「喜び」タグアーカイブ

幸せに生きるには~やりたいことを見つける

「ただ生きているだけで幸せ」
という場合もあれば、
それだけでは満たされない
何か貢献をしたいという欲求が
沸き起こることもあります。

私は、他者を助けることが
自分をも助けることに
気づいたとき、
命のつながりを実感できて
救われる思いになったことがあります。

それ以来、孤独感におそわれることはなくなり、
積極的に人と関わるなかで、
自分のことも理解でき、
人間的に成長する機会がふえたように思います。

幸せな人生とは、
人とのつながりをしみじみ実感できる、
そういう境遇にいる自分に対して、
言い放つ言葉でもあるように思います。

毎日の生活で
態度や言動を通して自分を表現し、
まわりからその反響を受けとって
幸せを感じたり、
あるいは改善すべきことを知ります。

その根底には、いつも
よりよい人生にしたいという
おさえがたい思いが心にあります。

やりたいことを見つけ
それに全力を傾けるという
プロセスそのものが、
幸せな人生であり
何らかの社会貢献を果たしている
ことでもあると思うのです。

人とどう関わって行くか

 

例え自分1人でどんなことが出来たとしても、そこには自己満足があるだけで、真の感動は生まれて来ないと思います。

人は他者と一緒になってやり遂げた時とか他者と共有し合えた時に大きな喜びを感じるようにできているように思われます。

 

また人は、人との関わりの中でしか成長できず、それは他者を鏡にしてしか自分を知り尽くすことができないからだと思います。

結局どんな人生にして行くかは、どういう人とどう関わって行って、自分はどう変わって行きたいのか、ということでもありました。

 

 

答えはいつも用意されていた

予め自分の歩む道が決まっていたかのように、これまで節目で次の仕事や新しい場が用意されていて、自分はそれに飛び込むことで、次の学びの体験をして来たように思うのです。

 

きっと人生の最後になっても学び続けているのかもしれないと思ったりもしますが、今はただ目の前の道を切り開いて歩んで行くだけです。

毎回、気づきや学びのある今の生活に感謝していますが、これを分かち合える喜びを感じたくて、こうし記事を書いています。