「受け取る」タグアーカイブ

未知の体験

 

自分には簡単に解決できそうにない問題に出合った、そのときこそ、自分の思ってもみない底力が引き出せるチャンスかもしれない、と考えてみてはどうでしょうか。

人の助けが必要なときもありますが、どうしても自力で困難な状況を切り抜けなければならないときもあるものです。

 

いつ、そんな危機に遭遇するのか、まったく予測がつかないので、普段から努力を要するようなことにチャレンジして、自分を鍛えておくことが重要かもしれません。

こうした習慣を身に着けていれば、いざというときに素早く思考回路が働いてくれて、苦境から脱出する手助けになってくれるものです。

 

人間が本来、持っている能力の大部分は、まだ使われていないと言われています。

その未使用の領域から少しでも力を引きだせれば、いままでできなかったことができるようになるかもしれないのです。

 

そうした潜在能力を引きだすためには、どうすればいいのでしょうか。ひとつは興味を持っていることで、何か新しいことを始めてみることだと思います。

そのときに注意することは、途中でやめたくなったとしても我慢して続けることです。

 

未知の体験を始めたのですから当初は、わからないことや慣れないことなどで、つまずくことが多いものです。

そこを耐えて行き、決してあきらめたりはしないことなのです。とにかく続けて行くこと、積み上げて行くことです。

 

そうすると徐々に、自分に力がついて来ることに気づけるはずです。これまでのことを思い返してみてください。

いま自信を持ってできると言えるものでさえ、かつての自分にとっては、まったく未知の分野のものであったのではないでしょうか。

いままでにも、何度も新しいことに挑戦してやって来たのです。ですから、今度もやれないはずがないのです。

 

 

許すということ

 

許すということについて書いてみたいと思います。すると子どもの頃のことを思い出さないわけにはいきません。

たぶん、この何倍も許してもらっていたはずと思いますが、許してもらえなかった自分のことが忘れることが出来ず、

いざ自分が許す立場に置かれるとなかなか人を許すことが出来ないものなのです。

ここで、よくよく考えなくてはならないのです。

 

自分が許してほしかったときに許してもらえなかった、そういう体験があるからこそ、より寛大になり率先して人を許さなくてはならないことを。

いつも相手の身になって人と接するようにと言われるのは、いつか自分も逆の立場で相手から親身になって世話を受けるのであり、そのことへのお返しをすることでもあるのです。

 

人は親切にされたことは忘れやすいものですが、粗末に扱われたことはいつまでも根にもったりして覚えているものです。

ここでまた、よく考えてみます。なぜ人から親切にされたことは、忘れやすいのでしょうか。

 

親切に振る舞うことが、人間の自然な姿だからではないでしょうか。人を粗末に扱うというのは、本来の人間のあるべき姿ではないのです。

だから、意外なことを人はいつまでも覚えているのだと思います。「許す」ことにおいても、同じことが言えるのではないでしょうか。

 

人は自然のあらゆることに対して、それを受け入れ認めて来たという事実があります。そうしないと生きてはいけなかったからです。

人はすべてを許して、生きて来たとも言えます。なのに、どうして人間同士のことになるとすべてを許せなくなるのでしょうか。

あの人や、あのことを許さなくても別段、自分は生きていけると思っているからかもしれません。

 

そういう人は大きな間違いをおかしています。許さないとは、受け入れることを認めないと宣言したことです。

自分の中で、この「認めない」思いだけが刻み込まれます。つまり、いっさいを認めないことであり、自己否定していることと何ら変わらないのです。

相手にしたことが、そのまま自分に帰ってきて、自分に対してしたことになるわけです。

 

結局、人間同士のあいだのことも自然に対するのと同じように、すべてを許し、受け入れていくことが人間の本来のあり方だったのです。

そのことに気づいたいま、いま自分の中にある、これまでの「許せない」ことを手放すときにいるのかもしれません。

 

 

信じ続ける

 

どんなことを行うにしろ、またどんな事態になったとしても、いまの自分を信じ続けられるかどうか、それがいつも試されているように思います。

 

心の中を望ましいことだけで満たして行くには、どういうことに気を付けていけばいいのでしょうか。

まず、やることに対して自信をもつことが上げられます。

 

どんな状況に陥ったとしても、自分を奮い立たせる最良の方法は、自分を信じることです。これに勝るものはありません。

もし、いまが最悪で自分を信じることなど、とても出来ない状況だとしても、そんな自分でも良いところの一つや二つはあるはずで、そのことに気づかなくてはなりません。

 

日常生活での浮き沈みというものは、誰しもが経験するものであって、その程度や頻度に違いがあるだけです。

ですから思い通りにいかなくても気にせずにいることです。無理に明るく振る舞おうとしなくてもいいのです。

落ち込みたくなる状況をそのまま冷静に受け止めて、次に臨めばいいのです。

 

「明けない夜は無い」と言われるように、この世は明暗の繰り返しの世界だということを知ることです。

また「諸行無常」という言葉どおりに、この世のあらゆる物事は永遠には続かず、移り変わっていくものだということを受け入れることです。

 

現実の世界はそのようであったとしても、心の中で自信に裏付けられた動じない世界を築くことは、自分次第で可能だということも知っておいてください。

 

 

一番大切なことは何か

独自の歴史ある、
この日本という国に
自分が生まれてきたのは
何か意味があると考えたり、

また今このときに、
この自分にしか出来ない、
そういうものがあるのではないか
と思い続けることは
大切だと思うのです。

こうしてサイトに記事を
書きつづっているのも意味があり、
続けることで、別につながる可能性を
手にするかもしれないのです。

続ける努力をすることによって
巡り合う様々なチャンスを
作っていると思うようになりました。

一番の問題は、
まわりで起こっている出来事や
自分の身に振りかかることを
どう受けとめるか、です。

自分に関係ないと思ったり、
何でこんなことが起こるのだ
と拒否することもできます。

しかし、これらは
自分が呼び起こしたことであり、
自分に原因があることではないかと、
これまでの自分をふり返る
キッカケにすることも出来るのです。

やったことが返って来る体験

自分が出合う状況には、
それなりの意味があること、
その場の自分にふさわしい、
必要なことだということ
を改めて
知る機会がありました。

それは、
出来事をどのように
受けとめたかによって、
違ったものに見える、
印象的な体験でした。

『人の振り見て、我が振り直せ』
という故事どおりに、
望まないことを人からされた時、
それを
自分がやったことに
置きかえてみて、
考えることによって
これまで見えていなかったものが
見えて来たのです。

自分の見方が自分の考えを
大きく支配していることを思い知りました。

自分の見方を変えただけで
周りの状況が違ったように
見え始めたのです。

もし、一つの見方しかできず、
ほかの見方があることに
まったく気づけなかったり、
間違った見方をしていることに
気づかなかったら、
間違った考えで、
間違った行動を
とり続けていたことになります。

わが身を振り返ることの
難しさとともに、
その大切さを
痛感する出来事でした。

今日の朝食です。
自分が焼いたパン、地元でとれた各野菜のサラダ。
それに妹から届いたりんごでした。
141129

人生の目的は何か

人生の目的は何か

私には2つのテーマがありました。
いかにして稼ぎ、食べて行くのか?と
いかにして生きて行くのか?

しかし、いかに稼ぐかは
人生の最終テーマでないということに
うすうすは気づいていました。

今回、これまでどっちつかずで来た反省と
時間は有限!であることを考え、
一点に集中することに決めたのです。

まず稼ぐことに集中して自由を獲得することを
最優先にして取り組んでいますが、
稼ぐという課題で一生を終えるのではなく

いかにして生きて行くのか?
それを人に伝えて行くことが
自分の使命だと感じています。

どのようにして生きて行けばいいのかは、
人がどのようにして生きて来たかを
知ることで、はじめて
自分の生きる意味がわかり
生き方を決められるものでした。

どのような人たちから学べばよいのか?
私は人間的な生き方は、延々と伝承して来た
ネイティブ・アメリカンの人たちから、

日本人としての特質は、
例えば安岡正篤氏の書物などを
参考にしています。

人としてどう生きるか?
先祖代々から受け継がれて来た
自然と共生する生き方から学び、

後世の人たちに伝えることが
人生ではないかと思うのです。

上手く行きすぎたとき

 

これまでに上手く行った時を振り返りますと、その直後から気を緩めてしまって何となくダラダラと過ごしがちであったということです。

これは上手く行かないことが自分のスタンダードになっていたため、そこへ戻そうとする機能(ホメオスタシス)が働いていたことです。

 

この状態のままでは、今後どれだけ努力したとしても成長は微々たるものでしかないのです。

現状を打破するためには、まず何としてでもこの当たり前の基準を変えることが先決なのです。

 

今の自分がどういう基準で動いているのか、まずそれをしっかりつかんでおくことが重要であること。そのことに気づいておかなくてはならないのです。

これまでのパターンを見返してみて更にわかったことは、少しでも上手く行った時は、それだけで満足していたことです。

 

また、上手く行ったこと自体を疑ってしまい、上手く行くはずがない、などと否定したりしていました。

以上のことを頭に入れて、上手く行かない状況に戻そうとする思考回路から切り替えて行くことにしたのです。

 

 

信頼の力

 

1人で出張販売に出かけましたが、現地で手伝ってくれる方が2人現れて大変助かりました。最近、困るようなことがほとんどなくなったような気がします。

お店のほうもパートさんたちが十分に動いてもらえて自分のすることが少なくなり、時々の相談事にもじっくり耳を傾けることができて有り難いことです。

 

見渡せばもう十分信頼していい環境下にあることに気づきます。結局は自分の態度如何だったということをつくづく思い知るのでした。

その都度その都度、浮かんでくる不安などを振り払って相手を信頼する方向へシフトしながら仕事を進めて行った結果が今の現状だったのです。

 

半信半疑なところが自分にあったのも事実ですが、しかし今の生き方を確信していい時期に来ていること。後はそれを自分が認めるだけでよかったのです。