「楽しむ」タグアーカイブ

自分を振り返る

 

昨日、求めていましたテンピオーブンをオークションで見つけまして、落札できました。

近いうちに商品が届く予定でありますが、今日は朝から何か落ち着かないところがあります。

どうしてそうなのか、自分の思いをたどってみました。

 

先日、台風の影響で早朝の3時間あまり、停電に見舞われました。ちょうどパンを焼き始める時間帯でありました。

最初はすぐ復旧するものと思っておりましたので、たいして気にかけておりませんでした。

 

ところが30分、1時間たちましても電気は止まったまま、電気オーブンが使えない状況が続きます。

その間にも、パンの生地は発酵がどんどん進んでいきまして、とうとう廃棄という事態になってしまいました。

 

このときのガスオープンさえあったら焼けていたのに、という悔しい思いから、停電になっても使用できるオーブンを探し始めるのでした。

ガスオーブンで焼きますと、電気オーブンより味がよいことも、頭から離れなくなっていました。

 

ガスコンロを使用したオーブンが、どこまでガスオープンの味に近づけられますか、まったくわかりません。それでも、どんなパンが焼けるのかとワクワクしておりました。

 

あまり期待しすぎますと、その通りに運ばなかったときの気落ちの度合いも大きくなりがちです。そのように考えていますと、どうにか落ち着いてきました。

もっとも、テンピオーブンで焼けますパンの量は少なくて気休めでしかないわけですが、試作品をたくさん焼いて楽しみたい気持ちがそこにありました。

 

送られてきますのは、30年以上も前に流行しましたピーステンピの751型コンロ上置きオーブンであります。

いまアウトドア用品として、テンピオーブンに人気が集まっています。今回はテンピの紹介で終わりそうです。

 

 

望むことを考える

 

これまでずっと言われて来たことで、書名にもなっている「人間は自分が考えている通りの人間になる」という言葉があります。

それを単に知識としてではなく、実感として真実であることを理解し始めたところです。

 

それまでの自分は、望むことよりも望まないことばかりを考えて来たように思います。

そうして望まない結果を引き寄せていた間違いに気づいてから、考え方を改めることが出来たことは幸いでした。

 

最終的に行きつくところは、望む望まないとか、いい悪いなどを越えて、すべてをあるがままに受けとめられるものでありたいと思います。

それまでは望むことや好きなこと、良いことだけを考えて、それらにとり囲まれた生活を思う存分に楽しむことにしたのです。

 

 

希望が生まれるところ

 

悩んだり葛藤する人生であるからこそ、そこに何とか希望を見出そうとして生きて行く力も生まれてくるということです。

何も悩むことがなければ、新たな希望は湧いて来るのだろうか、と疑問に思います。

 

何をやっても上手く行かず、どうしようもない状態を経験する中で、何とかそこから抜け出そうとして希望を追い求め、そうしてやっと手に出来た幸せだからこそ満喫もできるのではないでしょうか。

天才少年ですら苦悩と葛藤があったからこそ、生きる希望を見い出せたのだとすると、誰もが同じ過程を経るのではないかと思いました。

 

そして更に、もう1つの道もあるように思います。たとえどんなに悩み苦しむ状態だったとしても頭を完全に切り替えて、それを楽しむということです。

毎日の些細なことや努力していることを、頭を空にしてやってみることであり、それを楽しんでみること、そこに飛び込んで没頭してみることが大事だということです。

1日1食体験記14~お昼を多めに摂ってみる

小倉重成さんの「1日1食健康法」には、1食に切り替えて辛いのは3~7日間ぐらいだと書かれていました。

徐々に少なくして行くのであれば、あるいはそんなに辛い体験をしなくて済みそうかもしれません。

 

今回のいきなり1食に切り替え大変な体験をしたことを踏まえ、また1週間ぐらい耐える覚悟で再度1日1食に挑戦して行こうと思います。

ただ、食べたいとは思わなくなるまでは、どうしても食べたい時には食べても構わないことにしてストレスを溜めないように気をつけます。

 

1日1食に行き着くまでの過程も存分に楽しんで行こうと思うのです。