「想像」タグアーカイブ

完璧なもの

 

考えられる最高の人間とは、どんな人間なのでしょうか。それは、自分たちがめざす理想の人間でもあるはずです。

いまの自分と比べて、どこがどのように違っているのでしょうか?

聡明な頭脳や容姿端麗であるとか、そういった好ましい条件をすべて持ち合わせた人間を、最高の人間と考えていいのでしょうか?

もちろん、そうした条件を兼ね備えているに、超したことはないのですが、それが最高の人間の必要不可欠な条件とは、どうしても考えられません。

最高とは、何をするにせよ、何を考えるにも、完璧にそれを行えるということでしょう。

いま、自分のやることやなすことをほぼ完璧に行えたとしたら、どんな展開になっているのか、考えてみるのも有益なことかもしれないのです。

 

ひとつ言えることは、やり終えたときの充実感は、格別なものであろうということです。もっとも、そう感じるのは最初のころだけであるかもしれませんが。

また、失敗とか間違いはあり得ないのですから、いつも最短最速でやり終えることでしょう。

やり終えた結果も、格段に調和のとれた、それこそ完璧な出来映えであろうということです。

なかなか、そこまで詳細に想像しにくいことではありますが、やってみる価値は十分あると思います。

 

ところで、もともと完全であり、完璧であったものが、いまは不完全で、完璧にはほど遠い、落ちぶれたものだと、どうして言えるでしょうか。

完全で完璧なものであったからこそ、いまも完全であり、これからも完璧であり続けるはずです。

 

ただ、完全であり完璧であることを忘れて、そのことにまったく気づいていないだけです。

とは言っても、そのことに気づけるところまで進化して来たのは、事実なのです。

なぜ、完璧なまでに完全であったものが、それを忘れ去ってまでして、何をやりたかったのでしょうか?

 

それは、自分自身を知りたかったのだ、と言われているのです。

完全で完璧な自分を知るために、忘却によって可能となった「完全でなく、完璧でない自分」の体験を通して、何とか

「完全で、完璧な自分自身」を知ろうとしているのではないかと思うのです。

 

 

身近にある豊かさ

「豊かさは自ら産み出すものだ」という言葉の意味がようやくわかりかけてきたように
思います。もっとお金やものが豊富にありさえすれば、豊かになれると思うのは錯覚で
あり大きな誤りでした。

真の豊かさは外側にあるのではなく自分の内面の心で、見出すことで生じるものでした。

同じ状況を目の前にしても、そこにあるあらゆる豊かさをどれだけ感じ取れ、どれほど
深く考えられるかで、その状況は豊かに思えなかったり、豊かさに圧倒されたりします。

受け取る側の意思と能力によって、豊かさがそこにあることやどんな豊かさを認めるか
目にしたものの解釈はまったく異なってくるということです。

自分が見ようとせず認めなければ、豊かさというものは現れて来ないものであることを
豊かさを求める場合には理解しておく必要があるように思います。

自分が望むものはすべて持つことができ、想像するものはすべて実現できるというのは
認識を高めた意思の力で、それらは現出できると言っているのだと思います。

成功にふさわしい人をめざす

成功について語るのであれば、
まず自分が
どのような価値観をもっているのか?
それを明確にする必要がありました。

私にとって最も価値あることは、
自分のできることで
人に役立つことをどれだけやれたのか。
人に喜ばれ
役立つ人間にどれだけなれたか。

また自分が
どれだけ人の身になって
物事に取り組めたか。
それらに大きな価値をおいています。

そして
その根底にあるのは、
自分の能力を
最大限に生かしたい
という思いがあります。

生かせる能力としては、
ものづくり、
メカニズムの解明、
新しいことの挑戦、
自己開発などの面です。

とくに
創造と成長への探求
が最大の関心事でした。

これらをどのようにして
人に役立て、形に表していくかが、
これからの重要課題だと
受けとめています。

計画を終えてから、その日を始める

計画を終えてから、その日を始める

「その日の計画を終える前に、その日を始めてはいけない」
この言葉を聞いて、私はハッとしました。

これから迎える1日1日を、何の計画も立てないで、
その日を始めることの“愚かさ”に気づいたのです。

自分がその日をどう過ごしたいのか、前もって意思表示せず
どうやって望むことが実現できるというのか。

計画通りに行かないこともあるかも知れないが、
それはそれで構わない。

軌道修正する必要性に気づけただけでも有り難いことです。

計画のない成り行き任せの人生に、
幸福や成功、生きがいはあり得ず
苦労ばかりで報われないことにやっと気づけたのです。

なぜ今まで、思う通りに行かなかったのか。

ボンヤリと考えていただけで、はっきりと明確に望むことを
宣言したり表現しなかっただけだったのです。

だから今すぐ、やるべきことは
計画を立てること、つまり
自分の思う通りにやってみることなのです。

結果を想定し、実験をはじめる

自分の生活を含めてこの世界で起こるすべてのことは、自分が創り続けていることを完全に腑に落ちていれば、

世界で起きているあらゆることを自分ごととして受け留められるし、また何か手を打つ必要があると思えばためらわずに行えると思うのです。

 

しかし実際は自分と世界で起こることは全く別だと考えて生きており、世界で起こる出来事は他人ごととして受け留めてしまって

傍観したり裁いたり、あるいは自分にはどうしようもないこととして見過ごしているのが現状です。

 

本当のところ、世界と自分とは別なのか?それとも密接に関係しているのか?

いつ頃からそう思ったのか定かでありませんが、世界の中に自分という人間がポツンといるだけで、

そんな自分にできることは大したことがないという誤った考え方で生きて来たように思います。

 

それが大きな間違いだということに気づき、今では自分の中に世界というものを創り上げていることを認識できるようになり日々実感していましたが、それを完全に腑に落とすところまでは至っていませんでした。

 

かと言って今の私にはどうすることもできず、ただその時が来なければそれは為し得ないということだけは徐々にわかるようになりました。

5年後の「理想的な場面」を想像して、それを創造するのはほかの誰でもなく自分だということでした。すべての出来事は全く自分次第であることがわかるのです。

それを実験して試す場が、この人生だと思うのです。

望むことだけを取り入れる

ふだんから気をつけておくべきことのひとつとして、人は四六時中、何かを考えたり思っていたりしているものだということです。

ほとんど無意識にやっているから自分でも気がつかないだけなのです。だから何を考え、どう思っているかが、とても大事になって来ます。

 

日によって心には浮き沈みがあるので、ある時は陽気であったり別の日は沈み込んでいたりしている自分に気づくこともあります。

また意識していないと周りや状況に巻き込まれてしまい、いつの間にか望む結果とは、かけ離れたことを引き寄せていることもあります。

 

特に望まないことや不安、心配ごとばかり考えていると、それが現実になってしまうことがよくあるので、否定的なことには要注意です。

望まないことよりも、本当に望んでいること、なって欲しいことを普段から考えるクセを付けておくことが何よりも大切だと思うのです。

 

 

1日1食体験記②~1日1食にした翌日

 

前に夕食を抜いた直後にも感じたことですが、昼食をやめてみて一番に感じることは、それ以前より時間が長く感じることです。

でも食べる楽しみの時間もなくなって嫌だなと思われる方もいらっしゃるかもしれません。私も全くそう思っていました。

 

しかし、体の不調や1日の大半の疲れが食事から来ているということを知ってから、私は自分の体を酷使してまで食べたいとは思わなくなりました。

独身の頃に自炊を始めたことがありました。料理の本を買い込み、買い物や調理をしばらく楽しんでいましたが、

朝食から夕食までを作り、それだけで1日が終わってしまいそうで、結局外食で済ますようになってしまいました。

 

これまで食べるために、いかに時間やお金、労力を費やして来たかを考えてみて、私は食べる行為に人生の大半を支配させて来たようにも思えます。

もし生きる上で、食べることにそれほど重きを置かなくてもいいとしたら、投じていた時間やお金、労力の半分以上を取り戻せると思うのです。

 

性格を生かしていく

 

何でもやってみることは自分を知る上で大切なことだとわかりました。

やってみて初めて見えていなかった自分の性格が痛いほどわかり、その時の違和感は一生忘れられないものになります。

 

私はグループを統括する力はあるのかもしれないけれど、グループの威力マスターマインド(注1)の可能性に大きな魅力を感じるのです。

グループとしての力は各個人の力を足した以上のものとなる、人類は究極的にはそこを目ざすことになると思います。

 

グループを成り立たせる条件の筆頭として万全の意思疎通とメンバーの参加意欲が上げられます。

これがなければ他にどんな優れた特質を各自が持っていたとしても全く無意味であるということです。

 

マスターマインドへの道は、人が最終的に目ざす道なのかもしれないという予感がします。

(注1)マスターマインドとは、目標や願望を持った人々の集まりの中で行き交う波長の合った考え(バイブレーション)のこと。