「自己信頼」カテゴリーアーカイブ

自己を信頼 自分自身をもっと知る

自分を信じるには?

 

自分を信じるには、どうすればいいのか?

西田文郎さんの本『No.1メンタルトレーニング』のあとがきには

次のように記されています。

 

答えはひとつしかありません。

私たちは、まわりの人を信じるとき、はじめて自分を信じられるのです。

自分のことは信じられないけれど、他人を信じた自分のことは信じられる。

 

だから、人を信じられなくなったとき、自分も信じられず何を信じていいか、わからなくなってしまうのだと思います。

 

一方では、むやみに人を信じてはならない、という戒めもあります。

これも真実だと思うのです。

先の「人を信じる」とは、その人の上辺でなく奥にある「本質を信じる」ということではないか、と私はとらえています。

このことは自分自身にも当てはまります。

 

あれこれと迷っている表層の、相手ないし自分に、意識を向けるのではなく、もっとも奥深くにある本質の部分に目を向けることです。

「まわりの人を信じる自分」こそが、本質の自分だと知っているから、自分は信じられるのだと思うのです。

 

そうすると、自他を分ける境界もなくなってきて、すべてを自分だと思えてくるから、自分を信じ切れるのだと思います。

 

他人を信じた自分のことは信じられる。

これはひとりでは生きられない、人間という動物の感情脳に埋め込まれた法則です。

 

と、西田文郎さんは書かれています。

 

つまり自分ひとりでは、本来の自分を信じることができないということです。

なぜなら自分の一部で、本来の自分を推し量ることはできないからだと思うのです。

 

 

 

 

人はそれぞれだと悟ること

人はそれぞれ、自分のやりたいようにして生きている。

そのことに、つくづく感じ入っています。

 

それはどういう意味かと言いますと、

例えば私は添加物の入った食べ物は、極力口にしないように心がけています。

ところがいちばん身近な家族の中にあっても、添加物の入った食べ物を買って食べています。

添加物の害については、これまで言って来たことなので、今さら改めて言うつもりはありません。

そして相手のどんな選択も尊重するようになった自分に気づくのです。

 

自分がどんなにいいことを知り、学んだことでも、それがそのままほかの人にとって、いいことだとは限らないからです。

結局、人は自分が良かれと思うことしか受け入れられないということに
やっと気がついたということです。

たとえ、どんないい話であっても、その人にそれを受け容れるだけの準備ができていなければ、なんの役にも立たないことです。

 

人の問題に関心をもつとしても、決して深入りしてはならないということ
です。

当たり前のことですが、その人の問題は、その人自身にしか解決できないということです。

他人はその人の、その選択を尊重しなければいけないのです。

 

それよりも自分にできることは、自分の問題にもっと目を向けることであり、それに専念することだけなのです。

人の問題に関心はもつとしても、少しは参考にしてもらえればいいや、
ぐらいの気持ちで情報を伝えれば、ちょうどいいのです。

 

 

 

敢えてやれる自分を経験中

 

「これだけは、やりたくない」とか

「そこまでして、やりたくはない」

と、思っていたことを『敢えてやる!』

そんな体験を、実は3日前から始めました。

 

以前にも、『絶対やりたくないこと』をやったことがあります。

だから今回もできることは、わかっていました。

そして実際やり始めてみて、大きな思い込みを、これでまた1つ、くつがえせたことに喜びを感じています。

 

自分を変える方法のひとつとして、やったことのない分野に思い切って飛び込むことだったのです。

 

しかも一番やりたくない分野を選べば、その効果も大きいということです。

 

何とか変えたいと思うところをかかえ、いまの自分には、大なたを振るうやり方がめっぽう気に入っています。

 

自分をよりよく知るためにも、新しいことに挑戦することの意味を噛みしめているところです。

 

一体どんなことをやり始めたのか?

1ヶ月やり続けた後で、改めて詳しく書き記してみますので、チャレンジ内容については、しばらく待っていただきたい。

 

ただ一言だけ言ってしまうと、それは、誰もが驚くであろうことであり、やらないことだと言っていいでしょう。

 

逆に言えば、そういうことを敢えて選ばなければ、大きな効果は期待できないということです。

そうでなければ、やってみる価値すら得られないのです。

 

みんなの反対を行く覚悟がなければ、いつまで経っても自分や状況も永久に変わらないことだけは、確かだと言えます。

 

 

 

ひとつのことだけを考える

 

ラニー・バッシャム&藤井優『メンタル・マネジメント』から、

今回は

意識の第一原則

意識は一度に一つのことしか考えられない

を取り上げます。

 

これは逆に言えば、一つのことを考え続ければいいということです。

 

普通に生活していると、毎日いろいろな問題が身に降りかかって来て、どうしてもあれこれと考えてしまうものです。

ですから、一つのことを考えている時間も、気持ちの余裕も持てないものです。

しかし、そこを何としてでも、あらかじめ決めたテーマなり、問題を一貫して考えるようにするのです。

 

一時的に忘れたり、できないときもあっても、すぐに一つのことに戻って考え続けるのです。

やってみれば、思っていたよりも難しくないことに気がつきます。

これまで口ぐせで、ひとつの言葉を追いかけて来たからかもしれません。

 

この意識の第一原則をうまく活用すれば、歯を食いしばらなくても、集中して継続することは容易になります。

一つのことだけを考え続け、それをやり続けるということです。

 

このとき注意しなければいけないのは、望むことだけを考え、物事を肯定的に受け取るということです。

すべてが上手く行っていることに、気づいていることが重要です。

自分の人生に、限りない信頼を寄せ続けることでもあるのです。

なぜなら最終目標に行き着くことは、ほぼ決定しているからです。

 

 

 

口ぐせ「私はやり遂げる」

 

「やり遂げる」のは、何か?

それを決めなければ、目の前に起きていることをやり遂げる結果になってしまう。

 

また 「私はやり遂げる」という言葉では、単なる思い込みで終わることに気づきました。

「私はやり遂げる」ではなく、「私はやり遂げている」という自分の状態を表すようにしました。

 

で、何をやり遂げているのか?

ひとつに、心に絵を描き続けること

ふたつに、自分の内なる力を信頼すること

そして、真剣さを保つこと

この3つをやり遂げている自分です。

 

しかし、一度にひとつしかイメージ出来ないことを知ります。

だったら、心に絵を描き続けることしかありません。

どこまでも自分を信じて、真剣に絵を描き続けることだけです。

 

「私はやり遂げている」

 

 

口ぐせ「夢を実現する」

 

今回の口ぐせは、「夢を実現する」です。

「夢を実現する」と言ったとき、どんな夢なのかという問いが浮かんできます。

 

いま流通しているほとんどの食べ物には食品添加物が使われ、薬漬けの食品であふれている現状を憂い、何とか変えたい思いがありました。

それで、安心して食べられる食べ物が流通する社会に生まれ変わった状況を想像しました。

 

それを描いながら「夢を実現する」をくり返していると、いつの間にか「夢は実現する」に変わっていました。

さらに「私の夢は実現する」「夢は叶う」というときもありました。

 

好ましい状況と好ましい言葉で自分を満たすことの意味が少しずつ見えてきたように思います。

望むことを言葉にしたり、頭に思い描いたり、こうして書くことで、、それが起こる可能性を増しているのです。

とにかく否定的な思いが入る余地をなくすことだけでも、望んだことが実現する確率は上がるということです。

 

また自分だけで実現しようとしなくても、夢は自然と叶うようになっているという心境になってきます。

まわりがその夢の実現に向けて、動き出すようになるものだと、その言葉は教えてくれていました。

私は夢を描き続け、言葉にし、そのために必要だと思うことをすべてやって行くだけでよかったのです。

とにかく、あきらめないでやり続けることだけだったのです。

 

口ぐせ「私はできる」

 

今回の口ぐせは、「私はできる」

日々、特定の口ぐせを行うようになって、弱気になったり、つまらないことを考えなくなった自分に気づきます。

顔も引き締まり、腰も心もしっかりと座った感じがします。

 

いったい、私に何ができるというのか?

私という人間が、どんなことでもできる、可能性をもった存在だということです。

未知の、無限の可能性をもつ存在なのです。

そういうことを自分に絶えず言い聞かせることが、とても重要だと認識できるようになりました。

 

もし、口ぐせをしなくなったら、あらゆる不安材料や否定的なことが心の隙間に、忍び寄ってくることが予想できます。

いままでずっと、そんな状態で過ごしてきたから、わかるのです。

 

肯定的な言葉を言い続けて行けば、いい結果が出ることはわかっていても、これまで行動が伴わなかったのです。

しかし、この数日間、口ぐせを続けて、やればできることを実感できるところまで来れました。

 

口ぐせで、ほかの余計なことを考えなくなったのが、一番の収穫です。

思考することを止めることはできないので、ひとつの言葉で思考を満たせばよかったのです。

それが口ぐせです。

だから、迷うことがほとんどなくなり、作業にさっさと取りかかれて、そのものに没頭できるようになったのです。

 

口ぐせの効用は、これからもっといろいろと出てくるような気がします。

何だって私にはできるのです。

それを打ち消すような言葉に、隙を与えさえしなければ、大丈夫です。

私はできる!

私はできる!のです。

 

 

口ぐせ「信じています」

 

私が口ぐせとして、「信じています」と言うとき、それは誰に向けて言っているのでしょうか?

実際に口ぐせしてみれば、誰に言っているのか、すぐわかります。

それは、いまの自分自身に対して、言われていることに気づきます。

 

更にまた、それは誰が言っているのか、それもわかって来ます。

もちろん自分が言っているといえば、確かにそうかもしれません。

しかし敢えて言えば、いまの自分ではないのです。

 

それは未来の自分、あるいは本当の自分が言わしめている言葉でもあったのです。

思い起こしてみれば、すぐ納得できることです。

例えば、自分が大変な思いをして、何か大きな困難を切り抜けたときのことを思い出せばいいのです。

そのとき、必ず何らかの励ましの言葉が聞こえていたはずなのです。

「大丈夫!」とか「もう少しだ!」「頑張ろう!」

そういう言葉が、自然と出ていたはずです。

 

反対に乗りきれなかったときというのは、そんな言葉がいっさい出てこなかったからだと言えます。

代わりに、こんな言葉が思わず出てきたはずです。

「‥もう✕✕だ」

 

だから、自分にかけて欲しい言葉を、いかに普段から自ら言葉にするかが、とても大切だということです。

そのためには口ぐせとして、それを発するように練習すれば、やがてその言葉は自分に返ってくるようになるのです。

 

私はこうしたことをもっと知りたくて、これからも口ぐせは続けていきます。