「コントロール」タグアーカイブ

ありのままを受け取る

 

物事そのものには良い悪いはないということをよく耳にしますが、実際そのように心から思っている人はあまりいないのではないかと思います。

普段からこうあって欲しいという思いで過ごしているため、少しでもそれにそぐわない出来事に出合うと認めたくないのです。

 

そうあって欲しいと思うことと意図することの違いがわかればまた違った人生を歩めるように思います。

まずはコントロールすることを手放して、ありのままを受け取れる自分になることです。

 

 

うちに宿る力

 

自分の中に、ある力というものを感じるときがありました。自分にはその力こそが、自分のすべてであるような気がしました。

自分とは何だろうか、その力のことなのだろうかと思いました。

 

例えば物を見ている自分や考えている自分とは、物でもなく考えでもなくて、この肉体でもないということはわかります。

自分がここにいることは確かなのですが、見えず聞こえず触れることもできないそれは、自由に動かせる肉体を通して存在を示すことはできるのです。

 

車を運転しているとき、ふと気づいたことがあります。自分の車をどうのように運転するかは、自分で自由に出来ます。

しかし前を走っている車は、自分で自由に出来るものではないという、ごく当たり前のことをつい忘れるものです。

 

自分がどんなに急いでいたとしても、それは前の車や周りには全く関係のないことであるのに、道を譲ってくれないことにイライラし、不平不満をぶちまけるのです。

自分で自由にコントロール出来るものと、そうでないものとを識別することさえ、いまだ出来ていないということです。

これは元はといえば、自分の原動力の源である、ある力に気づいていないから、こういうことが起きるのだとわかったのです。