「夢を描く」カテゴリーアーカイブ

想像力を限界まで駆使する

自分の時間

 

人にはそれぞれ、その人の時間が流れている

高倉健主演の映画「あなたへ」で語られるメッセージです。

夫婦といえども、お互いをすべて知っているわけではない、だからこそ、迷いが生まれて当然だともいわれます。

 

人にはその人固有の時間が流れているので、他人のことで過度に思いわずらっていると、自分の時間というものをせき止めてしまうことになります。

そうすると、その人は魂の抜け殻のような生き方しかできなくなってしまいます。

 

人にはそれぞれ、自分の時間が流れている

このメッセージは、先立たれた夫への思いで時間が止まっていた洋子に、英二(高倉健)から贈られます。

それを受け取った洋子は、ようやく自分の時間を取り戻すのです。

英二と夫婦となった洋子は、亡くなる前に「さようなら」という言葉だけの遺言を手紙に書いて、英二にさきのメッセージを伝えるのでした。

 

自分の中で流れている時間を、どのように使っていくのか、それを考え、生きて行くことも非常に大切です。

何も考えずに過ごすことも出来るし、一分一秒を大事に使うことも出来ます。

 

一生で与えられる時間は有限です。自分が使える時間は、いつかはなくなり終わってしまう、そのことをつい忘れがちです。

せめて人に喜ばれることや、人の役に立つような何かのために、自分の時間を使い果たして、終えたいものです。

 

 

 

与える生き方

 

欲望に走ることをやめ、個人的な意志を手放していく

これは私の方針のひとつなのですが、なかなかその通りに実行できずにいます。

 

なぜ欲望に走ることをやめるのかというと、いつまでも小さな自分の世界に閉じこもる元凶になっていることです。

個人的な意志を手放していくのは、どうしてなのか。

個人的なことに時間を費やすことで、独りよがりな性格を助長しており、全体の中の自分だいうことをすっかり忘れてしまっているからです。

そのことを思い出すためには、いったん個人的な意志を手放すことが重要だと気づいたのです。

 

限定された個人という範囲だけで物事を考え、得ることばかりに注意を向けていました。

だから今度は分かち合うということで個人という枠を外していく必要があるのです。

 

これまで何かが足りないという思いに突き動かされ、その何かを得ようといつも周囲を伺いながら生きて来たように思います。

ほんとうは十分に満ち足りていることをまず知ること。そして奪うのではなく与える側に身を置き、状況を変えて行こうとしています。

 

具体的に何をどのように変えて行けばいいのか、それがいま取り組むべき課題です。

そのひとつの取り組みとして始めていることが、このブログの更新です。毎日重点的に発信して行くことにしたのです。

 

全うする

 

「自分は、〇〇しか出来ない!」という言葉は、良くないという意味で使われることが多いように思います。

でも、それしか出来ないということは、それだけは出来ると言っている訳ですから、むしろ喜ばしいことではないでしょうか。

ひとつのことをやり遂げていくということは、それ以外のすべてをあきらめてこそ、はじめて出来ることなのです。

 

専門バカとか、つぶしがきかない奴だとか、いろいろ陰口をたたかれたとしても気にせず、恐れる必要はまったくないといえます。

それしか出来ないところまで達するというのは、とても大変なことであり、全うして行くこと自体なかなか出来るものではないのです。

 

映画「鉄道員(ぽっぽや)」を見ました。

定年退職を目前にした主人公は、鉄道の事しかできないと言いつつ、先のことを心配するより、いまの仕事をともかくも全うしようとするのです。

鉄道はこれからの日本を引っ張っていくんだという父の言葉を、ひたすら信じ、ぽっぽやとして生きて来た自分に悔いはないと言う。

好き勝手なことばかりやって来たのに、みんな良くしてくれる…自分はホントに幸せ者だと、胸いっぱいにして語るシーンは泣けました。

 

赤字路線の廃止や時代の流れで、あったものが次々と消えていく中で、いつまでも残るものがあるとすれば、それはそこで生きた人間の生き様であり、その思いではないでしょうか。

それがこうして語り継がれ、私たちの思い出として記憶にしっかりと刻まれます。

 

自分自身もそうなのですが、人は何よりも自分の人生を全うしたくて、人の全うした人生やその生き方に感動し、共感するのだと思います。

 

自分を生きる

 

2007年公開の映画「母べえ」を見ました。1940年以降の日本の状況が描かれていました。

言いたいことが言えるというのは、今でこそ当たり前ですが、当時はそれが出来ない世の中であったことがよくわかりました。

 

戦争拡大に走る国策に反する考えを持っているということで、父親が投獄され、その一家を描いた作品でした。

親戚縁者の助けと、獄中からの手紙のやり取りを通して、一家は心を通わせ合うのですが、2年後父親は獄死するのでした。

この映画から学んだこととして、様々な困難や試練に逢おうと、たとえ拘束されたとしても、自分の考えに従って生きる尊さ、大切さでした。

 

戦時中の時代とくらべて、いまは自由で何でも言える世の中ですが、逆に自分を生きることの重要性が見えにくくなっています。

いまの風潮に気を付けていないと、どうしても安易な方向に走ったり、利害や損得だけの生き方に流れがちになります。

しかしながら自分を見失う原因を、外に求めたり時代にせいにするのもやめなければならないことに気づくのです。

 

どんな世の中になっても、自分の中に変わらぬ芯になるものを持ち続ける、それを生きる、このことだったのです。

それは絶対に譲れない自分の考え、価値観、あるいは信念といえるものかもしれません。

 

 

 

自分は何者であるか

 

1999年に『神との対話』と出会い、スピリチュアルな世界を知りました。

はじめてこの本を読んで、自分というものについての理解が格段に深まりました。

 

再度、読みはじめてみると、また新たな氣づきが次々と生まれて来るのです。

例えば「非難せずに、すべてを祝福するように」とあります。

 

なぜなら、どんなことも必要があって、自分が創造したことでもあるからです。

このすべては自分に帰着するという考え方は、当初は受け入れがたいものでした。

 

しかし嫌なことを拒絶するより、一旦受け入れてから手放すほうがスムーズに行くことから

大きな自分の一部として、どんなものでも受け入れる余裕が生まれたのです。

 

この人生での目的の一つが、肉体を持っている間に自分らしさを十分に表現して

より自分にふさわしい存在になることだったのです。

 

だから何かをするということは、自分が何であるかを指し示すためなのです。

宇宙に向かって自分というものは、こうなんだと宣言しているようなものです。

 

また何かをしないということも、それは自分にとってふさわしくないのだと

言っていることでもあるのです。

 

では何かを変えるには、どうすればいいのでしょうか。

現状をそのまま受け入れ、すべては一体であることを認めることから始まります。

そして、より自分にふさわしいものを選び直すだけでいいのです。

 

このとき自分は失敗したとか間違ったとか、考えたりしないことです。

今までと違う選択をするだけの話で、別の道を選び直して進めばいいのです。

決して過去に心を奪われることなく、未来を案ずることもまったく不要です。

 

常にいま、こうありたいと願う自分を創造し続けるのみです。

こうして自己の枠をどんどん押し広げ、その枠を取っ払うことにつながります。