「自分を磨く」カテゴリーアーカイブ

人は人によって磨かれる

成果は、やって来るもの

成果は字のごとく時間をかけて育ち、成っていくものだと思います。短時間でそれを得ようとしても実らない結果しか手に出来ません。

でも逆に時間をかけるからこそ、自分独自の味も出せ誰にも真似のできないものが生まれるのだと思います。

 

また時間がかかることで、その間で必然的に忍耐力が養われ、またじっくり道中を楽しむ余裕も出てくるのです。

積み上がっている実感があるから、そういったことが言えるのですが、ともかく何でもいいので「まずはやってみること、そしてやり続けること」です。

そうすれば誰も実感が持てると思います。成果は、やって来るもの!だったのです。

 

 

人生を変える、たった一言

 

やっと自分の子どもが独り立ちをしたような気持ちで、自分自身を眺めることもできます。

それまでやって来たこと、一見ムダのように思えることも、いまに至るために必要な過程であったことがようやくわかりました。

 

うまく行くために、どうしてもたくさんのムダがなくてはならないのです。ムダなことを散々やってから、はじめて真理に近づけるのだと思います。

人生を変える一言に出合ったのも、それまでにムダと思えるようなことを積み重ねて来たからでした。

 

しかし、それらがホントにムダかというとそうでもないのです。それまで役に立たなかったことが、これから生きる時が来るということです。

結局のところ、やったことやこれからやることもすべて未来のための準備だということが言えると思います。

 

 

アフィリエイトできました

 

全くなにもわからずに、ただ心からお薦めしたい合宿セミナーのことをお伝えさせていただきました。

そして、それを受け取っていただいた方がおられましたので、私もアフィリエイトができたということでありました。

 

その後、わかったことですがアフィリエイトのような情報紹介のビジネスは奥が深くて、また昔からおこなわれていた手法だということです。

何のビジネスでも同じですが、それが功を奏するかどうかは、扱う情報の質やマインド(心の持ち方)そしてやり方次第だということでした。

 

特にマインドの部分が大きいと思います。どんな行動を起こすのか要(かなめ)になり、ここさえ抑えればやり方のレベルも必然的に上がっていき、実が身に付き始めます。

 

 

内なる心は私を動かす最大の力

 

はじめになぜこうして動画を撮り記事を書き続けているのかをお話したいと思います。私には世の中に何か役立つことをしたいという思いが常にありました。

それでこのウェブサイトにこれまで私が経験したことや知っていることを惜しまず提供することで人の役に立てるのではないかと思ったからです。

 

ネットで本当に必要な情報を得ようとしてもなかなか見つからないことがあります。今あるサイトのほとんどは1番知りたい情報や大事なことが伏せられて売るためだけの情報であふれているように思います。

そんな現状を変えたいというのが一番の理由ですが、実はそのように思ったきっかけがあります。ある調べものをしていた時に包み隠さずに情報を提供しているサイトに出合ったのです。

 

無償で情報発信しているその姿勢とサイト内容に感動して、私もその方から重要な考え方を学んで、自分の出来る分野で有益と思う情報を提供し続けることが自分の役目だと自覚しました。

以上のような想いで日々書き綴っていますが、日ごとにその思い入れを益々強く感じています。

 

 

偉大であることは誤解されること

自分にとって偉大であるとはどういうことかと思いめぐらせると、やれそうもないことをやり遂げることだったり、途方も無いことをやり遂げたというイメージが浮かびました。

これまで自分には偉大ということには全く縁がない人間だと思っていました。

しかし凡人でもひょっとして偉大なことをなし得るのは可能かもしれないと思えるようになりました。

例えばどんな小さなことでもそれをやり続ける、これを確実に行なうだけで気がついたら大変なことをやっていたとわかる日が来るのかもしれません。

もちろんこれはまだ憶測ですが自分で試してみる価値はあると思ってやっているところです。

 

 

価値とお金の循環

 

すべてのビジネスは、お金を払い必要な価値(情報)や価値を産み出すものを受け取り、

それをさらに質の高い価値を付け加えたり新たな価値をつくり出し、それを適切な方法で提供、販売してお金を受け取るという、こうした見方もできます。

価値のある情報を提供し続けることで新しいお金の流れをつくり、お金が流れることによって、また斬新なアイデアや情報などが集まり次の展開が加速していきます。

 

 

好きなことをして生活できる社会

好きでもないことをしなければ生活できない、そういう社会というのはいずれは破綻する運命にあり長続きしない社会です。

今の社会は幸福でない人たちであふれ、どっちかというとこのような社会構造になっているように思います。

 

でも今の社会でも幸福になるチャンスというものが全く無いわけではなく、ある意味では誰にも与えられているのですが、それをチャンスとみるかどうか、

またそのチャンスを選ぶかどうかの自由だけが与えられているに過ぎないので、そのことすら気がつかない人が大半だということです。

 

 

ネット上に分身を置くとは

 

リアルの今の自分と理想の自分とをつなぐ架け橋のような存在を
ネット上で作りあげ、それが本当の自分だといえるものにしたい
ということです。

今の自分の好ましいところやそうでないところもあってよくリア
ルの世界では成し得ない失敗、成功体験を数多く積んで行きたい
と思います。

 

特に失敗体験はネット上だと取り返しがつかないのではないかと
いう恐れにビビってしまいそうになりますが、その原因のほとん
どは誤って受け取ることに起因していますので

きちんと伝わるように細心の注意を払うと同時にくどいぐらいに
説明書きを添えたり何度も言葉を変えて伝える必要があるように
思います。

 

いずれにしても常に自分の行っていることや発信する内容に充分
気を配ること。

また自分のことを一番わかっていないのは自分なんだということ
は、自分のことを書いているとよく分かります。

そういう意味で自分の分身を置くというのは自分をより深く知る
ことにもなります。