「1日1食の体験記」カテゴリーアーカイブ

尿健康法に挑戦

 

途中でやめてしまった飲尿と尿塗布を再び始めました。

きっかけは久々に山田鷹夫さんの動画を見てからです。

やめてしまった理由は、体調が思わしくなかったからでした。

しかし今だから言えることですが、好転反応だったから続けるべきだったのです。

 

前回は毎朝、コップ一杯の尿を飲むことと入浴時に全身を尿塗布した後に水洗いしていました。

今回では、1日2回飲尿することと風呂を出る直前に尿塗布して洗い流さないことにしました。

 

3日前から始めてみて変わったこととしては、入浴後の身体がポカポカしてあったかいこと、朝の尿の量が多くなったことです。

また目もしっかり洗っていたことで、それまで読みにくかった本が読みやすくなったように思います。

そして前回、いつも気になっていた尿の独特なにおいが、ほとんど感じなくなったことには驚いています。

ただ肩こりがぶり返してきたり、以前に痛めた左の手の平が久々に痛むことがあり、好転反応として受け止めています。

 

今後はどんなことがあったとしても、この飲尿と尿塗布は続けて行こうと思います。

今年行われた第8回尿健康法全国大会のDVDを取り寄せて、しっかり勉強することにしました。

本では宮松宏至さんの「朝一杯のおしっこから」を読み始めました。

 

何回か飲尿すればわかることですが、尿の味は毎回違うのです。

ほとんど真水に近いときもあれば、少し味が濃いなと思うときもあり、実に様々です。

 

ところで、わたしはほぼ毎日、洗腸して腸にはなるべく食べ物をためないように心がけていました。

だからかもしれませんが、尿のキツさというものがなくて、抵抗なく飲むことができます。

どんなものを食べるか、そしてそれをどれだけ食べるのかということにも気を付けています。

1日の1食+αがすっかり定着し、それに飲尿と尿塗布が加わって、いま身体はすこぶる調子がいいようです。

洗腸に関してはその後、事情があって中止しています。

その理由の一つが、大便にもそれなりの役割があるということを知ったからです。

 

 

からだの完璧さを味わう

 

今、つくづく身体に備わっている、その完璧さと不思議さを味わっています。

もし今、「体調はどうですか?」と聞かれたら、即座に「最高です」と言ってしまいそうです。

悩むことがなく、気になるようなこともなく、目の前のことをやっている。

ただそれだけのことですが、なぜか嬉しいのです。

 

もう少し、日常生活について書いてみます。

朝食のみの1食を基本にして、昼食はたまに食べ、夕食はとらない生活をおくっています。

それと最近は毎日、洗腸をしていますので、お腹はいつもすっきりした状態が普通になっています。

 

さらに「チベット体操」「真向法」が、ここ数ヶ月の日課になっています。きつくはないのに終わった後、汗が出ます。

そして、一週間前から始めた、極めつきのあることを取り入れたから、いい状態を継続できているのかもしれません。

 

朝の食事の内容は、パンかお餅、ご飯などに、野菜サラダや納豆ぐらいです。

あと、梨やりんごなどの果物が大好きで、時々食べます。

肉類は食べませんし、魚は小魚をたまに口にする程度です。

嗜好品として、コーヒーや豆乳ココアなどを飲んでいます。

 

自分にとって食事は栄養をとるというよりも、楽しむためにあると言ったほうがいいように思います。

栄養のバランスを考えた上、食事をしっかり取ることで、健康が維持できると聞かされてきました。

でも私の場合は、簡素な食事ほど食欲がわき、なおかつ少量で済ますことが大事なのです。

 

たぶん朝食もなくてもやっていけそうですが、食べる楽しみをしばらく続けたいので、1食だけはキープしています。

明日の早朝は、ライ麦と玄米入のパンを焼いて楽しむ予定です。

 

1日1食の体験記21~5日間、朝1食だけです

1日1食の生活をためしてみて、私にわかったことは
ものを食べるから身体が疲れ、休息が必要になるということです。

食べる量をへらすだけで、それにともなって睡眠時間もへり、
自由につかえる時間がふえて行きます。

1日のうち1食をへらすだけでも、慣れてくれば
身体はそんなに休息を必要としなくなるのです。

要するに食べなければ、身体は疲れないということです。
これは私にとって確信にちかい事実になっています。

でも食べないと身体がもたないのではないかと不安に
思われる方もおられると思います。

私も前に食べたものが、やけにお腹にたまっていると
無性に食べたくなり、食べないと身体がもたないという
気持ちにおそわれることがあるのです。

そういう時は無理をせず、素直に
何か口に入れたりしていますが、かならず残ったものをすぐ
出すように心がけています。

1日に3度も食事する生活をしていると、
いつもお腹に食べものがある状態がふつうになっており、
食べたいという思いを常に持ちつづけることになります。

お腹にいつまでも古い食べものが残らないように、
身体はつぎつぎと食べることを要求して来るのではないかと
私には思われるからです。

この状況から抜け出すためには、まず食事の量をへらして
みることが1番だと思います。

つぎにやることは、お腹に食べものをためないことで、
入れる以上に出すことにもっと注意を向けることでした。

毎日私もやっていますが、洗腸することをオススメします。
腸を水で洗浄するカンタンな洗腸機が出回っています。

1日1食の体験記20~1日1食を再開する

なぜ1日1食が定着しなかったのか、わかりました。
自分にその用意ができていなかったのです。

信念をもつとは、なし遂げたいことのためなら
どんなことも捨てる覚悟をもつことでもあります。

新しいことを定着させるには、これまでの考え方を
新しいものに変えなければならなかったのです。

それで私は1日2食もありという考え方を捨てて、
1日1食のみの生活を敢えて選択しました。

やってみると、これまでどうしてできなかったのか
不思議に思うほど容易にできています。

1日1食を再開して2日目も、難なく実践できている
のです。

ここに来て、ようやく用意が整ったからかもしれません。

1日1食の体験記19~本来の力を取りもどす

朝食は野菜スープと生サラダとパンを、
お昼は野菜をはさんだサンドウィッチなど
となっています。

この2食をとった翌朝は、お腹が重く
食べ過ぎだと感じていても
1食だけの生活に踏み切れませんでした。

しかし食べたいという思いとお腹の状態は
一致していないということがよくわかりました。

そして今回ようやく1日1食に再度チャレンジ
するときが来ました。

なぜ、やる必要があるのか、その理由をしっかり
落とし込み、その決心を固めたところです。

これからまた、その再挑戦の体験記を書いて
行こうと思います。