「感想」カテゴリーアーカイブ

本や映画などから学ぶ

自分は何者であるか

 

1999年に『神との対話』と出会い、スピリチュアルな世界を知りました。

はじめてこの本を読んで、自分というものについての理解が格段に深まりました。

 

再度、読みはじめてみると、また新たな氣づきが次々と生まれて来るのです。

例えば「非難せずに、すべてを祝福するように」とあります。

 

なぜなら、どんなことも必要があって、自分が創造したことでもあるからです。

このすべては自分に帰着するという考え方は、当初は受け入れがたいものでした。

 

しかし嫌なことを拒絶するより、一旦受け入れてから手放すほうがスムーズに行くことから

大きな自分の一部として、どんなものでも受け入れる余裕が生まれたのです。

 

この人生での目的の一つが、肉体を持っている間に自分らしさを十分に表現して

より自分にふさわしい存在になることだったのです。

 

だから何かをするということは、自分が何であるかを指し示すためなのです。

宇宙に向かって自分というものは、こうなんだと宣言しているようなものです。

 

また何かをしないということも、それは自分にとってふさわしくないのだと

言っていることでもあるのです。

 

では何かを変えるには、どうすればいいのでしょうか。

現状をそのまま受け入れ、すべては一体であることを認めることから始まります。

そして、より自分にふさわしいものを選び直すだけでいいのです。

 

このとき自分は失敗したとか間違ったとか、考えたりしないことです。

今までと違う選択をするだけの話で、別の道を選び直して進めばいいのです。

決して過去に心を奪われることなく、未来を案ずることもまったく不要です。

 

常にいま、こうありたいと願う自分を創造し続けるのみです。

こうして自己の枠をどんどん押し広げ、その枠を取っ払うことにつながります。

 

 

「人は死なない」を読んで

矢作直樹さんの著書「人は死なない」を読んでいます。

 

生きていることは、いつも死と隣り合わせなんだと実感しました。

そして肉体の死はあっても、人はさらに生き続けるということが様々な事例で納得できました。

いたずらに死を怖れたり、嘆き悲しむべきものでもないことがよくわかりました。

 

死というものは、その人が次のステップへ進むための通過儀礼のようなものだと思いました。

自分にその時期が来れば、潔く死を迎え入れて、次なる人生へ旅立てばいいだけです。

だから、今の人生をいつ終わってもいいように、精一杯に生きることを心がけねばと思うのです。

 

過去のことで思い悩んだり、将来を憂いたりする必要はまったくないと言えます。

いま目の前のことに、全力でぶつかって行くだけで良いことがわかるのです。

 

不必要なまでにお金を追い求め、物をたくさん所有したとしても、あの世に持って行けないのは明白です。

お金や贅沢品などのために大事な人生を費やすことは、愚かなことだったのです。

食べて行かなければと、お金を稼ぐことにとらわれ過ぎていないかどうか、よく注意しなければなりません。

 

人との関わりや自然と向き合って得た経験、氣づきなどは自己成長につながり、これらはあの世へも持って行けると言われています。

人生とは様々な学びや体験を通じて、新たな自己を発見していく場ではないでしょうか。

出来る出来ないことにこだわるよりも、自分自身についてもっと深く知ることが重要なのです。

 

 

「大きく考える」人間になる

今回、ダビッド・J・シュワルツ著「大きく考えることの魔術」を読んでいます。

 

「人は考えたとおりの人間になる」という言葉が、真に迫って来る内容の本です。

例えば、幸福の度合いや満足の大きさなども、実は自分の考えの大きさに比例していたのです。

 

もし自信を持って「私には出来る」「私は成功する!」と断言できれば、それは実現すると言えます。

つまり、どんな場合にも成功した人間のように振る舞っていれば、成功したのも同然なのです。

 

これまで自分自身や現状に対して、不満ばかり持っていました。

これは、まったく自業自得だったことに氣づくのです。

不満に思うことを現実化させていたからです。

 

本当は、どうすれば満足できるものに改善できるのか、しっかり考えることなのです。

そして成功への強固な信念を持つことだと言えます。

強い信念は、手段と方法を見出す「心」を育てます。

 

この本には信念の力を強める方法として、次の3点を上げています。

1 成功だけを考える

2 考えている以上に、ずっと立派だと考える

3 大きく考える

 

成功するための具体的な計画を立てます。

その後は、実践に自分のすべてを捧げるだけです。

毎日、自分自身を訓練するための時間をつくり、ひたすら実行するのです。

 

また人は、どうしても自分を過小評価しがちです。

だから考えている以上の能力が、自分にはあると思って間違いはないのです。

 

どうしたら大きく考えれる人間になれるのか。

それには制限や限界を、いっさい設けないことに尽きます。

普段からスケールの大きいこと、途方もないことを考えるようにします。

例えば、私の最終目標はすべての人々が愛と感謝で満ちあふれる世界を実現することです。

目標は世界レベルで考えるようにして、その行動と計画は今ここでやれることを始めます。

 

身近な家庭や地域の人たちが愛と感謝で満ちあふれることを念頭に考えるようにしています。

それが世界中の人々が愛と感謝で満ちあふれることに、即つながっていることを知っているからです。

日常のことに埋没することの多い中、徐々に高い視点で見たり、長期的に考えられるようになりつつあります。

 

 

 

夢があるからこそ

 

苫米地英人さんの「立読みしなさい」を読みはじめました。

大切なことを3つ学ばせていただきました。

 

1つは、夢をもつことで、新たな行動が生まれることです。

夢に向かって自分の能力が引き出され、ゴール設定は自己成長にとって大切だということです。

 

2つ目は、今の生活に満足し、居心地よく思っていた自分に氣づけたことです。

夢に手がつけられず自分が変われない原因は、現状を維持する機能が働いていたためでした。

夢は現状の外側にあるからです。

 

3つ目が、これまで、これといった実績がなくて自信がもてなかったことは、自分に自信さえ持てればいい結果が生まれるということです。

成功の秘訣は、何の根拠がなくても自分自身を高く評価して、自分の可能性を信じきることだったのです。

いい結果が出せたから自信が持てるというのは間違っており、いい結果が出たのは自信があったからです。

 

思うように行かないのは、自分の努力が足りないからだと思っていましたが、根本的に間違っていました。

本当にやりたいことは、もう既に勝手にやっているものだったのです。

ゴール設定に際しては、ここをよく注意する必要がありました。

 

人に出来たことは、自分にも必ず出来る!出来ないはずがないのです。

とにかく自信をまず持つことの重要性は、計り知れないほど大きいことにも氣づかせていただきました。

とても素晴らしい本に出合えました。

 

 

「心の声」に気づく

 

C・ジェームス・ジェンセン著の「潜在意識を とことん 使いこなす」に次の一節があります。

 

――――――――――――

「心の声」とは、あなたの頭の中でのべつまくなしに

おしゃべりをつづける小さな声のことだ

――――――――――――

 

これを読んだ瞬間、なぜ自分はいつも同じパターンに

おちいるのか、それがやっとわかりました。

 

建設的なことを考えていても、「変わりっこないなー」とか

「ついて行けないな―」などと、心の片隅で打ち消す言葉を

つぶやいていたことです。

 

注意すべきことは、そういう「心の声」が気づかないところで

一日中、絶え間なくささやいているという現実です。

 

人は1日に、何と40,000コ以上の言葉を、心のなかで自分に語りかけているというのです。

 

しかも、その内容はほとんどが否定的なことが多いという事実。

 

新しい考えやアイデアに出合ったとしても、翌日には完全に忘れ去っており、元の状態に戻っているのです。

 

心の奥で変わりたくないという自己を維持する本能が働いているからです。

 

その壁を突き崩すところまで行かないと、いつまでも自分は変われないことがわかります。

 

また、この「心の声」に関しては希望のもてる面もありました。

 

――――――――――――

このおしゃべりには、潜在意識への働きかけや

指示の意味もあると知っておくことが重要だ

‥‥

幸いにも私たちは一度に一つのことしか

考えられないので

思考をコントロールすることが可能なのだ

――――――――――――

と言うのです。

 

自己暗示というアファメーションをうまく使って行けば、心の壁を突き崩すことができ、活気ある思考に置き換えていけるのです。

 

例えば「私は最高の人生を求め、自分にとって最高のものを引き寄せます」

これをわたしは毎日、朝晩唱え始めたのです。

 

 

いま、どんな世の中にいるのか

 

内海聡さんの「この世界を変える方法」という本を読みはじめました。

予想していたとはいえ、ショッキングな内容でした。

落ち込みながらも読み進めました。

 

「日本の食や医療は、あらゆる意味において世界一である」

「精神病院の病床数は世界一、食品添加物の認可数も世界一、有病率も世界一‥‥」

 

日本の医療産業をはじめ、食産業、教育、エネルギー、マスコミ、政界などは完全に

コントロールされているようです。

 

私たちはずっと家畜のように扱われているようです。

日本が最悪な意味で、世界一なのも当然の結果だったのです。

家族のことは自分たちで守って行かなければならない、そんな世の中にいるのです。

 

自分でも、うすうす感じていたことを、はっきりと述べられていました。

隠された世界支配の構図が何となく見えて来るようです。

絶望的になりつつも、そういう現実を直視して、それに対処する以外には道はないようです。

 

取り組むべきこととして、こう書かれていました。

「社会を変えるより、まず自分を変えよ」と。

 

たとえ、まわりがどんな状況であったとしても、それを自分がどう受けとめ、

どう行動するかという選択にすべてかかっています。

 

これからは目的意識をもって、物事にのぞむことがいっそう重要になって来ました。

責任を人に押し付けたり、人を批判している場合でなく、選択して来た自分にも責任があるのです。

 

今後どう行動していくのかが問われています。

より具体的な行動として、次のような提案がありました。

「いろいろな問題や情報を共有し合えるグループをつくって行く」

 

まず取り組むことは大切な人たちと情報を共有し、つながりをもつことです。

それが大きな力になって行くことになります。

 

何かがおかしいと感じている人は、たくさんいるはずです。

そういう人たちとつながることを考えて行けばいいということです。

 

 

成功者から偉大な成功者へ

 

アール・ナイチンゲール著の

『人間は自分が考えているような人間になる』

という本があります。

 

そこには、

 

「考えていることが実現する」

という考えほど、

人間にとって重要なものはない

 

と書かれています。

 

この言葉は、

既にわたしをはじめ誰もが

成功者だと言っているのです。

 

もちろん、ほんとうの意味では、

まだ成功への途上にあると言えますが、

実現させている点では

いまも成功しているのです。

 

問題は、

「どういうこと」を

「どのように」考えているか?

それが最も重要なことです。

 

例えば、わたしは毎日、

地元の道の駅へ、

朝、焼いたパンを持って行きます。

 

そして、前日

どれだけ売れたかを確認するときは、

「‥‥も売れたんだ」

と、いつもつぶやいています。

 

そうすることで

どんな売上げに対して、

いつも肯定的なイメージを

持ちつづけています。

 

人間は考えた通りのことを

実現させているので、

絶対にポジティブにとらえ、

それを実現させたい

と思うのではないでしょうか?

 

成功者にとっては、

「積極的思考」や「大きく考えること」が、

どれほど重要なことであるのか!

それが痛いほどに、

伝わってくるのです。

 

どんな出来事に対しても、

いつも肯定的に受け取り、

望まし状況なんだと

何としてでも、

そう考えなくてはならないのです。

 

偉大な成功者への道は、

これまで無意識に続けてきた

否定的に受け取る習慣から抜けだし、

ものの見方、考え方を

根本から変えた時点で

はじめて歩めるものです。

 

大半の人々が、

いまの生活を維持することにのみ

汲々としている。

 

今とは違うものの見方をしてみれば、

新しい人生が開ける

という事実に気づいていないのだ。

 

とナイチンゲールも言っているのですから。

 

 

本「5つの願い」から

 

今回、ゲイ・ヘンドリックス著「5つの願い」という本について書いてみます。

副題には、「たったひとつの質問から、幸せな人生が手に入る本」とあります。

 

実話をもとに書かれたものだけあって、最初の「はじめに」を読み始めただけで

わたしはそのたった「ひとつの質問」に答えていました。

以下、そのプロセスを紹介させていただきます。

 

ひとつの質問とは、どんなものだったのか想像がつくでしょうか?

その質問とは、次のようなものだったのです。

 

まず、死の床にいる自分自身を想像します。

そして、その人がわたしの目をじっと見つめて質問します。

「あなたの人生は完全に成功でしたか」

 

私は答えました。

いいえ、わたしの人生は完全に成功ではありませんでした。

そこで、なぜ成功と言えないのだろうかと考えてみました。

 

たとえ、どんなことであったとしても妻や娘をはじめ人に対して、

愛とかけ離れた自分勝手な対応ばかりしてきました。

 

それを悔やんでいる自分がいました。

では、なぜ愛で応えることが大切なのか、答えてみました。

 

例えば人に対して、わたしを無条件に受け入れてほしい、認めてほしい

という願望があります。

だから、そうした自分がしてほしいことを相手にして上げることは、

愛の表現だと思うからです。

 

次に、自分の望みを目標に変え、達成できたと言い切ってみました。

わたしの人生は、完全な成功でした。

なぜなら妻や娘、人に対して親密で愛に満ちたつながりを感じているからです。

 

起こること、やること全ては、つながりを深めるキッカケなのであって、

わたしは愛をもって応対していることがわかったからです。

 

その後、愛で応えることがわたしの本心からに望んでいることであり、

身も心もこめて達成したいことだわかりました。

少しずつ目標に近づいている気がします。

 

自分の中で言葉では表現できない変化がありました。

ひとつには今までのような自分勝手な態度がとれなくなったことです。