「成果」タグアーカイブ

1日1食体験記①~1日2食は食べ過ぎ!

1日1食体験記①~1日2食は食べ過ぎ!

もっと早く気づいても良かったと思うのですが、ある本「食べない人たち」
と巡りあって、ようやく食べ過ぎだということに気がつきました。

しばらく慣れるまで疲れを覚えることになりますが、以前の2食に切り替え
た時に味わったことでもあり、乗り越える自信はあります。

しかし、今回は24時間ほとんど食べものを体内に入れないので、2食の時
の18時間とはまた違った展開になるかもしれないと予想しています。

体がそれだけ浄化に向かうことなので、正直その結果にとてもワクワクする
気持ちが湧いて来るのです。

また、これまで時間が足りない状況の中、昼食時間や昼寝に要していた時間
を今後、自由に使えるだけでも大きなメリットです。

性格を生かしていく

性格を生かしていく

何でもやってみることは自分を知る上で大切なことだとわかりました。

やってみて初めて見えていなかった自分の性格が痛いほどわかり、そ
の時の違和感は一生忘れられないものになります。

私はグループを統括する力はあるのかもしれないけれど、グループの
威力マスターマインド(注1)の可能性に大きな魅力を感じるのです。

グループとしての力は各個人の力を足した以上のものとなる、人類は
究極的にはそこを目ざすことになると思います。

グループを成り立たせる条件の筆頭として万全の意思疎通とメンバー
の参加意欲が上げられます。

これがなければ他にどんな優れた特質を各自が持っていたとしても全
く無意味であるということです。

マスターマインドへの道は、人が最終的に目ざす道なのかもしれない
という予感がします。

(注1)マスターマインドとは、目標や願望を持った人々の集まりの
 中で行き交う波長の合った考え(バイブレーション)のこと。

成功した人はすべて努力している

成功した人はすべて努力している

でもよく考えてみると、人は誰もが努力しているということです。問題は
その努力の仕方でした。

行き当たりばったりに努力をしていたり、間違った方向に努力していれば
いつまでも経っても成果は出ないのは当然です。

私もノウハウさえ手に出来ればそれだけで成功できると思い込み、ノウハ
ウを得ることに一生懸命になっていた時期がありました。

たくさんのノウハウを手に入れたものの持っているだけで満足し、それを
生かす努力はして来なかったのです。だから結果は得られなかったのです。

やることを絞ってそれを積み上げて行って特化して行くことが大事でした。

ノウハウは、それを実践して検証し続けて行ってはじめて生きて来るとい
うことです。

いま私がやっているのがまさにそれです。サイトを立ち上げ、記事をこう
して投稿し続けて行ってサイトの価値を高める努力を行っているのです。

熱意なくして何事も成し得ない

熱意なくして何事も成し得ない

私というのは、いったい何のためにこうして生かされているのだろうか?
と考えてみて、その何かがあることだけはわかるのです。

そして、その何かというのは最初は何でもいいのではないかとわかった
のです。

だから探しまくるのはやめ、すぐに手短なものでも何でも、それをやり
通してみれば良かったのです。

走りながら考えるという言い方もできますが、やり続ける過程で出合う
いろいろな問題にぶつかりながら深めていくやり方です。

目ざす方向も成果もやりながら進んでいけば、より鮮明にもっと明確に
なって来るように思います。

心構えを変えるだけでした

心構えを変えるだけでした

決めたことはやるという習慣が身についている人はそれなりの結果を出して
おられると思います。

私もそうでしたが、ほとんどの人は決めたことをたまにやることはあっても
やらないケースの方が多いのでなかったでしょうか。

この小さな約束を無視するかきちんと果たしていくかで、その後の人生が大
きく変わることを私は知らなかったのです。

でも、何かのキッカケで決めたことを確実にやるようになって気づくのです。
成功の秘訣を一つ知ったということ。

自分がやると決めたことは必ずやるという心構えでした。