「意識」タグアーカイブ

ただ在るだけ

 

いったい自分とは何なのかと思いました。

もちろん自分は、自分でしかないのでありますが、今まで気がつかなかった体験をしましたので、それを紹介させてください。

仕事の合間で休憩していましたときに、ふと自分の内側を、愛で満たしてみようと思い、そうしましたところ、続けられそうな気がいたしましたので、しばらく、そのままでいました。

 

すると、そこでは思考がいっさい働かないのに気づきました。

短いあいだではありましたが、この「愛の状態」としか言いようのない在り方では、時間が過ぎていく気配もまったくありませんでした。

これは何なのだろうかと考え出しました途端に、何者でもない状態は消え去りまして、元に戻っておりました。

 

そして、意識をどちらに集中させるかによりまして、通常の思考の世界と愛だけの状態とを、交互に行き来しますのも可能であることを知りました。

愛と呼ばれますものに意識を向けますと、いまの自分という感覚もなく、ただ「在る」だけになるのです。

おそらくは、これが自分の本質にもっとも近いものであると思われます。

 

ですから、「愛で一日を満たしなさい」とよく言われているのでしょう。

その状態になりますと、何の考えも浮かばず、何かを感じることもありませんが、それでいて、すべてがそこにありますのがわかるのです。

 

 

自分とは?

 

自分とは、いったい何なのでしょうか。この肉体のことでしょうか。

幼少のころからずっと、この肉体が自分だと思っていました。

 

明らかに間違っていると気づいたのは、いつごろかだったかよく覚えていません。

「自分の身体」という言葉が示す通りに、肉体は自分の乗り物でしか過ぎなかったのです。

 

身体が自分でないとしたら、自分とはいったい何であるのか。

いま、ここで「意識する存在」のことだというとらえ方をしてみました。

具体的な場所を特定することもできませんが、「いま、ここ」にいるからこそ、こうして文章を書くこともできるのだと思うわけです。

 

しかし、この存在はいつもここにいるわけではなくて、例えば思い出すという行為をとったとき、それは記憶をたどって瞬時そこへ出かけて行き、またここに一瞬で戻ってくるような感じです。

この自分と呼ぶものは実体がなくて、とらえどころのない存在であるけれども「意識する存在」として、そこかしこに君臨するものだと見なすのです。

 

実体がないということは、五感で確かめることができないということです。

強いてとらえようとするなら「自分」の意識に対して、意識で観察するしかないのです。

これをやってみればわかりますが、もどかしいほど要領を得ません。

 

意識そのものを意識しようとしても、なかなか意識の使い分けがうまくいかず、徒労に終わってしまうのです。

それでも何とか訓練を積みさえすれば、少しはこの意識の世界に入っていける気がします。

 

これまで「自分」という言葉をわかったつもりで使ってきました。そして、これからも使い続けていくのは確かです。よくわかっていなくても…

自分に帰る

 

ヘルマン・ヘッセの小説「デミアン」は、「自分に帰れ」ということを伝えたかったのだと思いますが、なぜ自分に帰る必要があるのか、考えてみたいと思います。

 

「デミアン」が書かれた年代では、第一次世界大戦が起こっています。

戦争というものは、いままで生きてきた世界が崩壊したようなショックを人々に与えるのではないでしょうか。

 

著者は、基盤にしていた現実の世界が目の前で崩れ去り、その世界をより所にしていた自分とは、いったい何だったのかという内面の叫びで、何か大きな間違いを自分がして来たことに、はじめて気づかされたのではないかと思うのです。

そして長い神経症とその治癒の解明をへて、人間の本質へとつながる自己探求の道に、活路を見出すことになります。

 

この本で、もうひとつ感銘をうけたのは、主人公ジンクレールにさまざまな指南を与えつづけたデミアンという人物は、実はジンクレール自身であったということです。

自己を導いてくれるのは、自己自身しかいない、という最後のメッセージはとくに印象深いものでした。

 

他にも教えられることが、この本にはたくさんありますが、ここまでで学んだことをまとめてみました。

人間として生まれてきたのは、人生という航海をとおして自分自身に、少しでも近づけるように努力するためであり、人間が人間に完全になることが最終的な目標であるということです。

 

自分が帰るべきところは、自分自身にしかないことを心にきざんで、百パーセント自分自身になることをいつも意識して、これからの半生を生きていくことが大切だということです。

 

 

メンタル・マネジメント

メンタル・マネージメント
 
今回は、本の紹介です。

ラニー・バッシャムと藤井優氏の「メンタル・マネジメント」を読んでいます。

25年前に出版され、勝利することの極意を、簡潔にまとめた素晴らしい本です。

 

精神面を強化していく上で必要なステップを実戦向きに書かれています。

特に具体的目標のたて方がたいへん参考になります。

 

とにかく、一度通して読んだだけですので、まったく消化しきれていません。

書かれていることをその通り実践し、後日その経過を書いてみたいと思います。

 

「メンタル・マネジメント」目次

第一章 勝ち負けは問題ではない?――メンタル・マネジメントとは何か
負けるより勝つ子の方が幸せだ
よし再挑戦だ
変ったことをやって・みよう――思わぬおまけ
オリンピックヘーー動揺・動揺・動揺
探究――ついに勝つ
メンタル・マネジメントとは何か

第二章 勝者はなぜ勝つか
勝者はどこが違うか
上手に行うのはやさしい
三つの精神活動――その簡単な説明
メンタル・マネジメントの一〇原則

第三章 勝つことに導く要因は何か――意識、下意識、セルフ・イメージとは
意識とは
下意識とは
夕セルフ・イメージとは

第四章 勝つことの秘訣――トライアード状態をめざして
トライアード状態とは
バランスを失った状態
トライアード状態になるためのキー・ポイント

第五章「意識」の輪を大きくする
目標設定の大切ざ
具体的日標のたて方
集中力を高める――補強の原則

第六章 リハーサル――一番よく使われる精神的道具
精神的道具としてのリハーサル
リハーサルの効用

第七章「下意識」の輪を大きくする
下意識とは何か――技術を作る巨大な工場
訓練のガイドライン

第八章「セルフ・イメージ」の輪を大きくする
「セルフ・イメージ」とは何か
セルフ・イメージを大きくする原則
あとがき

『ポケットの中のダイヤモンド』

白キャンパスの中の地球

一昨年の6月に手にしたものの、そのままにしていた
ガンガジの

ポケットの中のダイヤモンド

を読み始めて、まさにポケットの中にあったダイヤモンドを見つけた心境です。

 

そこには、私がずっと探し求めていた「本当の自分」というものが指し示されていました。

今ようやく、私にそれを受けとる準備が整ったということなのかもしれません。

続きを読む 『ポケットの中のダイヤモンド』

身近にある豊かさ

「豊かさは自ら産み出すものだ」という言葉の意味がようやくわかりかけてきたように
思います。もっとお金やものが豊富にありさえすれば、豊かになれると思うのは錯覚で
あり大きな誤りでした。

真の豊かさは外側にあるのではなく自分の内面の心で、見出すことで生じるものでした。

同じ状況を目の前にしても、そこにあるあらゆる豊かさをどれだけ感じ取れ、どれほど
深く考えられるかで、その状況は豊かに思えなかったり、豊かさに圧倒されたりします。

受け取る側の意思と能力によって、豊かさがそこにあることやどんな豊かさを認めるか
目にしたものの解釈はまったく異なってくるということです。

自分が見ようとせず認めなければ、豊かさというものは現れて来ないものであることを
豊かさを求める場合には理解しておく必要があるように思います。

自分が望むものはすべて持つことができ、想像するものはすべて実現できるというのは
認識を高めた意思の力で、それらは現出できると言っているのだと思います。

自分自身を信じる

かつて自分のことを認めていないとの指摘を受けたことがありました。
その意味するところが理解できずに受け入れることがなかなかできませんでした。

自分の中には認められないことがあるのはその通りで、ただそれらをどうするかがお手上げ
状態だったのです。
その後、自分のことがわからなくても、上手に付き合うことはできることに気づけました。

例えば記事を1本書いたあと休もうとする自分に、もう1本書けば成長につながるよと投げ
かけると、すぐその気になれて2本めの記事に向かうのでした。

自分を見なおす機会にもなり、成長へまっしぐらに進んでいける態勢が固まりつつあります。

たとえ信じられない状況であったとしても、自分の中で何かひとつ信頼できるものを見つけ、
絶えず気にかけ大切にしていくことだと思います。

私の場合、どんな事態になったとしても成長したいという欲求だけは、いつも渦巻いています。
やがてそれは自分の強みとなり、どんな困難なときも大きな支えとなると思うのです。

自分の考える方向に向かうもの

今のまわりの現状というのは、
自分の考えが反映したものであることを
素直に認めてみますと、
自分のことがよく見えてきました。

収入がなかなか増えなかったのも、
絶えず「なかなか売れない」という
言葉をくり返していたからでした。

よく売れる日もあれば売れ残る日もあるのに、
売れない方にばかり目が行き、
つぶやいていたのです。

この状況を変えるためには、
望まないことでなく
望むことだけに焦点を当て、
つぶやき続ける必要がありました。
「どうしたらもっと喜んでもらえるか」

お客さんは、あることを求めていました。
それは、いつもとは違う何かをでした。
非日常的なこと、ちょっとした感動を
味わってみたいということだったのです。

その突破口は、まず私が望むことを
もっと大胆に声高にかかげて
その通りに歩む必要がありました。

もっと主張したとしても
誰にも迷惑はかからず、
かえって喜ばれることを知りました。

更に気づいたことは、
人が『最高の人生を生きる』ことに、
少しでも自分が貢献できたなら、
私の人生は最高のものとなっている
ことなのです。