分が何者であるかを忘れてしまった体験者の自分といいますのは、好き嫌いという嗜好をもって判断し、限られた範囲の中でしか物事を考えられないのです。

ですから、いくら考えたとしましても思い出せないのは当たり前です。

 

ほんとうの自分を思い出すためには、観察者であります存在がつねに自分と共にいますのを忘れてはなりません。それは魂あるいは良心とも呼ばれます。

まず、そうした自分を導いてくれます神のような存在がいるのを、ほんとうに信じているかどうか。

 

また、ほんとうに自己を信頼しているのかどうかを問うのです。正直なところ、こんな大切な存在を軽視してやって来ました。

一刻も個人的な意思を手放しまして内なる声にしたがって、生きますにはどうすればいいのでしょうか。

 

これまで取り仕切っていました自分の頭脳や身体を明け渡します。魂の意向に沿って生き始めます。

思い出しますのは、ほんとうの自分が観察者であり、内なる神であり、魂であることです。これを何度も心に刻みつけるのです。

 

 

思い出せばいい

 

この人生での体験というものは、それこそ無限に広がる様々な体験の一つに過ぎないということです。

だからといって、いい加減に人生をやり過ごすのは愚かなことです。

ただ、どんな体験であれ、それに執着し過ぎないように注意しなければなりません。

 

太田龍、デーヴィッド・アイク両著の「2人だけが知っている世界の秘密」を読んでいます。

第5章のレプティリアンの精神的監獄から抜け出す方法のなかで、「私たちは人間ではなくて、無限の認識であってすべての可能性」であると述べられています。

 

人間として体験していますけれども、本来は認識する存在そのものが自分なのであります。

すべての可能性であり、全知の存在であるのをただ思い出すだけで充分であって、新たに学んで完全無欠になる必要はないと言われます。

この言葉には、とても響くものがあります。

 

それでは、忘れてしまったのを思い出しますには、どうすればいいのでしょうか。

そこがいちばん大事なように思われます。

思い出すための、きっかけとなるような言葉やイメージを見つけ出せば、何かを思い出せるのではないかと思っています。