「自分を磨く」カテゴリーアーカイブ

人は人によって磨かれる

偉大であることは誤解されること

自分にとって偉大であるとはどういうことかと思いめぐらせると、やれそうもないことをやり遂げることだったり、途方も無いことをやり遂げたというイメージが浮かびました。

これまで自分には偉大ということには全く縁がない人間だと思っていました。

しかし凡人でもひょっとして偉大なことをなし得るのは可能かもしれないと思えるようになりました。

例えばどんな小さなことでもそれをやり続ける、これを確実に行なうだけで気がついたら大変なことをやっていたとわかる日が来るのかもしれません。

もちろんこれはまだ憶測ですが自分で試してみる価値はあると思ってやっているところです。

 

 

価値とお金の循環

 

すべてのビジネスは、お金を払い必要な価値(情報)や価値を産み出すものを受け取り、

それをさらに質の高い価値を付け加えたり新たな価値をつくり出し、それを適切な方法で提供、販売してお金を受け取るという、こうした見方もできます。

価値のある情報を提供し続けることで新しいお金の流れをつくり、お金が流れることによって、また斬新なアイデアや情報などが集まり次の展開が加速していきます。

 

 

好きなことをして生活できる社会

好きでもないことをしなければ生活できない、そういう社会というのはいずれは破綻する運命にあり長続きしない社会です。

今の社会は幸福でない人たちであふれ、どっちかというとこのような社会構造になっているように思います。

 

でも今の社会でも幸福になるチャンスというものが全く無いわけではなく、ある意味では誰にも与えられているのですが、それをチャンスとみるかどうか、

またそのチャンスを選ぶかどうかの自由だけが与えられているに過ぎないので、そのことすら気がつかない人が大半だということです。

 

 

ネット上に分身を置くとは

 

リアルの今の自分と理想の自分とをつなぐ架け橋のような存在を
ネット上で作りあげ、それが本当の自分だといえるものにしたい
ということです。

今の自分の好ましいところやそうでないところもあってよくリア
ルの世界では成し得ない失敗、成功体験を数多く積んで行きたい
と思います。

 

特に失敗体験はネット上だと取り返しがつかないのではないかと
いう恐れにビビってしまいそうになりますが、その原因のほとん
どは誤って受け取ることに起因していますので

きちんと伝わるように細心の注意を払うと同時にくどいぐらいに
説明書きを添えたり何度も言葉を変えて伝える必要があるように
思います。

 

いずれにしても常に自分の行っていることや発信する内容に充分
気を配ること。

また自分のことを一番わかっていないのは自分なんだということ
は、自分のことを書いているとよく分かります。

そういう意味で自分の分身を置くというのは自分をより深く知る
ことにもなります。

 

 

ネットで通じ合える

動画ではネットでの取り組みについて伝えていますが、ネット上で出来ることとリアルで出来ることでは、それぞれ長所短所があってその得意とするところを活用することです。

ネット上での最大の利点は一度に多くの人とつながれる点であり、リアルでの一番の利点は対面であり個別対応だと思います。

リアルとネットを両方やる必要はないかも知れませんがうまく組み合わせれば最大の効果が得られるのではないかということです。

 

 

米粉で新しいお客さんをゲットする

 

米の消費を拡大する事業に関わっていましたので、米粉を使ってもらえるお好み焼き屋さんへ行って実際、食べてみることとお店の人の意見や評判などを伺いました。

さすがに米粉100%は難しいということで小麦粉を混ぜての試作でした。

普通の小麦粉だけのものと食べ比べてみましたら、米粉が入ったいるのはモチっとした感触で腹持ちがいいように感じました。

 

小麦粉だけのはそういった食感はなく、すっと食べられてしまう感じでした。味の方はそんなに変わらない印象でした。

お店の人は米粉の粒子が荒いので、ほかの材料と馴染みにくいと言われ、バラつくのも商品としてはまだチョットということでした。

ヘルシーであることや地元産の野菜なども使って地元色を打ち出して、店頭にノボリなど立て新しいお客さんを呼び込んではどうか。

 

商売を長くやっているとどうしてもマンネリになりお客さんも自然と減って行ってしまうのは仕方のないことかもしれませんが、

新しい発想で新しいお客さんを呼び込んで行かなくては商売を続けていけないことは当のお店の人が一番わかっておられる様子でした。

年数を感じさせる店の造りを眺め、何とか持ち直して欲しいと思いながらお店を後にしました。

好きなことに投資をする

 

あなたが好きなことをしている時は、意識していないと思いますが時間と労力をまさに投資しているのです。

それに没頭し、ただただやっているだけで知らず知らずのうちに満足と充実感や精通した知識などを様々な成果とともに手にしているのです。

そして何時間でも続けられて、しかも疲れない。

そう考えてみますと、それを仕事にすれば最強のビジネスになるのがわかると思います。