「情報」タグアーカイブ

一通のメールから

誰にも人生の転機となるような出来事や
人との出合いがあるように、
私もそんな出合いを引き寄せる状況でした。

現在勤めているところが2年後に
閉鎖になることが決定しており、
その後の収入のメドが
立っていませんでした。

そんな折に
一通のメールが舞い込み、
その中で紹介されていたメールレクチャーに
登録したことがそもそもの発端でした。

その後に送られてくるメールを
読んでいくうちに
ネットビジネスというものを知り、
その内容について理解するにつれて次第に
ネットビジネスに引かれていきました。

その後もその方から定期的に
信頼できる情報を提供していただき
徐々にその業界のイメージも
つかめてきました。

やはり肝心なことはいろんな情報が
無数に飛び交っており、
その中から自分が必要とする情報を
いかに選んでいくかでした。

こうした基準となる考え方も
その方から学ばせていただきました。
あといくつか上げてみますと、

アフィリエイトについて知りたいのであれば、
どの人からの情報を選ぶか、
それが非常に重要だということです。

発信している人のやっていることや
これまでの実績を見れば、大体
その情報の信ぴょう性がわかりますが、

十分注意していても
内容が伴っていない教材やセミナーなどに
当ってしまうことも何度かあります。

でもそれも勉強代だったと考えれば
まったくのムダではなかったといえます。

あと、よくいわれることで
気をつけないといけないのが
ノウハウコレクターになってしまう
ワナです。

やり方ばかりを追い求めて
実践することを
二の次にすることをいいます。

やってみる、書いてみるなど
何らかの行動(アウトプット)を前提にした、
知識やノウハウを得ること(インプット)
が大切だということです。

自分自身、一番の戒めです。

必要な情報を集める

情報不足による、一人よがりな意味づけ、
解釈ってしがちではないでしょうか?

例えば、人に何かを依頼をしてその後、
何の音沙汰もないとき
何だあの人は!と思っていると、
ずっと後になって
その人が病気で入院していたことを知って
思い違いしていたことを反省したり、

あるいはその人は
期待以上のことをしようとして
時間がかかっていたことを
後で聞かされて自分の至らなさを
思い知ることもあります。

自分が知っている
限られた情報の中で行なう、
状況の意味づけは
間違った判断をくだすことが多い
と心得た方がよさそうです。

そうすると謙虚にもなれ、
人の話をよく聞こうという気持ちにもなり、
自分がやっていることや人を
もっと観察する余裕も生まれてきます。

実際ちょっとした思い込みが
後々まで尾を引いて、大事な場面で
取り返しがつかなくなったりすることも
あるものです。

以前、私が慕っていた上司の口から
突然、自分に対して不信の目で見ているとしか
思えないような発言を聞き、
自分は信頼されていないんだと
落ち込んでしまったことがあります。

いったんそう思い込むと、
仕事へのやる気もうすれしまい
好ましくない事態へと進み、
その職を離れることになりました。

いま思えば上司の発言内容も
覚えていないほど
大したことでもなかったのです。

こうした自分勝手な思い込みを
なくして行くには、
判断をくだす前に
よく確かめて
必要な情報を集めるように
心がけることが大切だということ。

日々の体験という『学び』から
自分のあり方そのものを
変えていく以外に道はありません。

余力の秘密

その後、何のために
豊かになりたいのか?
いろいろ考えてみましたが、
豊かでないから、
豊かさを実感したいため、
時間と金銭面で豊かでないから
などとピンと来るものが出てきません。

自分にとって豊かさとは
どういうものなのか?
がよくわかっていなかったからで、
自分はどうも物質的な豊かさを
追い求める傾向にある
ことがわかりました。

それで、自分にとって
豊かさとはどういうものか?
をたどって行くと、
くめどもくめども
尽きないもの、
ちょうど自分の思い、
熱き思いのようなものが
浮かんできました。

この豊かさについては、
自分の中でもうしばらく温めてから
また取り上げたいと思います。

さて今日は、
デール・カーネギーの
「話し方入門」
から心に残ったことを
紹介させてください。

この本は人にどうやって伝えるか、
コミュニケーション力をみがく上で
大変参考になる内容が書かれています。

昨日読んだ中で一番印象的だったのが
「余力の秘密」についてでした。

スピーチの準備には
100個の資料を集めて
90個を捨てる
心意気が必要だということです。

なぜ営業マンは
手がけている商品の
AからZまでを知り尽くす
必要があるのか?
すべてはお客のためではなく
自分自身のためである
ということです。

情報を十分に仕入れ
たくわえておく最大の理由は、
口では説明できないような
思い入れが心の中に生じ、
活力がみなぎり
気迫に満ちた余力を
自分に与えてくれる
からなのです。

何ごとをやるにも
90を捨てる覚悟で、
100の準備をすること。
そこから自信と余裕も
生まれること
を教えてもらいました。