「さぼる役」タグアーカイブ

役を演じているだけ

 

人はその人の役割を演じている、とはどういうことかといいますと、自分の人生において他の人々はすべて、ある役を担って登場しているということです。

そう考えると、さぼる役をやっている人に、さぼっている点について、とやかく言ったり、止めさせようとするのはおかしなことです。

 

なぜその人はさぼっているのか、その理由を理解した上で対策を講じればいいのです。

大切なことは自分がどうすればいいのか、自分に出来ることは何かに焦点を当てて、自分の役をこなすことに専念することだと思います。

 

集団で何かをやる時、必ず頑張る人と普通の人とさぼる人が出てきて、それぞれがその役を演じると言われています。

みんなに何かを頼んだ時、やらない人がいるのです。

仮に、そのやらない人を排除したとしても、だれか別の人が代わりにやらなくなるだけです。

 

ですので、やらない人を非難したり、やらせられない自分をせめる必要もなく、やらない人に対して自分はどんなサービスができるか、考えて行けばいいのです。

その場その場で、自分の役割は何なのかを念頭において、その役割を演じ続けていくことが重要ではないでしょうか。