「時間」タグアーカイブ

休むことはサボることではない

休むことはサボることではない

休息を取るということはやり続ける以上に大切なことだということです。

息抜きを兼ねて違ったことをやったり何もせずに、空白期間を設けること
で潜在意識が活発になることもあります。

休んだ後に、復帰するとまた新たな気持ちで取り組めるものです。そして
新たな視点が加わり一層中身が充実したものに出来るのです。

一定期間、距離を置いてみることは、いろいろな意味でとても大事なこと
でした。

物事を継続して行く上で、時には休むことも必要不可欠だということです。

強くなれるのは今という時

強くなれるのは今という時

車を運転していると、私はじっとしていて周りの全てが後ろへ去って行く
ような感覚を覚える時があります。

それと同じように時間も、私という存在から過ぎ去って行っているように
感じるのです。

そして、私は常に私なのですが、周りの状況がどんどん変わっていき、私
はそれを眺めており、時々それに関わったりしているという具合です。

今という時とこの場所を意識していると、そこには過去も未来も存在せず
今という私があるだけです。

例えば今日、明後日のイベント出店の準備をしました。天気を調べたり、
持参する農産物の確認のため各方面に電話連絡を取りました。

明後日の当日をイメージしながら、現在に立ち返って足りないものや必要
なものなどを準備したわけですが、行ったのはすべて今においてでした。

要するに、過去や未来の自分とは記憶の中にしかなく、実際に行動する自
分というものは今を意識している私しかいないということなのでした。

豊かであることを認める

豊かであることを認める

ある一つのことをやり続けていると、次につながることやそれに関連した
ことに出合えることに気づきます。

たとえば、これまでフェイスブックに力を入れていませんでしたが、その
活用法などに触れる機会があり、学ぶべきところが多いことに気づいたの
です。

走りながら考えるようになって、やっていることの手応えも日々感じられ、
これまで時間の短さに耐えるだけでしたが、今では時間は豊かにあること
を実感するのです。

能力や時間、お金が足りないという思いが、今の私の現実をつくって来ま
したが、その思いを変えには行動を変えることでした。

行動を変えることで、はじめて豊かさが見えて来て思いも変わって行くの
がわかるのです。

出来る方法を探す

出来る方法を探す

毎日、積み重ねの訓練をしていると、集中に見合ったものしか手にできない
ことがわかります。

どれだけ全エネルギーをいま行っていることに集中できるかで、その成果が
どれ程のものかが決まります。

今後、どうしたら動画4本を毎日アップし続けることができるのか?

開始時間を決めてかかることが一つ浮かびました。明日から毎朝6時と午後
3時から取りかかることにします。

次に1本あたりに当てる時間枠を決めることです。30分以内にします。

私がいま全エネルギーを注ぐべきは、この新しい習慣づくりなのです。

自然とともに今を生きる

自然とともに今を生きる

毎日を精一杯に生きていると時間が経つのがとても早く感じたり、気づい
たら1年や5年が過ぎていたという経験が何度もありました。

しかし、ちょっと自然の中に身を置いてみるとそこは今という時しかなく
時間が過ぎ去るという感覚が幻想であることに気づかされます。

特に忙しい時を過ごすことが多い場合には無理をしてでも自然の中に浸っ
て今という時を取り戻してみることをオススメします。

本来、忙しいという思いは不自然な状態なのだということを思い出すべき
です。ヒマであることは恥ずかしいことで

忙しいことが美徳のように勘違いしてしまいがちですが、字のごとく心を
亡くしていることすら気づかない異常なことが当たり前になっています。

たまに頼まれごとを忘れてんてこ舞いになることはありますが、普段やる
ことが一杯あっても忙しいと感じたことがありません。

なぜなのかと考えてみますと、先を見通し自分で決めたことをやっている
ことがほとんどだったからでした。

人から頼まれたことは基本的にすぐに処理して終わらせてしまうのです。

仕事などでどんなことをやるにしろ、自らそれを選んでやるという意識、
つまり主体性を持って取り組むことが大切だと思います。

何をするにしろ、やらされていると思っている限りは忙しさから解放され
ることはないでしょう。