望むことを生きる

 

これだけは捨て去るわけにはいかない願望、あるいは理想はいったい何なのでしょうか。

そういうものが果たして自分にもありますのでしょうか。

勝手に向こうの方から表れて来るのではなくて、やはり自分で見つけ出して行かなくてはなりません。

 

これまでに、どういうときに、どんなことを願っただろうかと振り返ってみました。

困りきって立ち往生しましたときに、すぐそばに力になってくれます人がいたら何と心強いかと思いました。

 

また、逃げ出したいほどみじめな目に会いましたとき、自分にどんな状況でも乗り越える強さと勇気を持ち合わせていたならと、願わずにいられませんでした。

大勢の人が寄り集まりました席で、自分が名乗り出るチャンスがありましたときも、何ものをも恐れない勇気と自信がみなぎるほどあれば、即座に行動しましただろうにと思うのでした。

 

ほかにも似た例がたくさん出て来そうですので、集約してみますと、

①いざというとき、必ず頼れる人がいると確信している。   ②すでに勇気や強さが自分に備わっていることを認めている。 ③自分は信頼に足り得ると知っている。

結局のところ、人間の本性を信頼する自分が、強さや勇気、自信の源泉となりますこと、自分が信頼に値しますことを自覚しているのです。

 

 

譲れない願望

 

普段から、どうあって欲しいのかをもっと鮮明に描きまして、持ち続けていますことがとても大事ではないかと思います。

何も持っていませんと突然、望んでいない状況に出合いましたとき、適切な対応がとっさに出来ないからです。

 

どんな人にも、こうであって欲しいと言う願いが、必ずやあるに違いないのです。

ただ、それを心の奥深くにしまい込んでいますので、意識しないで何も望みがないかのように毎日を過ごしています。

 

なぜ自分の願いを奥に引っ込めてしまっているのでしょうか。

ひとつは小さい頃、人に言いましてバカにされた経験がありましたからでしょう。

人から自分の願い事を酷評されて育ちましたので、二度と口にするまいと決めてしまったのではないでしょうか。

 

もうひとつは、社会に出ましてから自分の無力さをさんざん思い知らされ、痛手をこうむったからかもしれません。

容易に自信が持てない表れとしまして、願いをいだいたり夢を描いたりしなくなって来ましたように思います。

 

しかし実は、自分の持って生まれた本領を発揮しますのは、一度打ちのめされました後なのです。

ご破算にされて否定されましてもなお、これはというものが浮かび上がってまいります。

 

本心からにじみ出ました願いは、そうやすやすと葬られますことはあり得ないのです。

自分に嘘をつかない限りは、ある段階から立ち直って行けるものです。

これだけはどうしても譲れない、そういう願望を自分の中でもっと大きく取り上げて、養って行きます必要があると思うのです。

 

 

思いが現実になる

 

朝、荷物を配達し終えました帰り道、左折しようと曲がり始めましたとき、向こうから来ました車と、もう少しでぶつかるところをストップしました。

相手の運転手は怖い顔をして文句を言っていました。

それからバックし出しましたので、その横を通って進みましたが、なおも怒りをあらわにして怒鳴っている様子でした。

 

出会い頭での出来事でしたので、どちらが悪いとかは決められませんのに、どうしてあの人はあんなにも腹を立てていたのでしょうか。

たまっていました欲求不満を爆発させましたのかもしれません。

 

よく考えてみますと、自分にも身に覚えがありますので、相手の言動をとやかく言う立場にはありません。

でも、あの人はなぜあんなに怒っていたのだろうかと不思議に思ったことが、今までになかったでしょうか。

 

ムシャクシャした気持ちを持っていますと、それを逆なでしますような事態に遭遇するものであります。

また、何気なく思っていますことが、たちどころに現実となりますケースは意外と多いのではないでしょうか。

 

たとえば、目の前の信号が赤になるかもしれないと思って進みますと、その通りになってストップしましたのは一度や二度ではありません。

起こってほしいことよりも、起こってほしくない状況を考えてしまうのが常でありまして、そこに問題がありそうです。

 

起こってほしいことだけを思うように心がけておりますと、たいていはその通りになりますから面白いです。

 

 

自分の思うところ

 

正直なところ、自分の思うところのものを、必ずしも尊重して来ましたとは申せない気がいたします。

むしろ無視をして来ましたのが、大半でありましたようにも思います。

自分に自信が持てなかったからでありますが、そうは言いましても無視の出来ないことも何度かありました。

 

たとえば、食べ物に対する安全意識は人一倍に強く感じておりました。

野菜作りを始めましたときは、無農薬による有機栽培にこだわり続けていました。

パン作りにおきましても、ずっと無添加の天然酵母パンのみを焼いているわけです。

ときどき自分でも、なぜここまでこだわってしまうのだろうかと不思議に思ったりいたします。

 

また、普通の人なら読まないであろうと思われます本に興味を抱きまして、少々高くても手にしまして読み始めるのです。

一時期、古代の日本歴史に、はまり込みまして日本のルーツを探りますのに熱を上げていました。

 

学校で歴史を習いましたときには、まったく関心がなかったのにおかしなものです。

教科書に載ってはいない出来事や表に出ていない事柄の中に、もっと何か真実が含まれていますような気がしましてならないのです。

 

これは日本だけでなく世界の国々におきましても、過去におけます大半の史実の数々は捨て去られました形跡が残っています。

ですから、知らされていない事実は膨大でありますに違いないのです。

このブログを続けていますのも、思うところがありますからそれに従っているのです。

 

 

個は全体の縮図

 

なぜ、心を閉じてしまうのでしょうか。もうこれ以上は、そとの世界にかまってはいられない、受け入れられないと思ってしまうからです。

どうしてそこまで、しなくてはいけないのか、あるいはこんな好きでもないことをやりますのは、もうたくさんだと思うわけです。

 

好きか嫌いかに振り分けまして生きて行こうとします。個人的な意志を捨てていきます方向から自ら、はずれて行くつもりなのです。

これでは、またまだ個人的な執着が手放せない状態でありますのを認めなくてはなりません。

 

嫌がっています心に無理強いをいたすのは慎まなければならないからです。

未だ個の確立が成し得ていないことをここで率直に認めます必要があります。

 

そうしますと、これから改めて個の確立に向けましての軌道修正から行っていかなければなりません。

個を確立するとは、どういうことなのでしょうか。まず個別であります意味を理解していなければならないでしょう。

 

個別を重んじますとき、自己の思うところのものを尊重して行きます態度に揺るぎがありません。

つまり自己は他と違っていまして構いませんし、むしろ違って当然であると自覚しています。

しかも、根本におきましてはまったく同一でありますことや、個としましての自分というものが全体の縮図に過ぎないのも熟知しております。

 

 

心を開くことから

 

人の身に何が起きましょうとも、それはその人の問題で、自分には関係がないと思いたい気持ちから、知らない振りをしてしまうのではないでしょうか。

どうして、このように考えるようになってしまったのでしょうか。

 

スマホや24時間営業の店などの出現によりまして家族間のコミュニケーションする機会が減りました。

交通の発達によって、地域でのつながりも薄れて来ております。

また、核家族化によりまして先祖とのつながりも希薄になっていますのが、今の状況であります。

 

地域で、お互い助け合って乗り越えて来たこともなければ、一緒になって苦労して作り上げたという経験も見当たりません。

おじいちゃんやおばあちゃんから、どんな家系の家で生まれ育ったのかという話も聞いたことがないのです。

こうして、人とのつながりを強く感じます機会がほとんどなくなりましたのが、主な原因ではないでしょうか。

 

つながり自体は昔も今も変わらずにつながっていますが、自分がそれをどれほど感じ取れていますかどうかが問題なのです。

人とのつながりを取り戻して行かなくてはならないすのは、あくまでも自分の方なのです。

 

つながりに気づき、それを実感しますのが、なぜそれほど重要なのでしょうか。

たとえば、自分ひとりでは解決できない困難な問題にぶつかったとき、どう対処できますでしょうか。

もし周りとのつながりもなく孤立感に包まれていました場合、助けを誰かに求めたり相談したりすることさえ思い浮かばないでしょう。

悶々と独りで悩んだ末に、絶望におちいってしまうしかないでしょう。

 

では、どのようにしてつながりを取り戻して行きますれば、よろしいのでしょうか。

考え方を百八十度、変えてみましてはどうでしょうか。

人に何が起きましたときは、それは自分にも大いに関係があると考えますから、何とかして関わりを持とうとします。

そして、一緒になってその事実を突き詰めて行こうと、積極的に相手を受け入れまして心が開きますことで、つながりを実感できます。

 

 

つながりを取り戻す

 

ある面で今の社会は、私たち一人一人をまず分断させておいて生き延び、そして孤立させまして繁栄を誇っていますように見えてしまいます。

かつて小さい頃、周りにいますのは、ほとんどが顔見知りの人たちばかりでした。

 

両親だけでなく、そういう人たちからも怒られたりほめられたりして育って来ました。

隣近所はお互いに助け合うというのも普通でありました。それが今はどうでしょうか。

 

子どもの数が減りましたからでもありますが、外で遊ぶ機会が少なくなって、隣近所もあまり知らない人たちばかりです。

たまたまそういう人と出会いましても、お互いによそよそしく接してしまいがちです。

アパートやマンションなどでは隣同士で挨拶したり話したりはおろか、顔さえ知らないのが普通になっています。

 

家庭も核家族が増えましてお年寄りの知恵は途絶え、同居によって年長者が果たして来た役割は失われました。

また、共稼ぎが当たり前になり生活面で気楽であります反面、子育てなどで相談相手がいなくて一人で悩みをかかえ込む結果になりました。

その一方で、三世代同居の時代では考えられなかった老後の問題がのしかかって来ます。

 

小世帯が増えて行きますと、住宅や生活必要物資などの需要が伸びて各企業は潤います。

老人世帯が多くなりますと、民間の医療や介護サービスの充実が一層求められて来ます。

 

普段、人の身に起こりましたことは、他人事だとしてつい見過ごしてしまい、自分に降りかかって来てから大あわていたしますのが常であります。

人のことを自分ごとと思えない、対岸の火事してとらえてしまう、その理由は何でありましょうか。

 

 

信頼を確立

 

どうして自己中心的になってしまいますのか?この問いから始めてみます。

人間としてまだまだ未熟であります証拠と申せますが、何よりも自己の確立が出来ていないからではないでしょうか。

 

例えば、仮に一人ぼっちになったとしましても、生きて行くだけの強さが自分にありますのかどうか。

また、人からどんなに誤解されましても、なおもその人と友好的に接することが出来ますでしょうか。

 

要するに周りの状況がどのようにありましても、自分が正しいと思うところを一貫してやり通せるのかどうかなのです。

どんな災難が身に降りかかって来ましたところで、あたふたせず冷静に見極めて対処できる、そうした生き方というのは、どこから生まれて来るのでしょうか。

 

それは、自己に対する揺るぎない信頼から生まれるのではないでしょうか。

自己信頼を取り戻して行くには、一朝一夕で行えるものではなく、ほんの小さな自信をいくつも積み上げて出来上がります自己像を、

内面に繰り返し印象付けて行きますことで徐々に回復するように思われます。

 

肯定します心のみが力を増して行きまして全体を満たしたとき、すべてが自分として認識し、他者というものはあり得なくなります。

争いはどうして起こりますのかと言いますと、相手を否定し認めようとしないから起きますのではないでしょうか。

 

相手を理解しようと全力を傾けまして、あくまでも尊重して行く姿勢で応え続けますれば、争う理由がどこにもありません。

他者を否定しますのは、自己を否定しますのと同等でありますから、自分自身への信頼が未だ確立出来ていないと認めますのが先決でしょう。