「楽しむ」タグアーカイブ

思いが私の現実をつくる

思いが私の現実をつくる

私がことさら言うまでもなく、人は「自分が考えている通りの人生を生きている」
とこれまでずっと言われて来たことです。

そして知識としてでなく実感として、それは真実だと理解し始めたところです。
それまで私は往々にして望まないことばかりを考えていたように思います。

そういう望まないことを現実化して来た間違った考え方に気づき、改めることが
出来たことは幸いでした。

最終的には望むことや望まないこと、好きなこと好きでないこと、良いこと良く
ないことなどを越え、全てをあるがままに愛せる自分でありたいと思います。

それまでは望むことや好きなこと、良いことだけを考え、それらに囲まれた生活
を存分に楽しめばいいと思うのです。

希望はどこから生まれるのか

希望はどこから生まれるのか?

悩み葛藤する人生であるからこそ、そこに希望が生まれるということです。
何も悩むことがなければ、新たな希望は湧いて来るのだろうかと思います。

何をやっても上手く行かず、どうしようもない状態を経験する中で、何とか
そこから抜け出そうと希望を追い求め、そうしてやっと手に出来た幸せだか
らこそ満喫もできるのではないでしょうか。

天才少年ですら苦悩と葛藤があったからこそ、生きる希望を見い出せたのだ
とすると誰もが同じ過程を経るのではないかと思いました。

そして更に、もう1つの道もあるように思います。悩み苦しむ状態だったと
しても頭を完全に切り替え、それを楽しむことです。

毎日の些細なことや努力していることを、頭を空にしてやってみる。それを
楽しんでみることであり、飛び込んで没頭してみることです。

1日1食体験記14~お昼を多めに摂ってみる

1日1食体験記14~お昼を多めに摂ってみる

小倉重成さんの「1日1食健康法」には、1食に切り替えて辛いのは
3~7日間ぐらいだと書かれていました。

徐々に少なくして行くのであれば、あるいはそんなに辛い体験をしな
くて済みそうかもしれません。

今回のいきなり1食に切り替え大変な体験をしたことを踏まえ、また
1週間ぐらい耐える覚悟で再度1日1食に挑戦して行こうと思います。

ただ、食べたいとは思わなくなるまでは、どうしても食べたい時には
食べても構わないことにしてストレスを溜めないように気をつけます。

1日1食に行き着くまでの過程も存分に楽しんで行こうと思うのです。