「可能性」タグアーカイブ

自分の可能性

 

最大の関心事は何でありましょうか。寝ていましても覚めていましても、そのことだけを考えている、興味津々なものは何でありましょうか。

いまの自分にはないと申せます。より近いものでしたら、どうでしょうか。

このブログ更新を続けていきますことが、あるいはそれにあてはまりそうです。

 

しかし、書いていく内容につきましては書き始める前まで、特に考えておりませんし、ごくたまにテーマが浮かんで来るぐらいであります。

ただ努めていますのは、朝から何度も、何かを必ず書き上げるようにと自分に言い聞かせております。

このように見ていきますと、ブログを続けるのが現在の最大の関心事とは申せないでしょう。

 

書く内容では、どうでしょうか、自分にとりまして注目に値するような主題か何かは、ありますか。

思い巡らしましたが、これと言って見当たらないのです。いま差し迫った状況にはいないと言い変えましてもいいと思います。

ある意味におきましては、これはこれで喜ぶべきなのかも知れません。でも、もしかしましたら大事なことを、見落としている場合も考えられます。

 

確かに、何かとても大切な教えを見逃しているような気がします。そのときに見合いました課題が提示されているはずですから。

それを真っ先に取り上げまして、可能な限り掘り下げていかなければならない、そのような主題があるはずです。

また、そのようであってほしいと望みます。自分であるからこそ行えます役柄に、応じたいだけなのですが。

一晩、考えまして続きを記すことにいたします。

 

 

未知の体験

 

自分には簡単に解決できそうにない問題に出合った、そのときこそ、自分の思ってもみない底力が引き出せるチャンスかもしれない、と考えてみてはどうでしょうか。

人の助けが必要なときもありますが、どうしても自力で困難な状況を切り抜けなければならないときもあるものです。

 

いつ、そんな危機に遭遇するのか、まったく予測がつかないので、普段から努力を要するようなことにチャレンジして、自分を鍛えておくことが重要かもしれません。

こうした習慣を身に着けていれば、いざというときに素早く思考回路が働いてくれて、苦境から脱出する手助けになってくれるものです。

 

人間が本来、持っている能力の大部分は、まだ使われていないと言われています。

その未使用の領域から少しでも力を引きだせれば、いままでできなかったことができるようになるかもしれないのです。

 

そうした潜在能力を引きだすためには、どうすればいいのでしょうか。ひとつは興味を持っていることで、何か新しいことを始めてみることだと思います。

そのときに注意することは、途中でやめたくなったとしても我慢して続けることです。

 

未知の体験を始めたのですから当初は、わからないことや慣れないことなどで、つまずくことが多いものです。

そこを耐えて行き、決してあきらめたりはしないことなのです。とにかく続けて行くこと、積み上げて行くことです。

 

そうすると徐々に、自分に力がついて来ることに気づけるはずです。これまでのことを思い返してみてください。

いま自信を持ってできると言えるものでさえ、かつての自分にとっては、まったく未知の分野のものであったのではないでしょうか。

いままでにも、何度も新しいことに挑戦してやって来たのです。ですから、今度もやれないはずがないのです。

 

 

自分をこき使う

 

前回は、人にこき使われることについて書きました。

今回は「自分をこき使う」をテーマに、進めていきたいと思います。

 

まず問題にしなくてはいけないのは何のため、誰のために自分をこき使うのかということです。

何のために自分をこき使っていく必要があるのかは、自分を高めていくため、より成長するためです。

 

では誰のためにこき使うのか、一にも二にも人々に奉仕していくためなのです。

勘違いしがちですが、そもそも自分の能力を伸ばして、可能性を広げていこうとするのは、何のためなのでしょうか。

自分の立身出世や金儲けのためでは決してありません。

 

なぜすべての人は持って生まれた能力開発の可能性を秘めているのか、それは人々に奉仕するためだと言っていいのです。

まわりで自分を支え助けてくれる人たちは、私たちに奉仕する機会を与え、それを体験させてくれる有難い存在なのです。

権力者の奴隷とか搾取、操作の標的になるためではないのです。

 

自分をこき使って、出来ることは何でもやって行くと、思ってもみなかった力を発揮している自分に気づくことがあります。

奉仕して行く過程で、能力はさらに磨かれていき、可能なこともふえて守備範囲は広がり大変なのですが、充実度も深まっていくのです。

 

心に刻む3つのこと

 

当面、以下の3つをクリアすることに力を入れるだけで、その後に大きな違いが生まれるような気がします。

ます、やる前に考えるクセをまず断ち切ることだと思います。

必要な時には自ずと思考も働くので、敢えて考えることもないのです。

 

次に自分にとってなぜ、その目標達成が重要なのか?その理由を頭に刻み込むことで、半ば達成したも同然になります。

内からこみ上げてくる願望は、その現実化の前触れであって、実現するか否かの問題ではなくなり、それを判断したり評価するのは無意味だと知る必要があるのです。

 

そして、望むことだけに注意を向け、常に望む結果のさらに先を意識して思考する習慣を身につけることです。

他者との関係で生きる

いつも考えていたり注意を向けているものに、自分の貴重なエネルギーを注ぎ込んでいることに気づかず無意識にやっていたことを、最近は意識するようになりました。

これまで目の前のことにあまり注意を向けないで、過去や先のことなど、ここにないことに意識が向いて望まない結果を引き起こしていたのです。

 

もちろん理想を描いたり過去を省みるのは有益なことですが、いまやっていることをおろそかにして、あと先を考えるのは止そうと思ったのです。

しかし、これがなかなか難しいのも事実で根気よくやって行く以外に方法はなさそうです。

 

どれだけ今まで力をムダにして来たのかがわかったからこそ、こうして今1つの方向に意識を向けるように訓練するようになりました。

例えばブログの記事を書くなら、それに集中しさえすればいくらでも書けることがわかりました。

 

それをあれこれと、あることないことを考えるから書けなくなっていただけだったのです。

何をやっても出来ないのは、意識をそれに向け続けること、つまり集中することの偉大な力を知らないだけなのです。

今ようやく、そのことがわかり始めたところです。

 

 

1日1食体験記9~飲食すると疲れる

 

連日の疲れを感じるのは、あるいは昼食を急に抜いたことによる影響かもしれないと最近感じています。

しかし食べても飲んでもその都度、疲れを覚えるのはどうしてなのかは、体力の少ないところに消化にエネルギーを取られるからかもしれません。

 

体力を付けたいのですが、そのためには昼食をある程度摂る必要があるのかもしれないと思うようになりました。

身体の態勢を立て直して再度1日1食へと地道に進めて行くことが今肝要なことかもしれません。

 

1日1食体験記6~飲みたい時には飲めばいい

1日1食体験記6~飲みたい時には飲めばいい

今回はなぜ1日1食を目ざしているのか?を書いてみたいと思います。

一言でいうと、不食へ進みたいからです。つまり食べても食べなくて
もいいという究極の自由を手に入れるためです。

現に食べないで生きている人が世界に数万人はいるとすれば、明らか
に食べないと生きていけないというのは、思い込みに過ぎないのでは
ないかと思えるのです。

食べなくても生きていけるかどうかは、自分で体験的に確認できると
聞いてやらない人がいたら、なぜやらないのですかと逆に聞きたいぐ
らいです。

不食によって数多くの好ましい状況が得られるとすれば、それを選択
しないことのほうが不合理だとさえ言えると思います。

1日1食体験記②~1日1食にした翌日

 

前に夕食を抜いた直後にも感じたことですが、昼食をやめてみて一番に感じることは、それ以前より時間が長く感じることです。

でも食べる楽しみの時間もなくなって嫌だなと思われる方もいらっしゃるかもしれません。私も全くそう思っていました。

 

しかし、体の不調や1日の大半の疲れが食事から来ているということを知ってから、私は自分の体を酷使してまで食べたいとは思わなくなりました。

独身の頃に自炊を始めたことがありました。料理の本を買い込み、買い物や調理をしばらく楽しんでいましたが、

朝食から夕食までを作り、それだけで1日が終わってしまいそうで、結局外食で済ますようになってしまいました。

 

これまで食べるために、いかに時間やお金、労力を費やして来たかを考えてみて、私は食べる行為に人生の大半を支配させて来たようにも思えます。

もし生きる上で、食べることにそれほど重きを置かなくてもいいとしたら、投じていた時間やお金、労力の半分以上を取り戻せると思うのです。