「成功者」タグアーカイブ

成功者から偉大な成功者へ

 

アール・ナイチンゲール著の

『人間は自分が考えているような人間になる』

という本があります。

 

そこには、

 

「考えていることが実現する」

という考えほど、

人間にとって重要なものはない

 

と書かれています。

 

この言葉は、

既にわたしをはじめ誰もが

成功者だと言っているのです。

 

もちろん、ほんとうの意味では、

まだ成功への途上にあると言えますが、

実現させている点では

いまも成功しているのです。

 

問題は、

「どういうこと」を

「どのように」考えているか?

それが最も重要なことです。

 

例えば、わたしは毎日、

地元の道の駅へ、

朝、焼いたパンを持って行きます。

 

そして、前日

どれだけ売れたかを確認するときは、

「‥‥も売れたんだ」

と、いつもつぶやいています。

 

そうすることで

どんな売上げに対して、

いつも肯定的なイメージを

持ちつづけています。

 

人間は考えた通りのことを

実現させているので、

絶対にポジティブにとらえ、

それを実現させたい

と思うのではないでしょうか?

 

成功者にとっては、

「積極的思考」や「大きく考えること」が、

どれほど重要なことであるのか!

それが痛いほどに、

伝わってくるのです。

 

どんな出来事に対しても、

いつも肯定的に受け取り、

望まし状況なんだと

何としてでも、

そう考えなくてはならないのです。

 

偉大な成功者への道は、

これまで無意識に続けてきた

否定的に受け取る習慣から抜けだし、

ものの見方、考え方を

根本から変えた時点で

はじめて歩めるものです。

 

大半の人々が、

いまの生活を維持することにのみ

汲々としている。

 

今とは違うものの見方をしてみれば、

新しい人生が開ける

という事実に気づいていないのだ。

 

とナイチンゲールも言っているのですから。

 

 

毎日の努力が成果を生む

毎日の努力が成果を生む

今いわゆる成功していると言われている人のほとんどが、それまでに
凄まじい努力をした下積みがあったからということです。

自分の何らかの巨大媒体を持つためにも、またいつでもそれを産み出
せるためにも、努力は絶対欠かせないことを知るのです。

ただその努力も闇雲にすることではなくやり方次第だということです。

効率よく、しかも本質に迫る努力というものがあります。それを見つ
けるには、まず積み重ねる経験を積むことでした。

人生が変わるのは困難なとき

人生が変わるのは困難なとき

確かに自分がもし逆境に立たされたら、これまでの思考や行動は変わ
らざるを得ない状況だと思います。

成功した人の大半はこういう経験をした方が多いようにです。

でも逆境というそんな大変な目に会わなくても、ちょっとした困難な
時ってどんな人にもあるものだと思います。

そういう時に、その困難なことを避けたり無視したりするのではなく
それを踏み台にして新しいことに挑戦すべきなのです。

私も失業対策以上にやりがいがある、未知のネットの世界に踏み込ん
だのです。どんどん挑戦しまくりたいと思っています。