望むことを生きる

 

これだけは捨て去るわけにはいかない願望、あるいは理想はいったい何なのでしょうか。

そういうものが果たして自分にもありますのでしょうか。

勝手に向こうの方から表れて来るのではなくて、やはり自分で見つけ出して行かなくてはなりません。

 

これまでに、どういうときに、どんなことを願っただろうかと振り返ってみました。

困りきって立ち往生しましたときに、すぐそばに力になってくれます人がいたら何と心強いかと思いました。

 

また、逃げ出したいほどみじめな目に会いましたとき、自分にどんな状況でも乗り越える強さと勇気を持ち合わせていたならと、願わずにいられませんでした。

大勢の人が寄り集まりました席で、自分が名乗り出るチャンスがありましたときも、何ものをも恐れない勇気と自信がみなぎるほどあれば、即座に行動しましただろうにと思うのでした。

 

ほかにも似た例がたくさん出て来そうですので、集約してみますと、

①いざというとき、必ず頼れる人がいると確信している。   ②すでに勇気や強さが自分に備わっていることを認めている。 ③自分は信頼に足り得ると知っている。

結局のところ、人間の本性を信頼する自分が、強さや勇気、自信の源泉となりますこと、自分が信頼に値しますことを自覚しているのです。