「1日1食の体験記」カテゴリーアーカイブ

からだの完璧さを味わう

 

今、つくづく身体に備わっている、その完璧さと不思議さを味わっています。

もし今、「体調はどうですか?」と聞かれたら、即座に「最高です」と言ってしまいそうです。

悩むことがなく、気になるようなこともなく、目の前のことをやっている。

ただそれだけのことですが、なぜか嬉しいのです。

 

もう少し、日常生活について書いてみます。

朝食のみの1食を基本にして、昼食はたまに食べ、夕食はとらない生活をおくっています。

それと最近は毎日、洗腸をしていますので、お腹はいつもすっきりした状態が普通になっています。

 

さらに「チベット体操」「真向法」が、ここ数ヶ月の日課になっています。きつくはないのに終わった後、汗が出ます。

そして、一週間前から始めた、極めつきのあることを取り入れたから、いい状態を継続できているのかもしれません。

 

朝の食事の内容は、パンかお餅、ご飯などに、野菜サラダや納豆ぐらいです。

あと、梨やりんごなどの果物が大好きで、時々食べます。

肉類は食べませんし、魚は小魚をたまに口にする程度です。

嗜好品として、コーヒーや豆乳ココアなどを飲んでいます。

 

自分にとって食事は栄養をとるというよりも、楽しむためにあると言ったほうがいいように思います。

栄養のバランスを考えた上、食事をしっかり取ることで、健康が維持できると聞かされてきました。

でも私の場合は、簡素な食事ほど食欲がわき、なおかつ少量で済ますことが大事なのです。

 

たぶん朝食もなくてもやっていけそうですが、食べる楽しみをしばらく続けたいので、1食だけはキープしています。

明日の早朝は、ライ麦と玄米入のパンを焼いて楽しむ予定です。

 

1日1食の体験記21~5日間、朝1食だけです

1日1食の生活をためしてみて、私にわかったことは
ものを食べるから身体が疲れ、休息が必要になるということです。

食べる量をへらすだけで、それにともなって睡眠時間もへり、
自由につかえる時間がふえて行きます。

1日のうち1食をへらすだけでも、慣れてくれば
身体はそんなに休息を必要としなくなるのです。

要するに食べなければ、身体は疲れないということです。
これは私にとって確信にちかい事実になっています。

でも食べないと身体がもたないのではないかと不安に
思われる方もおられると思います。

私も前に食べたものが、やけにお腹にたまっていると
無性に食べたくなり、食べないと身体がもたないという
気持ちにおそわれることがあるのです。

そういう時は無理をせず、素直に
何か口に入れたりしていますが、かならず残ったものをすぐ
出すように心がけています。

1日に3度も食事する生活をしていると、
いつもお腹に食べものがある状態がふつうになっており、
食べたいという思いを常に持ちつづけることになります。

お腹にいつまでも古い食べものが残らないように、
身体はつぎつぎと食べることを要求して来るのではないかと
私には思われるからです。

この状況から抜け出すためには、まず食事の量をへらして
みることが1番だと思います。

つぎにやることは、お腹に食べものをためないことで、
入れる以上に出すことにもっと注意を向けることでした。

毎日私もやっていますが、洗腸することをオススメします。
腸を水で洗浄するカンタンな洗腸機が出回っています。

1日1食の体験記20~1日1食を再開する

なぜ1日1食が定着しなかったのか、わかりました。
自分にその用意ができていなかったのです。

信念をもつとは、なし遂げたいことのためなら
どんなことも捨てる覚悟をもつことでもあります。

新しいことを定着させるには、これまでの考え方を
新しいものに変えなければならなかったのです。

それで私は1日2食もありという考え方を捨てて、
1日1食のみの生活を敢えて選択しました。

やってみると、これまでどうしてできなかったのか
不思議に思うほど容易にできています。

1日1食を再開して2日目も、難なく実践できている
のです。

ここに来て、ようやく用意が整ったからかもしれません。

1日1食の体験記19~本来の力を取りもどす

朝食は野菜スープと生サラダとパンを、
お昼は野菜をはさんだサンドウィッチなど
となっています。

この2食をとった翌朝は、お腹が重く
食べ過ぎだと感じていても
1食だけの生活に踏み切れませんでした。

しかし食べたいという思いとお腹の状態は
一致していないということがよくわかりました。

そして今回ようやく1日1食に再度チャレンジ
するときが来ました。

なぜ、やる必要があるのか、その理由をしっかり
落とし込み、その決心を固めたところです。

これからまた、その再挑戦の体験記を書いて
行こうと思います。

1日1食の体験記18~現在の状況

1日1食の体験記18~現在の状況

私がめざしていることは、食べる食べないということに、
一切こだわらなくなって、より自由になることです。

今までがあまりに食べることにとらわれていましたので、
それをまず手放すことが先決だと考えています。

身の周りやどこかに出かけたりすると、飲食に関連する商品、情報が
あふれており、手放すことは容易でないことを実感します。

だからといって食べないことに、とらわれ過ぎても、別の枠に
ハマる結果になってしまうので注意しているところです。

数十年来、私が口にして来た物は、ほとんど野菜と穀物でしたが、
それでも不都合なく過ごして来られました。

栄養のあるものを食べなくては、生命が維持できなくなる
ということは、ほぼ間違いだと思っていますので、

何も食べないても生きている人がいる、と聞いても
自然に受け留めることができたのだと思います。

食べる食べないことや何を食べるかは、その人の趣味趣向の
問題で、生きて行くには別段どちらでも支障ないように思います。

飢餓という問題は、食べなければ生きていけないという
強い思い込みが、大きな要因になっているように思います。

例えば地震などの自然災害に対して、恐怖感をいだくのは食べものが
絶たれる恐れに反応している面もあると思うのです。

食べないと生きられないという思い込みを持ったまま、食べられない
状況になったら、食料をどう確保するかは死活問題になります。

しかし逆に、食べなくても生きていけるということを知った瞬間に、
大きな安心感に包まれるのです。