「やり続ける」タグアーカイブ

尿健康法 その後5

 

暑い日が続いたので先日、尿塗布する代わりに、出た尿をその都度、全部飲むようにしてみました。

合計すると500ml以上はあったと思いますが、すべて飲めました。

そしてその日、一日中、体調がすこぶるいい感じがしていました。

 

今では尿は塗るか、または飲むものであって、とてもトイレに捨てる気にはなれません。

それに常飲しているからかもしれませんが、尿が汚いものだとは到底、思えません。

 

かといって山田鷹夫さんが行われているような2時間以上かけて尿塗布する気にはなれません。

私の場合は一日一度だけの全身塗布です。

 

石鹸やシャンプーなどを使わずとも、肌はすべすべしています。

肌や頭のかゆみの原因は石鹸、シャンプーにあったと思っています。

 

そして毎朝、コップ一杯の尿を飲んで、飲み物にも尿を入れて飲むようにする。

たったこれだけのことで、快眠快便に恵まれています。

 

もし健康にすぐれない方がおられたら、試してみてください。

一週間あるいは三日間、毎朝尿を飲み、毎日尿塗布を行ってみることです。

 

それと一日三食とっておられたら、一日二食にしてみてください(一日二食の方は、一日一食に)。

食べ過ぎが原因で、体調不良になったり情緒不安定におちいったりするものです。

また食事の回数を減らした場合に、ぜひやっていただきたいことは、一口ごとに50回以上は噛むことです。

 

これまでの習慣を少しずつ変える努力を惜しまないでください。

 

口ぐせ「私はやり遂げる」

 

「やり遂げる」のは、何か?

それを決めなければ、目の前に起きていることをやり遂げる結果になってしまう。

 

また 「私はやり遂げる」という言葉では、単なる思い込みで終わることに気づきました。

「私はやり遂げる」ではなく、「私はやり遂げている」という自分の状態を表すようにしました。

 

で、何をやり遂げているのか?

ひとつに、心に絵を描き続けること

ふたつに、自分の内なる力を信頼すること

そして、真剣さを保つこと

この3つをやり遂げている自分です。

 

しかし、一度にひとつしかイメージ出来ないことを知ります。

だったら、心に絵を描き続けることしかありません。

どこまでも自分を信じて、真剣に絵を描き続けることだけです。

 

「私はやり遂げている」

 

 

口ぐせ「夢を実現する」

 

今回の口ぐせは、「夢を実現する」です。

「夢を実現する」と言ったとき、どんな夢なのかという問いが浮かんできます。

 

いま流通しているほとんどの食べ物には食品添加物が使われ、薬漬けの食品であふれている現状を憂い、何とか変えたい思いがありました。

それで、安心して食べられる食べ物が流通する社会に生まれ変わった状況を想像しました。

 

それを描いながら「夢を実現する」をくり返していると、いつの間にか「夢は実現する」に変わっていました。

さらに「私の夢は実現する」「夢は叶う」というときもありました。

 

好ましい状況と好ましい言葉で自分を満たすことの意味が少しずつ見えてきたように思います。

望むことを言葉にしたり、頭に思い描いたり、こうして書くことで、、それが起こる可能性を増しているのです。

とにかく否定的な思いが入る余地をなくすことだけでも、望んだことが実現する確率は上がるということです。

 

また自分だけで実現しようとしなくても、夢は自然と叶うようになっているという心境になってきます。

まわりがその夢の実現に向けて、動き出すようになるものだと、その言葉は教えてくれていました。

私は夢を描き続け、言葉にし、そのために必要だと思うことをすべてやって行くだけでよかったのです。

とにかく、あきらめないでやり続けることだけだったのです。

 

困ったことの具体例

本当にやりたいことをやり遂げるためには、それ以外のことは極力見送る必要があります。

今回、動画で取り上げた例では、見送っていいと判断したことであっても状況によって誠実にやりこなすことが妥当だったケースです。

本質の部分に全力投球するということは、その他のことについては簡単に済まそうと考えることでもあります。
続きを読む 困ったことの具体例

人生を何のために生きるのか

ジョン・キム氏の『時間に支配されない人生』を読みはじめて得るものが多く、
この著者との出合いにとても感謝しています。

特に、人生で何を一番大切にするのか?人生は何のためにあるのか?が
自分の中ではっきりと見えてきたことで迷いが激減しました。

私は社会人となる20代の頃から、もっと自分を高めたいという思いにかられ、
自己啓発に関することを調べたり自分で研修に参加してみたりしていました。

いろいろなアイデアや考え方などを取り入れたりして試行錯誤してきましたが、
これまで満足のいく結果はなかなか得られずにいました。

例えば、発言する場で考えがまとまらずうまく言えなかったり、大事なところで
やるべきことをやれなかったり、場違いなことをしたりして、そのたびに自分の
未熟さというものを思い知るのでした。

いまの私であれば、仮に発言する場がめぐってきても無理に何か言う必要はないし、
やるべきと思ったことが誤りで、やらなかったことが正解だったかも知れないと
とらえます。

当時は見る視界や考えたりする世界がせまくて、見えなかったり考えられなかった
だけなのです。

もちろん、いまも限界のある視野や考え方をしている点では変わらないのですが、
それを自覚しつつ少しでも広げていくこと、成長する努力を続けたいと思うのです。