「自己を表現」カテゴリーアーカイブ

自分は何者であるか

 

1999年に『神との対話』と出会い、スピリチュアルな世界を知りました。

はじめてこの本を読んで、自分というものについての理解が格段に深まりました。

 

再度、読みはじめてみると、また新たな氣づきが次々と生まれて来るのです。

例えば「非難せずに、すべてを祝福するように」とあります。

 

なぜなら、どんなことも必要があって、自分が創造したことでもあるからです。

このすべては自分に帰着するという考え方は、当初は受け入れがたいものでした。

 

しかし嫌なことを拒絶するより、一旦受け入れてから手放すほうがスムーズに行くことから

大きな自分の一部として、どんなものでも受け入れる余裕が生まれたのです。

 

この人生での目的の一つが、肉体を持っている間に自分らしさを十分に表現して

より自分にふさわしい存在になることだったのです。

 

だから何かをするということは、自分が何であるかを指し示すためなのです。

宇宙に向かって自分というものは、こうなんだと宣言しているようなものです。

 

また何かをしないということも、それは自分にとってふさわしくないのだと

言っていることでもあるのです。

 

では何かを変えるには、どうすればいいのでしょうか。

現状をそのまま受け入れ、すべては一体であることを認めることから始まります。

そして、より自分にふさわしいものを選び直すだけでいいのです。

 

このとき自分は失敗したとか間違ったとか、考えたりしないことです。

今までと違う選択をするだけの話で、別の道を選び直して進めばいいのです。

決して過去に心を奪われることなく、未来を案ずることもまったく不要です。

 

常にいま、こうありたいと願う自分を創造し続けるのみです。

こうして自己の枠をどんどん押し広げ、その枠を取っ払うことにつながります。

 

 

やり続けるには他を捨てる

 

大事だと思ってやり始めたことも、いつの間にかやめてしまうケースがほとんどです。

果たしてこれで良いのかと初心を疑い、あれこれと考え過ぎてしまうからでした。

 

保江邦夫著の「人を見たら神様と思え」に、人を活かす処世術について詳しく書かれいます。

その中で、下僕になることへの興味深い内容が伝わって来たときは、思わず身震いするほどでした。

判断や私心をいっさい挟まずに「言われたことをその通りに行動し続ける」ことで、右脳的人間へと変われるのです。

 

決めたことを延々とやり続ける上でも、大変参考になるものでした。

また、せっかく素晴らしい閃きやアイデアが浮かんで来ても、それを無視したり見逃したりしがちです。

一にも二にも「まず行動する」そして、それを「やり通す」

これが出来るようになれば、望む成果は自ずと現われて来るのです。

 

特に身体を動かすことの重要性には、注目する必要があります。

儀式のように、何か型通りの運動か動作を毎日決まった時間にやり続けてみることです。

そのときは何も考えずに、ただそれに集中するだけです。

 

これからは、いかに考えずにやり続けられるか、がキーワードになりそうです。

頭を空っぽにする時間を増やすことに意識を向けることです。

但し、テレビをみることや身元がはっきりしない情報などには、距離を置いて避けるようにします。

 

 

 

夢があるからこそ行動できる

 

苫米地英人さんの「立読みしなさい」を読みはじめました。

大切なことを3つ学ばせていただきました。

 

1つは、夢をもつことで新たな行動が生まれる、そのことにやっと氣づけたことです。

また夢に向かって自分の能力が引き出され、ゴール設定は自己成長にとって大切だということです。

 

2つ目は、意外にも今の生活に満足し、居心地よく思っていたことに氣づけたことです。

夢に手がつけられず自分が変われない原因は、この現状維持機能が働いていたためでした。

夢は現状の外側にあったからです。

 

3つ目が、これまで実績がなく自信がもてなかったことも、自分に自信さえ持てれば、いい結果が生まれるということです。

成功の秘訣は、何の根拠がなくても自分自身を高く評価して、自分の可能性を信じきることだったのです。

いい結果が出せたから自信が持てるというのは間違っており、そうではなく逆だったのです。

 

思うように行かないのは、すべて自分の努力が足りないからだと思っていましたが、根本的に間違っていました。

本当にやりたいことは、もう既に勝手にやっているものだったのです。

ゴール設定に際しては、ここをよく注意する必要がありました。

 

人に出来たことは、自分にも必ず出来る!出来ないはずがない。

とにかく自信をまず持つことの重要性は、計り知れないほど大きいことにも氣づかせていただきました。

とても素晴らしい本に出合えました。

 

 

「心の声」に気づく

 

C・ジェームス・ジェンセン著の

「潜在意識を とことん 使いこなす」

に次の一節があります。

 

――――――――――――

「心の声」とは、

あなたの頭の中で

のべつまくなしに

おしゃべりをつづける

小さな声のことだ

――――――――――――

 

これを読んだ瞬間、

なぜ自分は

いつも同じパターンに

おちいるのか、

それがやっとわかりました。

 

建設的なことを考えていても、

「変わりっこないなー」とか

「ついて行けないな―」などと、

 

心の片隅で

打ち消す言葉を

つぶやいていたことです。

 

注意すべきことは、

そういう「心の声」が

気づかないところで

一日中、絶え間なく

ささやいている事実です。

 

人は、日に何と

40,000コ以上の言葉を

心のなかで

自分に語りかけている

といいます。

 

しかも、その内容は

ほとんどが

否定的なことが多いという事実。

 

新しい考えやアイデアに

出合ったとしても、

翌日には完全に忘れ去っており、

元の状態に戻っているのです。

 

心の奥で

変わりたくないという

自己維持本能

が働いているからです。

 

その壁を突き崩すところまで

行かないと、

いつまでも自分は変われない

ことがわかったのです。

 

また、

この「心の声」に関しては

希望のもてる面もありました。

 

――――――――――――

このおしゃべりには、

潜在意識への働きかけや

指示の意味もあると

知っておくことが重要だ

‥‥

幸いにも

私たちは一度に

一つのことしか

考えられないので

思考をコントロールすることが

可能なのだ

――――――――――――

と言います。

 

自己暗示というアファメーションを

うまく使って行けば、

心の壁を突き崩すことができ

活気ある思考に

置き換えていけるのです。

 

例えば、

「私は最高の人生を求め、

自分にとって最高のものを

引き寄せます」

これをわたしは毎日、朝晩

唱え始めたのです。

 

 

「ブログで公開する」メリット

 

昨日、イケダハヤトさんの著書

「武器としての書く技術」

を読んで得られたことを書きました。

 

そこで自分なりに改めて、

ブログで公開することのメリットを考えてみました。

以前、毎日書き続けたときのことを思い出しながら

上げてみます。

 

最も大きなメリットは、

読まれることを前提で書いて行くことで、

自分の考えが整理できるというものです。

 

ただ考えているだけだと

堂々巡りにおちいったり、

面倒になって

途中で考えるのをやめてしまいがちでした。

 

2つめのメリットとして、

普段の生活のどんなことにでも

問題意識をもつようになることです。

 

書く内容を常に探している状態にあるので、

ちょっとしたことにも気づきが生まれる

ということがよくあります。

 

3つめは、

考えが文章として目に見える形になっているので、

そこから更に深く考えるクセがつくことです。

 

4つめとして、

書き続けているだけで1日中、

とても充実した気分でいられるのも大きなメリットです。

 

そのほかに、

ある目的意識をもっている状態にあるので、

周りに振り回されることが

少なくなっている自分に気づきます。

 

「続ける」という行為が

いかに大きな力を持っているのか、

それをヒシヒシと感じる時が訪れます。

 

また、迷ったり悩んだりすることや

無駄な時間を過ごすことも、

ほとんどなくなっていることも副産物としてあります。

 

以上のようなメリットを、

また再現させて体験して行けるので、

とても楽しみです。