「人間」タグアーカイブ

最高の人間

 

人間に与えられた役割とは何なのか、自分個人のことを考える以前に、誰もが一度は問い返したことがあるのではないでしょうか。

自由気ままに振る舞っていいのだろうか、決してそうでないことを、人は心の奥底では知っているのだと思います。

 

だから、やりたい放題のことをやっている人を見ると、あの人は間違っていると思うのです。

好き勝手に自分がやっているときには、それになかなか気づかないもので、人から言われてハッと気がつくものです。

 

人間には、やっていいことといけないことの節度をわきまえる能力が最初から備わっているものだと思います。

それなのになぜ、そこから逸脱してしまうのか、とても不思議なことだと思ってしまいます。

おそらく、それは自由意志というものをはき違えているからなのでしょう。

 

ある意味では確かに他の生物とくらべて、人間に与えられている自由の度合いは格段に大きいものがあります。

それをいいことにして人間は何をしてもいいのだ、という思い上がった考えが芽生えるのかもしれません。

 

人間にしかできない、あることをやり遂げるために自由ないし自由意志というものがあるのだと気づくべきでしょう。

しかし、自由意志といえども無制限に許されるわけではないはずです。この自由意志とは、何なのでしょうか。

 

仮に、どんな強制があったとしても最終的に、自分が行う「選択の自由」のことではないかと思うのです。

地上のあらゆる生物の頂点に立つ人類は、ある重大な役割を担っていることだけは確かです。

個人個人の役割というものはすべて、この人類に課せられた役割の延長線上にあるものだと言えます。

 

もし延長線上になければ、それはその人の自己満足でしかないものです。自己満足のどこがいけないのか。

人生を単なる自己満足だけで、終わっていいのかどうかを自分に問いかければわかることです。

 

人間に与えられた役割とは、いったい何なのでしょうか。いまの段階で言えることは、考えられる最高の人間になる、ことではないかと思います。

 

 

自分の思いとチャンス

 

豊かさとか偉大さ、無限という言葉は、凡人の私には縁のない馴染まないものとして思考の向こうへ追いやっていました。

しかし、大いなるカン違いをしていたことに気づいたのです。

 

凡人だろうが非凡人であろうと、人間であること自体に、豊かさや偉大さ、無限性、崇高さなどを秘め、その表れでもあるということです。

もちろん実感できるものではないのですが、一度でも自分の能力をフルに使ってみることで、そのことが何となくわかるものです。

 

 

私にとっての最高の勝利

これまでで一番口惜しかったことは自分の細やかな願いをないがしろにして来たことでした。

例えば幼いころ工作の本が喉から手が出るほど欲しかったのですがそれが言い出せずにずっと後まで悔やむことになりました。

 

人に負けたって構わないが、ただ、ありのままの自分を認めす、自分を疎(うと)んじる人間にだけはならないと誓ったのでした。

いま自分に「ありのままでいいんだ」と言えるということは、自分の価値を認めており自分に揺るぎない信頼を寄せているのです。

 

それが自分に勝ち続けることであり、最高の勝利だと思っています。

また自分の感じることや望むことなどといつもしっかりと向き合い、その一つ一つが自分の大事な一部であることを自覚しています。

それら全部があって、はじめて私という「過不足のない人間」が出来ているということを知っていることです。