「プロセス」タグアーカイブ

自分をこき使う

 

前回は、人にこき使われることについて書きました。

今回は「自分をこき使う」をテーマに、進めていきたいと思います。

 

まず問題にしなくてはいけないのは何のため、誰のために自分をこき使うのかということです。

何のために自分をこき使っていく必要があるのかは、自分を高めていくため、より成長するためです。

 

では誰のためにこき使うのか、一にも二にも人々に奉仕していくためなのです。

勘違いしがちですが、そもそも自分の能力を伸ばして、可能性を広げていこうとするのは、何のためなのでしょうか。

自分の立身出世や金儲けのためでは決してありません。

 

なぜすべての人は持って生まれた能力開発の可能性を秘めているのか、それは人々に奉仕するためだと言っていいのです。

まわりで自分を支え助けてくれる人たちは、私たちに奉仕する機会を与え、それを体験させてくれる有難い存在なのです。

権力者の奴隷とか搾取、操作の標的になるためではないのです。

 

自分をこき使って、出来ることは何でもやって行くと、思ってもみなかった力を発揮している自分に気づくことがあります。

奉仕して行く過程で、能力はさらに磨かれていき、可能なこともふえて守備範囲は広がり大変なのですが、充実度も深まっていくのです。

 

旅人を演じる私たち

「旅に終わりはない」と言われたりしますが、人生の旅では、その終わりがいつやって来るのか
、まったく予想がつきません。

ずっと続くかのように思っていても、かならず終わりのある人生を、どのようにして過ごすのかはすべて個人個人に任されています。

どんな風に過ごすのかは自由であるとしても、なぜその人生というものが与えられたのか?
その理由はまちがいなくあると思うのですが、すぐには答えられないものです。

中学生のとき私はこの問いにぶつかりその答えを探し求めましたが、そのうちに頭の片すみに
追いやったままにしてしまいました。

この問いと改めて向き合う必要性を感じ続け、ようやく心の準備がととのったことを知ります。
なぜ未熟な自分に人生というものが与えられたのか? 

未熟であるがゆえに困難な状況を自ら招き入れて、そこから自分自身を引き上げていき、成長していくそのプロセスをひとつひとつ体験すること。そして、それを旅仲間と共に分かち合おうと願ったからではないかと思うのです。

信念の奇跡について

ブリストルの名著『信念の奇跡』が読みたくなって
先日読み終えました。
そのなかで、はっと気づき理解したことがありました。

これまで歴史上に登場した多くの英雄や偉人たち、そして
現代のあらゆる成功者がおこなっていた唯一のことを
かいま見たように思ったのです。

それはどの人物も例外なく、確固たる『信念』を持ち続けて
いたということです。

自分の成しえたいこと、大意の実現を信じきり、
人々にも自分とおなじ思いを抱かせるまで、
その信念をつらぬき言葉を尽くしてなんどもくり返し主張していたことです。

そこから私が理解できたことは以下の通りです。

成功するためには、まずやり遂げたい夢が自分の確固たる信念になるまで、
その夢を寝てもさめても四六時中、なんどもくり返し潜在意識にきざみ続けて
落としこむことが必要だということです。

そうすることで潜在意識にかなえたい夢がようやく届きはじめて、
潜在意識のもつ無限の力の助けがえられるようになるからです。

同時に、まわりの人々やあらゆるものの支援もえられる下地が整うということです。

また潜在意識に落としこむ際は、強力なのが鏡に映る自分に向かって
絶えず、何をしたいのか?どこへ向かいたいのか?
と自分の目をみて聞いてみることです。
夢を抱く自分自身を揺るぎないものにするためです。

さらに一人でいるときは、からだの力を抜きリラックスして
受け身の状態で心に届く声に耳をすますようにして、
その声を聞きのがさないこと。
そしてその声にしたがって即、行動をおこすということです。

私はようやく「信念を生きる」という意味がわかりかけてきました。
こんどこそ自分が変わるキッカケをつかまえたように思います。
それをはなさないように、いま気を引きしめているところです。

心に刻む3つのこと

 

当面、以下の3つをクリアすることに力を入れるだけで、その後に大きな違いが生まれるような気がします。

ます、やる前に考えるクセをまず断ち切ることだと思います。

必要な時には自ずと思考も働くので、敢えて考えることもないのです。

 

次に自分にとってなぜ、その目標達成が重要なのか?その理由を頭に刻み込むことで、半ば達成したも同然になります。

内からこみ上げてくる願望は、その現実化の前触れであって、実現するか否かの問題ではなくなり、それを判断したり評価するのは無意味だと知る必要があるのです。

 

そして、望むことだけに注意を向け、常に望む結果のさらに先を意識して思考する習慣を身につけることです。

1日1食体験記16~元の身体で再挑戦へ

 

お腹にいつも食べものがある重い場合と、お腹に食べものがない軽い状況を体験してみて不思議に思いました。

お腹は重いが疲れを感じることはないという現実に対して、お腹は軽やかなのに全身に力が入らないという現実もありました。

 

単に身体が慣れていなかったからだと思っていますが、その大きなギャップには驚いてしまいました。

身体にとってはどっちが好ましいのかは、実感してみて明らかに軽やかで1食を十分に味わえる状態のほうだと思うのです。

 

また時間的にも精神的にも1食の時はゆとりの感じ方が断然違っていました。

ぜひとも1日1食を定着させたいという思いは強く、今のところやってみる以外に選択の余地はないようです。

 

1日1食体験記14~お昼を多めに摂ってみる

小倉重成さんの「1日1食健康法」には、1食に切り替えて辛いのは3~7日間ぐらいだと書かれていました。

徐々に少なくして行くのであれば、あるいはそんなに辛い体験をしなくて済みそうかもしれません。

 

今回のいきなり1食に切り替え大変な体験をしたことを踏まえ、また1週間ぐらい耐える覚悟で再度1日1食に挑戦して行こうと思います。

ただ、食べたいとは思わなくなるまでは、どうしても食べたい時には食べても構わないことにしてストレスを溜めないように気をつけます。

 

1日1食に行き着くまでの過程も存分に楽しんで行こうと思うのです。

 

1日1食体験記13~少量の昼食で乗り切る

 

ほぼ以前の1日2食の形に戻しましたが、わずかでも1日1食の体験を経た後なので2食は通過点としてとらえています。

これまでは食べるのが当たり前でしたが、今はいずれ食べなくて大丈夫だと思って食べているのです。

 

いつでも食べないことを選べる自由を持ちながら食べていると、かえって食べものというものが尊く有り難いものに思えます。

前よりも食べることを楽しめるようにもなり、1日1食に向けてじっくり歩んで行くプロセスととらえており、何のこだわりもないのです。

 

食べなくても生きておられる人たちの存在が大きな支えになっています。

1日1食でも、食べなくてもいいんだとわかり、とても楽になったのです。

 

準備を終えて本番を生きる

 

ひょっとして、一生を準備だけで終わってしまうこともあり得ました。

幸い自分の人生を生き始めてから、生きている間に準備期間を終わらせるタイミングにも出合えたことは有りがたいことです。

 

なぜ自分は今それをしているのかと絶えず意識することと、そのことに気づくということがなければ、今の自分はなかったと思います。

残念なことに周りの人のほとんどが、本番を生きずに準備としての人生を送っており、その現状を変えたくてこうして毎日動画を撮っています。

 

世の中が何かおかしいと感じていても、これまで通りの生き方をズルズルと続けている人が大半ではないかと思います。

その状況を変えるには、自分を変えて行く以外に道がないことに気づいて欲しくて、私も出来る限りのことをやって行こうと覚悟を決めました。