「気づき」タグアーカイブ

自己成長が最大の関心事

自己成長をめざすことと人の役立つことをやって行くと
いうことを動画では語りました。

それで具体的に、どういうことを今後やって行くのかと
いうことです。

世界情勢や日本の経済のことを知ることも大切ですが、
自分にできることとしては、
日常のなかでの気づきを掘りさげて行くことです。

この世界を動かしている原理原則について学ぶことも
大事なことだと思います。

例えば、原因結果の法則や引寄せの法則などですが、
これらについても理解を深める必要を感じています。

結局は、日頃の小さな積み重ねを実践するだけです。

今朝の朝食です。
地元産の野菜を使ったサラダとスープ、自家製の食パンでした。
141121

欲しい結果を引き寄せる

欲しい結果を得るには、自分がどういう考えを持ち
何をやっているかが重要です。
その結果として望む状況が引き寄せられます。

私は場合、自分の役立てることで、
人に役立ちたいという思いが根底にあり

そのための知識と技を身に付けることに、
多くの時間と労力をかけて来ました。

人生とは自分を生かしきることに意味がある
ように思います。

次に引き寄せたい理想の姿とはどういうものか
について記したいと思います。

それを表すキーワードがいくつかあります。
その1つが「成長」であり「気づき」です。

新しい気づきを得ることで、
自分の考えや行動の枠が広がり、

身の周りや意識の面で変化が生まれて
より成長できたことに喜びを感じるのです。

そして自分の成長に役立つことは
人の成長にも役立つということを知り、

人の成長につながることを通して
自分も成長できる道を歩み始めたのです。

望んでいることを好きなことに

望んでいることを好きなことに

望みを実現するのはどんな時かを考えればまた見えてくるものがあります。そこには
何としてでも実現したいという強烈な思いがあり、好きとか好きでないとかを越えた
レベルにいることは確かです。

望んでいることを現実化する原動力は、自分の内の熱い思いから発していることが
わかりました。理屈ではなく本当に実現させたいのか、そうでないかのかを自分に聞
けば自ずと答えが返って来ました。曖昧なのです。

まずはきっかけの糸口として、ともかくそれが好きなんだと思いながら、やり続けて
みるのもひとつの手だと思います。やって行く中で望むだけでなく何が何でも実現さ
せたいという段階にまで行くかどうかを見定めたいと思うのです。

身体の声に従い1日1食を進める

身体の声に従い1日1食を進める

夕食と昼食、間食をやめてみて、つくづく感じるのはお腹の身軽さです。

いかに今まで『食べもの』をお腹に詰め込んで、身体に大きな負担をかけ
続けて来たことかと驚きます。

また、生活の中でその大半が食べることや飲むことに起因していることを
思い知り、そのおかしさにもやっと気づけました。

それがわかっただけでも、身体にとっては大変な救いになっていると思って
います。食べることで病気や身体の不調が発生していると思わざるを得ない
のです。

もちろん美味しい食べものを口にすることは、とても楽しく嬉しいことに間違
いはないのですが、それはほんの一口でも十分なことに気づけました。

今1日を朝食だけにして、たまにそれ以外の時でも食べたり飲んだりします
が、味わうためだけなので少ししか摂りません。

今後、食べる楽しみから徐々に身を引き、食べない楽しみをもっと味わえる
ようにして、心身ともにもっと軽やかにして行きたいと思っています。


1日1食体験記9~飲食すると疲れる

1日1食体験記9~飲食すると疲れる

連日の疲れを感じるのは、あるいは昼食を急に抜いたことによる影響かも
しれないと最近感じています。

しかし食べても飲んでもその都度、疲れを覚えるのはどうしてなのかは、
体力の少ないところに消化にエネルギーを取られるからかもしれません。

体力を付けたいのですが、そのためには昼食をある程度摂る必要があるの
かもしれないと思うようになりました。

身体の態勢を立て直して再度1日1食へと地道に進めて行くことが今肝要
なことかもしれません。