「人生を描く」カテゴリーアーカイブ

想像力を限界まで駆使する

自分と取り組む

 

抗しがたい宿命的な要素を数多く意識の面で、あるいは細胞レベルにおいて背負っていますのは重々承知しております。

にもかかわらず、この小さき自分としましては、内側から発せられます何らかの意図をできるだけ明確にとらえまして、

それを日常の心構えとして持ち続けられましたら、いまとはまた違った生活が展開して行きますような気がするのです

 

いかにして内なる声を聞き取り、その通りに実行しますのかが重要になって来ます。

その声は、よほどのことがない限り向こうからやって来ることはなく、こちらから投げかけた内容に対して、返答に相当しますものが返ってくるだけなのです。

 

いま抱えています問いは、みんなの幸せを考え、全体の幸福を祈願し続けますには、どのようであればいいのかです。

そして最終的には、ほんとうの自分と常時つながるという意図があります。

なぜ、全体の幸福を求めるのでしょうか。それが真の自分の願いでありまして、いまの世界はみんなが幸福ではないからです。

 

それでは、自分はどうありましたらいいのでしょうか。みんなの幸せだけを願い、無私無欲で、いま出来ます事柄を全身全霊でやりますのに尽きるようなのです。

①望みだけを描き続け、②私利私欲を捨てて、③やるべきことに集中いたすことです。

 

 

個別から全体へ

 

車を運転しているときなどは普通、自分の身を守る必要がありますから、どうしても個別意識が前面に出て来ます。

意識して「今、愛と共に運転をやっているんだ」と何度も自分に言い聞かせていますと、個別意識から離れていられるように思います。

これに慣れて来きましたら、そんなに努力しなくても済むかも知れません。

 

昨日、一年ぶりに空の駅のバイキング・レストランで食事をしました。

開店時間まで並んで待っているとき、前の人と初対面ですのに会話を交わしていました。

テーブルの各料理を取ります際の順番待ちにおきましても、前の方が長くて待たされましても平気でした。

 

今までの自分でしたら、確実にイライラしていましたのに驚きでありました。

みんなのことを思うように心がけていますだけで、こんな風にも違って来ますのは、どういうことなのでしょうか。

 

全体を思う意識こそが、本来あるべき意識なのかもしれません。

いたわりや優しさ、思いやりなどの気持ちも元来、自然に出てきます気質と言えますでしょう。

しかし個別の意識下にありますと、それらも脇に押しやられてしまうようです。

 

人と競ったり争ったりしますのは、対立を要する個別意識のなせる技ではないでしょうか。

世界で、国同士での争いや国内紛争などが絶えなかったのは、分離の方向へ向かわせる個別意識が人々に蔓延していましたからでしょう。

今や、ひとりひとりが全体意識に目覚めて行きます時代に入ったように感じています。

 

 

害を与えない選択

 

周りの人や自分自身に有形無形の害を与えていますのは、個別の意識のときだと思います。

車を運転中、ゆっくり前を走っている車にイライラしますのも、無理に横から入って来た車に腹を立てたりしますのも、自分が個別意識の状態にあるときです。

 

もっとも普段の生活では100%近く、この意識で過ごして来ましたから、取り立てて指摘するまでもないのかもしれません。

ただ問題として、この意識があまりに強く作用し過ぎまして個人的な面で、あるいは社会の様々なところでトラブルが発生していますのが現実だという点です。

 

成長初期の段階においては、自己を確立しますために他者というものを識別し分離する必要上、個別意識に頼るほかはなかったのでしょう。

幼少の頃からそのようにして育ち、大人になったわけです。

 

そして今度は再び、自我という枠組みを取っ払って行きまして全体の中の一部に帰るべく、全体の意識を取り戻して行くときを迎えていますように思います。

その手始めとしまして、相手や自分にいかなる害も与えない生き方を、意識して選択するように決めたのです。

 

なるべく個別意識から離れて自他の区別を薄めて行き、一体感を思い出すようにします。

例えば、自然に触れる機会を持ったり、ぼんやりとしてでも地球規模のことを思ったりしてみるのです。

 

 

委ねる生き方

 

以前ほどではないにしましても、まだ思う通りに行かないと滅入り、常に身を守ろうとしますのは、どうしてなのでありましょうか。

それはすべて、積もり積もった過去の体験に基づく学習の結果なのでした。そこまで気がついていなかっただけでした。

 

自分がこうなのはある面で仕方がなく、そのまま受け入れて行くしかないのです。

だからといって、こうありたいという望みも持てないほど可能性がないとは思えません。

 

確かに過去のカルマの蓄積によって今の自分があるのですが、本質の部分では完全無欠でありますのに変わりはないはずです。

そうした体験をしているだけだと、気づくことができたのですから、これからは違った体験を選んで行けばよいと思いました。

 

今、個人的な事柄で生きますことから、徐々にほんとうの自分に委ねる生き方へ持って行く意図を持っています。

どこまでも自分を主張し守ろうとします自我の声に耳を貸すことをやめて、内面から発して来ますもうひとつの声に従って生きて行くのです。

 

自分ひとりの力はごく限られていますから、もうひとりの自分とやって行きますほうが最善に違いないのです。

ここまでやって来られましたのも、そのお陰でもありました。少しは客観的に、自分や物事を見られるようになったばかりです。

 

 

世界観を見直す

 

卓越した人というのは、この現実世界が仮の姿を映し出しているに過ぎぬこと、私たちが本質的にひとつの生命体でありますのを見抜いておられるのでしょう。

ですから、あらゆるものに執着する理由もなくなったのではないでしょうか。

 

社会が変わるには人間が変わらなければなりません。それには自分がいかに変わらなければならないのかを熟知するに至ったのだと思います。

それからというもの全身全霊で自分に取り組まれて、いま、まさにその途上におられるわけです。

 

自分が変わるとは、どういう意味でしょうか。

ひとつには、これまでの世界に対する見方や考え方を徹底して見直し、自分の本質からかけ離れた個人的なことはすべて破棄されて行かれたのでしょう。

もし仮に人から身に覚えのない仕打ちを受けたとしましても、やり返そうとしたり反駁したりするのではなく、その人がどのような意図を持って行ったのかを知ろうとするのです。

 

その上で受け流すか、あるいは何らかの対処が必要としましたら、効果的なやり方で善処されますでしょう。

どんな動機で人は行動しがちなのかを知り尽くし、行動パターンも見えていますので、前もって手を打ちますのも容易でありましょう。

 

自分本位の人の動機は、ほとんどが他者からの攻撃に対する恐れによるもので、衝動的な行動や防衛反応としての行動に終始しています。

自己本位の考え方を改めない限り、自ら作り上げました罠から抜け出せないのに気づかなければなりません。

 

 

みんなの幸せ

 

今の社会は私利私欲を、最優先にしますのが主流になっているように思います。

誰もが幸せであるとは言いがたい状況にありまして、ことの本質は非常に見えにくくなっています。

 

この閉塞しました状態を打開しますには、みんなの幸せを第一に考えます生き方が、人々の 間にどれだけ浸透して行くかにかかっていると言えます。

その生き方が自己を救済する唯一の道でもありますことを、どうしましたら理解できるのでしょうか。

 

人の苦しみは、自分の苦しみでありますことを、どのようにしたらわかるのでしょうか。

自分と他人という枠をどうしましたら、はずせるのでありましょうか。

まずは、自分とは何であるかを明確につかんでおかなければならないでしょう。

 

なぜ、霊的に進化しました人は個人的な意志を持たずに、全体への奉仕に余念がないのでしょうか。

自分は何であって、何のために生まれてきたのかをはっきりと自覚していますのは明らかです。

 

だからこそ、一切の迷いもなく一途に正しいと信じる道を堅実に歩むことが可能なのでしょう。

そこへ至るまでに、どのようなプロセスを踏まれて来られたのでしょうか。一足飛びに進化されたとは、とても思えません。

 

何をどのようにして考え抜き、どんな修行をどのように積まれましたのか。

見習って行けるかどうかは、その点をどこまで理解できるかどうかによると思われます。

 

 

距離をおく重要性

 

テレビを見る人たちというのは、おそらく何か面白いことはないだろうかと興味本位に見ていますのが大半なのでしょう。

その証拠に、視聴者に対するアンケート内容を見ますと、いわばどうでも良いような質問がほとんどでありまして、制作側も十分に心得ていますのが読み取れます。

 

そんな中で突然、視聴者に場違いと思われます理性に訴えかけるような投票を行いましても、面白半分で選ばれる結果になりますのはむしろ当然でありました。

ですから、あの緊急の場においては、そうした結果を修正しなくてはならなかったのでしょう。

取り返しのつかない事態を招くのは必至でありましたから、そのまま取り上げることが出来なかったのです。

 

今のテレビは面白おかしい番組が多くて、自分は何もせずにただ座って見るだけで、何時間でも退屈せずに過ごせるようになりました。

楽しければそれだけでいいというのでありましたら、テレビは打って付けかもしれません。

 

しかし、テレビを見るほかにすることのない人に申し上げたいのは、自分がテレビ依存症になっていないか注意して欲しいです。

スマホの依存症にも当てはまりますが、どこがいけないのかと言いますと、

それらに頼り切ることで、自分は考えなくても済んでしまうからです。思考停止の状態が日常化してしまうのです。

 

だんだん自分で考えるのが面倒になって来まして、ついには自分で物事を考えられなくなって、あやつり人形のようになる危険性があります。

テレビを見ない日を決めてみたり、一日に○時間だけしか見ないようにしたりして、テレビと少し距離をおきますのが重要です。

 

 

体験を観察する目

 

日々の生活とは、まさに大小さまざまな体験の連続ではないでしょうか。

その際に大切なことは、体験しました中から情報をどれだけ拾い出せますかどうかです。

それと新たに思うところがありますなら奮ってその体験に乗り出してみますチャレンジ精神ではないでしょうか。

 

少なくとも、決まり切った生活パターンに埋没してしまわないように普段から注意していなければなりません。

具体的にどうして行けば良いでしょうか。ひとつには、ときどき立ち止まって自分の行動を振り返りまして、じっくりと観察してみます。

 

日にひとつぐらい、新しい何かをやってみますとか、やり方を少し変えてみてはどうでしょうか。

例えば、興味のあります本を読み始めましたり、部屋の模様替えをしましたり、初めてのお店や場所を訪れたりしてみます。

そこで大事なのは、そうした新たな体験をしていますときの気分を思う存分に味わい、どんな感情に自分が包まれているかに気づいていますことです。

 

さらに、五感のそれぞれを働かせまして、体験していますことから吸収できますものは何でも受けとめてみます。

まるでこのときが永遠のように感じられましたり、知らなかった自分の能力の一部を垣間見まして驚いたりするかもしれません。

こういうとき、意識も新たにすることが出来ます。