「役を担う」タグアーカイブ

役を演じているだけ

 

人はその人の役割を演じている、とはどういうことかといいますと、自分の人生において他の人々はすべて、ある役を担って登場しているということです。

そう考えると、さぼる役をやっている人に、さぼっている点について、とやかく言ったり、止めさせようとするのはおかしなことです。

 

なぜその人はさぼっているのか、その理由を理解した上で対策を講じればいいのです。

大切なことは自分がどうすればいいのか、自分に出来ることは何かに焦点を当てて、自分の役をこなすことに専念することだと思います。

 

集団で何かをやる時、必ず頑張る人と普通の人とさぼる人が出てきて、それぞれがその役を演じると言われています。

みんなに何かを頼んだ時、やらない人がいるのです。

仮に、そのやらない人を排除したとしても、だれか別の人が代わりにやらなくなるだけです。

 

ですので、やらない人を非難したり、やらせられない自分をせめる必要もなく、やらない人に対して自分はどんなサービスができるか、考えて行けばいいのです。

その場その場で、自分の役割は何なのかを念頭において、その役割を演じ続けていくことが重要ではないでしょうか。

 

 

真実を語っていけばよい

 

人にはその人なりの真実があると思うのです。

もちろんすべての人に共通する真実という考えもありますが、でもその人独自の真実に心惹かれることが多いのです。

それはその人の思い込みということではなく、その人の考えに立てば筋が通っていて確かにそれはそうだと思えるということです。

 

それが正しいか間違っているのか、判断できないことが世の中にはたくさんあります。

人の行動一つをとってみても、なぜそういう行動をするのかはそれなりの理由が数珠つなぎのようにその人にあるからです。

例えば先日、担当日の変更を頼んだ時、ある人は自分で選んだ日を半ば強引に押し通す人がいるかと思えば、いいですよとそのまま受け取る方もいました。

 

今はこれを私はそれぞれの人がその役を担っていると思っています。強引に押し通す人はそういう役回りを、素直に受け取る人はそういう役を演じているということです。

ですので、強引な人に目くじらを立てたり、受け取ってくれた人にあまり過大な恩を感じる必要はないということです。

〈他人の真実を知ることで自分の世界も広がる〉

 

要するに、人にはそれぞれの理由と結果があってその人なりの真実というものがありそういう世界で、その人は生きているということです。

私はそういう他人の世界を知ることで自分の世界もどんどん広がって行ったように思います。

ですので自分の真実を語ることで人の役に立てられるのではないかと思っているのです。