「動画撮り」タグアーカイブ

初心にかえってみました

初心にかえってみました

何のために動画を撮っているのか? 人に役立ちたい、成長したい、人と
つながりたいということでした。

しかし動機がこれだけで、1000本以上撮ることをめざすには弱いよう
に思いました。

現にいまエネルギー不足に陥っていることからも明らかで、いまの課題が
見えてきました。

ただ伝達スキルを磨くことを前提に続けて行くことで、間違いなく自分自
身に力が付くことだけは確かだと言えます。

求めれば答えは自分の中から

求めれば答えは自分の中から

過去にも、答えざるを得ない立場に立たされ、適確な回答が出来たことが
何度もあったことを思い出します。

例えば、高校生に数学を教えていた時、思いがけない質問をされて一瞬、
まっ白になり、その後すぐ相手に納得の行く答えができたのでした。

そんな窮地にならない限り、出て来ないような答えが浮かんだことに驚く
と共に不思議な思いをしたものです。

元々答えを知っていたとしか言いようがないような体験でした。

今こうして動画を撮り記事を書いていても思うのは、やってみるまで気
づかなかったことばかりだったということです。

つまり、実際に記事を書こうとしなければ出てこない内容がやってみる
ことで形にして引き出せるということです。

よく言われることですが、やってみなければわからない!これが真実で
あることを実感していない人は、ぜひ試してみてください。

人生が変わりました

人生が変わりました

見た目の状況は以前と変わらないですが、ある意味で私はもうすでに成功し
ているようなものです。

1日の自分が決めたやるべきことだけは確実にこなすことで、先の紆余曲折
や成長、発展は当然あるとしても今だけ見れば成功を手にしているのです。

やり続けることの力を知り、これからもっと私の人生は変わって行くであろ
うと思うのです。

こんな私でもここまで来られたのですから、誰もが出来ることでもあると思
っておりこれからも書き続けて行きます。

自己信頼を深める

自己信頼を深める

この動画を撮ることに踏み切れたのも、実は自己信頼をどこまで出来る
のかで、自分と賭けてみた結果でした。

こうして顔出しをして自分への信頼度が増したのです。

それまで顔出しして何かあった時、どうするのかという恐怖心との闘い
だったように思います。

最終的には、何かあったとしても自分のことをどれだけ信頼できるかに
かかっていたことに気づいたのです。

何か新しいことをやる場合にも、どれだけ自己信頼があるかでその出来、
不出来の大半が決まるように思います。

私とはすべてを受け入れる自分

私とはすべてを受け入れる自分

真にすべてを受け入れることの難しさを知ることができました。

受け入れるとは、もちろん好き嫌いを越えたものですが、好きかどうかで
本当に受け入れたかどうかのチェックが出来ました。

認めるということは自分のものとすることであり、向こうへ追いやらない
ことです。

出来る出来ないのレベルを越える時点に自分は到達したのだという認識で
ありのままの自分を喜んで受け入れるだけです。

今回、動画を通して自分でも出来ることを体験しており、出来る出来ない
の問題もクリアー出来そうです。

はっきり言えることは、適切なステップを踏み、やり続ければほとんどの
ことは出来るようになるということです。