「他人を信じる」タグアーカイブ

自分を信じるには?

 

自分を信じるには、どうすればいいのか?

西田文郎さんの本『No.1メンタルトレーニング』のあとがきには

次のように記されています。

 

答えはひとつしかありません。

私たちは、まわりの人を信じるとき、はじめて自分を信じられるのです。

自分のことは信じられないけれど、他人を信じた自分のことは信じられる。

 

だから、人を信じられなくなったとき、自分も信じられず何を信じていいか、わからなくなってしまうのだと思います。

 

一方では、むやみに人を信じてはならない、という戒めもあります。

これも真実だと思うのです。

先の「人を信じる」とは、その人の上辺でなく奥にある「本質を信じる」ということではないか、と私はとらえています。

このことは自分自身にも当てはまります。

 

あれこれと迷っている表層の、相手ないし自分に、意識を向けるのではなく、もっとも奥深くにある本質の部分に目を向けることです。

「まわりの人を信じる自分」こそが、本質の自分だと知っているから、自分は信じられるのだと思うのです。

 

そうすると、自他を分ける境界もなくなってきて、すべてを自分だと思えてくるから、自分を信じ切れるのだと思います。

 

他人を信じた自分のことは信じられる。

これはひとりでは生きられない、人間という動物の感情脳に埋め込まれた法則です。

 

と、西田文郎さんは書かれています。

 

つまり自分ひとりでは、本来の自分を信じることができないということです。

なぜなら自分の一部で、本来の自分を推し量ることはできないからだと思うのです。